Home > 研究日記 > 2017 Peripeheral nerve society annual meeting

2017 Peripeheral nerve society annual meeting

8月 29th, 2017

 


バルセロナ近郊のSitgesで開催された、Peripheral Nerve Societyに参加してきました。

当神経内科からは、馬場先生とわたくし村上が参加してきました。この学会にはじめて参加したのは2003年のBanffで開催されたときでしたが、そのころと比べると年々規模が大きくなってきています。また日本からの参加者も年々ふえており、今年は、いくつかの学会賞を日本人が受賞しました。学会プログラムは朝7時から夜7時過ぎまでびっちり組まれており、基礎的な内容から、各国でおこなわれている治験の報告まで、末梢神経に関する話題が幅広くとりあげられていました。

Sitgesはバルセロナから電車で1時間弱のとてもきれいなビーチのある町でした。夏のスペインは毎日晴れていて、水着をもっていかなかったのが悔やまれるほどでした。国際学会は準備などそれなりに大変ではありますが、学会の内容だけではなく、日本から参加されている、他施設の先生方と親しくお話する機会をもてたり、他では得難い経験をすることができます。今年も大いに刺激をうけて帰国しました。この学会はこれまで2年毎に開催されておりましたが、来年からは、毎年の開催になるそうですので、来年もがんばってぜひ演題をもって参加したいと思います(村上)

Sitges:

当科からの発表は下記のとおり:

Baba M. et al. Occurrence of diabetic foot by NCS-severity of diabetic neuropathy: A 5-year prospective observation.

 

Suzuki C. et al. Changes in Pain Threshold by skin temperature: A study by intra-epidermal electrical stimulation.

 

Author: Categories: 研究日記 Tags:
  1. No comments yet.
  1. No trackbacks yet.

CAPTCHA