Home > 研究日記 > 大阪の日本末梢神経学会に行ってきました

大阪の日本末梢神経学会に行ってきました

9月 19th, 2016

今年度の日本末梢神経学会が近畿大の楠進教授会長のもと8月26日27日の両日に大阪国際会議場で行われました。楠教授からはかねてよりPeripheral Nerve Societyのような懇親会コンサートの企画依頼がありましたので、フルート奏者としても名を馳せる慶應大神内の鈴木則宏教授にもお声掛けをしたところ、即座に御快諾。結果、鈴木先生とサンマルティーニの二重奏ソナタのフルート・デュエットが実現しました。さらに、福島医大神内の井口正寛先生のヴァイオリンと楠教授の同級生である東邦医大循環器東丸教授のお嬢様東丸真那さんのご協力を得て、テレマンの四重奏で終えるプログラムを準備しました。

さて、会員で満員となった懇親会場での本番、鈴木先生のフルートは堂々たる音色、しかも小生のアドリブにも即座に応答する鈴木先生のフルートはまさに“教授のフルート”、感服させられました。テレマンのクァルテットで小生はフルートをリコーダーに持ち替え、鈴木先生のフルート、井口先生のしなやかなヴァイオリン、若々しい東丸さんのピアノと、4種音色の絡み合いを狙いました。結果、快い確固たるリズムに乗って各楽器が心地よく呼応し、緊張感あふれるポリフォニーの魅1力が存分に発揮された演奏になりました。音楽の後は“近大マグロの解体ショウ”が続き度肝を抜かれましたが、舌鼓を打っているところに「学会とは無関係ですが、このコンサートに興味があったので会場に紛れ込ませていただいたものです…」と話しかけてこられた方がおられました。昔ウィーンに住んでおられ、本物の音楽に酔いしれ三昧の経験がおありだとか。眼光鋭く「先生の全身から音楽を感じた。細やかで覇気溢れる演奏にいたく感動した」と、穴に入りたくなるようなお褒めの言葉。まことに人前での演奏は油断がならないこと、再認識した次第でした。

Author: Categories: 研究日記 Tags:
  1. No comments yet.
  1. No trackbacks yet.

CAPTCHA