Home > 診療日記 > 第2回北東北道南神経筋電気診断技術セミナー

第2回北東北道南神経筋電気診断技術セミナー

11月 18th, 2012

10月27日当院で、第2回北東北道南神経筋電気診断技術セミナーが開催されました。約40名の参加者をお迎えし、1日かけて、講義と実習をおこないました。今年は、NCSコースとSEPコースの二本立てで セミナーを行いました。NCSコース講義は馬場先生。実技は、参加者の皆さまを習熟度

別にグループわけし、馬場、新井、今で担当しました。SEPコースは、講義実技ともに青森保健大学の尾崎先生にお願いし、私 村上は、SEPコースの補佐及び雑務を担当しました。講義については馬場先生、尾崎先生ともに充実した内容で 参加者のみなさんと一緒に講義をきいていた私も大変勉強になりました。今年新設したSEPコースは、どのくらいのお申込みがあるか全く予想もつきませんでしたが、募集を開始してみると、予想外の反響があり、NCSコースより早く募集を締め切らせていただきました。SEPはNCSと比べ記録条件が厳しいので、当日、会議室での実習がうまくいくか心配していましたが、日本光電さんのバックアップもあり、大きなトラブルもなく進行しよかったです。来年も開催予定ですので、多数の方のご参加をおまちしています。

Author: Categories: 診療日記 Tags:
  1. No comments yet.
  1. No trackbacks yet.

CAPTCHA