Home > 診療日記, 部長日記 > 第7回日本パーキンソン病・運動障害疾患コングレス

第7回日本パーキンソン病・運動障害疾患コングレス

11月 15th, 2013

10月に東京で開催された第7回日本パーキンソン病・運動障害疾患コングレスに行ってきました。当科からは冨山先生(オープニングセミナー演者)、羽賀、上野先生(ポスター発表)、船水(イブニングビデオセッション演者)の4人で臨みました。
私は2日目の夜の出番だったので、当日の朝東京へ向かい、正午に会場入り。場所は京王プラザホテル、また立派な会場です。当日受付を済ませ、ビデオセッション縁者の旨を係りの人に伝えると・・・「ちょうど今○○先生(聞こえなかった)がスライドチェックされてるので一緒にチェックしてもらえますか」えー、マジか・・・でも断るわけには行かないので一緒にとぼとぼとついていき、演者控え室みたいな部屋へ。ドアをノックして中に入ると、あまり私のようなペーペーが話しかけちゃいけないんじゃないかと(私が勝手に)思うような非常にご高名な(後で知りましたが当会の世話人のU先生でした)先生にお会いし、一緒にスライドをチェックしてもらいました。緊張した~
その後ランチョンセミナーで昼飯確保。出番までヒマなのでポスターを見て回ったり口演を聞いたりして自分の出番を待ちました。そしてイブニングセミナー開始。
結婚式場みたいなデカイホールに円卓がびっしりと並んでおり、ステージが用意されています。大体150人くらいは入るのでしょうか。もっとかも。そこでフルコースのディナーを食べながら演目を聞く、といったランチョンセミナーのディナー版です。ディナチョン?ランチョンと違うのは酒が入ること。例年後のほうの発表ではコメンテーターの先生方に-OH基がまわり、場が荒れるそうです。私は4番目なのでまだいいほうか・・・
「大体普通に食べると2万円ぐらいするんですよ。それが吉井先生のお働きで6000円になりました!皆さんラッキーですね」U先生の先ほどお会いしたときとは打って変わったカジュアルトークで会場は和やかな雰囲気で始まりました。そして私の番・・・津軽弁が出ないように気をつけて発表したつもりですが、あとから聞いたらばっちり津軽弁だったみたいです。症例の簡単な説明をして、これはいったい何の病気でしょう?と当てさせるような流れ。母系遺伝、小児発症、緩除進行性のジストニアというキーワードから小児科の先生に見事ミトコンドリア病であることを見抜かれました。さすが。
発表終わったらあとは余裕です。フォアグラを食べながらウーロン茶を飲む飲む。大体10杯くらいは飲みました。そして約2時間半でお開き。すべて臨床症例なので私もこの疾患かなーあ、ぜんぜん違ったか。など考えながら聞くことができ楽しめました。
勉強になるので若い先生方も積極的に参加してもいい会だと思います。今度は自分後輩の発表を聞きながら優雅にご飯食べに行きたいです。後輩、いないけど。以上、船水でした。

Author: Categories: 診療日記, 部長日記 Tags:
  1. No comments yet.
  1. No trackbacks yet.

CAPTCHA