Home > 診療日記 > さよなら冨樫先生

さよなら冨樫先生

7月 20th, 2012

八戸の自衛隊から約2年間 週3日当科に研修にきていた冨樫先生が このたび、母校の防衛医大にもどることになりました。冨樫先生は、自衛隊じこみの?大変折り目正しい好青年で、いつも静かに仕事にとりくんでいました。2年間の研修中には、東日本大震災があり、3月11日当日もちょうど、当科で研修中でした。「冨樫先生 これでは八戸にもどれませんね。」などと話していたのですが、そのまま青森の自衛隊と合流して、被災地にむかわれました。自衛隊すごい。と思いましたが、そのまま冨樫先生は、被災地支援のため2か月ほど研修にこれなくなり、「冨樫先生は無事にやっているのだろうか」とみんなで心配したものです。ある日 いつものように 静かに にこにこしてあらわれ ほっとしました。そんな冨樫先生はこれから、防衛医大でさらに研修をつまれ大学院への進学を予定しているとのこと。青森からは離れてしまいますが、同じ道を志していれば、またいつかどこかでお会いする機会もあるでしょう。今後のご発展をおいのりしたいと思います。2年間おつかれさまでした。

Author: Categories: 診療日記 Tags:
  1. No comments yet.
  1. No trackbacks yet.

CAPTCHA