Home > 研究日記 > 論文発表ーNeurological Science

論文発表ーNeurological Science

1月 28th, 2010

Neurological Sciencesに論文がacceptされました。

Cerebral venous thrombosis with dural arteriovenous fistulas and antiphospholipid syndrome: a case report.

○三木康生 (Miki Y, Tomiyama M, Arai A, Kimura T, Suzuki C, Nunomura J,
Midorikawa H, Nishimura S, Nishijima M, Baba M.)
Neurol Sci. 2009 Oct 6. [Epub ahead of print]
症例は38歳、男性。サラダに水をかける、簡単な計算ができないなどの異常行動にて発症。当科受診時、意識はJCS3、思考緩慢でかつ注意散漫であった。MMSEは22/30点、The Rey-Osterrieth figure testでは視覚性および言語性記憶に障害を認めた。血液検査ではβ2GPI依存性抗リン脂質抗体が異常高値であった。頭部MRIでは両側視床に対称性の高信号域を呈し、MRVでは直静脈洞が閉塞していた。さらに、脳血管撮影ではGalenの静脈に多数の硬膜動静脈ろうを認め、血流は視床に逆流していた。以上から、抗リン脂質抗体症候群を伴う深部静脈洞血栓症と診断した。硬膜動静脈ろうに対し、transarterial embolisationを施行した後、外科的に切除した。術後、注意散漫、思考緩慢、The Rey-Osterrieth figure test、頭部MRIで見られた両側視床病変は著明に改善した。
深部静脈洞血栓症および硬膜動静脈ろうは疾患形成にともに影響しているとされるが、どちらが先におこるかは不明である。Hurstらは硬膜動静脈ろうを伴う深部静脈洞血栓症を検討し、全ての症例で54歳以上であったと報告した。本例で摘出した硬膜動静脈ろうを含む組織は多数の動静脈シャントを形成していた。静脈壁は多層性の弾性線維化が見られ、動脈血が慢性に血行力学的ダメージを与えていると考えられ、動静脈ろうは深部静脈洞血栓症が形成された前より存在していると推測された。そして、本例では38歳と若年であったが抗リン脂質抗体症候群が血栓形成を相乗的に早めたと考えられた。 

Author: Categories: 研究日記 Tags:
  1. takagi
    2月 2nd, 2010 at 19:30 | #1

    三木先生頑張ってますねー!

  1. No trackbacks yet.

CAPTCHA