Home > 診療日記 > けんみん公開講座 慢性炎症性脱髄性多発神経炎(CIDP)

けんみん公開講座 慢性炎症性脱髄性多発神経炎(CIDP)

12月 14th, 2012

11月17日 当神経内科主催で、「けんみん公開講座 慢性炎症性脱髄性多発神経炎」が青森市内で開催されました。講師に 名古屋大学神経内科の小池春樹先生をお招きし、「慢性炎症性脱髄性多発神経炎(CIDP)の病態と治療」という題でお話をしていただきました。これまで当科主催のけんみん公開講座は脳卒中とパーキンソン病で開催したことがありますが、今回は、患者さんの数がぐっと少ないCIDPということで、どのくらいの参加者があるかやや心配していましたが、おかげさまで多くの方にご参加いただけました。小池先生のお話は、CIDPのなりたちから、症状の多様性、また治療法などについてわかりやすくお話していただきました。質問コーナーにも多数のご質問をいただき盛況のうちに閉会することができました。私個人としては、以前勤めていた病院で診察させていただいていた患者さんが 大変お元気な姿で参加しておられ、大変うれしく思いました。

Author: Categories: 診療日記 Tags:
  1. No comments yet.
  1. No trackbacks yet.

CAPTCHA