Home > 部長日記 > 部長日記 peripheral nerve society 2009, Würzburg

部長日記 peripheral nerve society 2009, Würzburg

7月 24th, 2009

東京での神経筋電気診断講習会から南ドイツの古い大学町Würzburgに飛びました。当地のKlaus Toyka教授主催のPeripheral Nerve Societyに参加するためです。PNS70年代末にロンドンのPK Thomas先生、ペンシルバニアのAsbury先生、メイヨーのDyck先生たちが始めた会で、当初は大学ドミトリーなどに缶詰状態、早朝から深夜まで語り合うキビシイ集まりでした。今年は500余名の研究者・臨床家が参集、日本からは近畿大楠教授と弘前大八木橋教授のご口演がありました。小生のホントの役割は口演セッションの座長でしたが、学会自体の報告は村上千恵子先生にお譲りし、小生は音楽の報告を行いましょう。

実はPNSでは音楽会がつきもの、小生もずっと前からPNS Musicianの一人なのでした。今回の相棒はデトロイトのRichard Lewis先生と当地のMathias Buttmann先生。夕方着のJALフランクフルト便から列車に乗り継ぎ、9時過ぎWürzburg中央駅に出迎えてくれた旧友Karlheinz Reiners教授の車でWürzburg大学Kopf Klinik(Neurology)で待ち受けるDr Buttmannの元に駆けつけ、即リハーサル開始。写真左は臨床講堂でViolinを持つButtmann先生(左)とReiners教授です。MathiasViolinは紛れも無いプロの音色と弓さばき、聞けば医学部の前に音楽大学で学位をとり、プロのオケで弾いていた由。曲目選定の直前メールで小生が恐る恐る提案した重音奏法続けざまのCampagnoliの難曲に躊躇なくOKを出した理由が即座に判明。長旅の疲れも何も一気に吹き飛びました。一方、CIDP仲間のRich Lewisは何年も前からの音楽仲間。今回のRichToyka教授所有になる名器のひとつold Frenchを拝借し、低音レジスターが素晴らしい!といたくご満悦でした(写真右)。pnse38396e383ade382b04

Author: Categories: 部長日記 Tags:
  1. No comments yet.
  1. No trackbacks yet.

CAPTCHA