Home > 研究日記, 部長日記 > 部長日記 2012. 10.19 Neurodiab Meeting, Dresden

部長日記 2012. 10.19 Neurodiab Meeting, Dresden

10月 26th, 2012

 おくればせながら、先月末から今月初めにかけて旧東ドイツのDresdenで開催された欧州糖尿病学会のサテライトシンポジウムNeurodiab の報告です。ドレスデンはバッハがマルシャンというフランス人オルガニストとの音楽試合に巻き込まれた街、長年バッハのカンタータを研究してきた小生には特別の思い入れある街でした。しかし、残念ながらドレスデン市街は第2次大戦で連合軍に徹底的に破壊され、バッハ関連旧跡はほとんど残っていません。地図を頼りに訪れたバッハ音楽試合会場あとには立派な銀行が立っていました。残念。それでも、復旧したフラウエン教会でオルガン演奏を聴けたので、よかったというべきか。

 さて、学会ではAomori-Hirosaki連合がそのパワーを発揮しました(写真:向かって左から馬場、八木橋、村上、上條、額田)。八木橋先生が病理の、馬場が運動徴候の、上條先生が炎症性疼痛の、そして村上千恵子先生が痛覚閾値のセクションで口演しました。それにアンギオパチーをしゃべった額田先生も我々の仲間、Aomori-Hirosakiマフィアの一員です。日本人は発表後の討論時に壇上でよく立ち往生し右往左往、失笑を買うことがあります。今回、英語での演説・討論が初体験の村上先生は大層不安だったと思います。しかし、スライドや原稿のブラッシュアップに直前まで余念なく、結果、檀上での演説はとても立派なものでした。フロアからの質問や質疑にもなんとも適切かつテキパキな受け答え。その度胸には小生舌を巻いた次第、緊張していたのは小生のみだったようです。まさに完ぺきな準備があったればこそ!の実践でした。そして最終日、飛行機の時間まで半日のエルベ川クルーズを楽しみ、心の洗濯をして無事帰りました。留守番の先生方、ご苦労様でした。

 以上、ご報告まで。

 

Author: Categories: 研究日記, 部長日記 Tags:
  1. No comments yet.
  1. No trackbacks yet.

CAPTCHA