Home > 研究日記 > 2014 Meeting of the Inflammatory Neuropathy Consortium

2014 Meeting of the Inflammatory Neuropathy Consortium

8月 27th, 2014

Peripheral Nerve Societyの分科会INCに参加しました。

7月12日~16日にドイツのデュッセルドルフで開催されたInflammatory Neuropathy Consortium(INC)に行ってきました。INCは2年おきに開催されるPeripheral Nerve Society (PNS) の分科会で、GBSやCIDPの研究をリードする世界の研究者が一堂に集います。今回の会場はライン河畔に建つデュッセルドルフ・ハイアットホテルで、さわやかな川風にあたりながらソーセージとオムレツとパンの朝食がむやみに美味しい5日間を過ごすことができました。小生はGBSに伴うmyoclonusの話題提供をしましたが、表皮内神経の痛覚閾値(Pain-threshold of Intra-epidermal Nerve terminal, PINT)を発表する予定だった村上(鈴木)千恵子先生が急遽でかけられなくなり、彼女の発表も代役でこなしました。最近の海外学会、旧知の大御所先生方を含め、顔なじみの方々がめっきり減ってさみしい限りですが、PINTの発表のときには米国で痛覚電位の記録を試みているMinnesotaのDr.Raabe先生が興味津々でやってきて、神経電位の記録法についてのdiscussionが盛り上がりました。もともとドイツ生まれ、アメリカで表皮内神経線維の電気刺激を試みている方です。
最近は定年を過ぎても活発に研究活動を続けておられる先生、日本ではあまりみませんね。欧米には80歳を過ぎてなおグラントを取得し張り切って研究しているWilliam Kennedy先生みたいな方が少なからずおられます。小生の恩師Roger Gilliatt先生もQueen Square定年後に米国にNIHに移り、亡くなる瞬間までEMGの現役でした。かくいう小生も余生をゆっくりなんて気持ちは毛頭ありません。Diabetic Neuropathyのことも最近やっと少し分かってきたかな~って感じです。ここでやめちゃったら後悔しそうです。関係の先生方、なにとぞよろしく。
ヨーロッパの夏はコンサートがほとんどお休みで音楽的にさみしい季節でしたが、学会中にデュッセルドルフの街の教会でモーツァルトのミサ曲演奏会があるとの広告を見つけ、日曜の朝9時に件の教会に出かけてみました。1行ってみたところ、St.Apollonarisというデュッセルドルフの守護聖人祝祭日のミサとのことでした。小生の知る限り、この街はシューマンだのメンデルスゾーンとは関係があるけれど、モーツァルトとは無縁の街のはず。街の守護神とモーツァルトとどんな関係があるのか尋ねてみましたが、誰も知りませんでした。ま、弘前の教会でモーツァルトをやるのとさして違わないのでしょう。実際のミサでモーツァルトのミサ曲を聴けたのは本当にラッキー、幸せなひとときを過ごさせていただいた次第です。写真1はミサのあった聖ランベルト教会、写真2は今回のINC会長のDr.Hartungを囲んだ日本からの参加者です。(馬場)2

Author: Categories: 研究日記 Tags:
  1. No comments yet.
  1. No trackbacks yet.

CAPTCHA