Home > 研究日記 > 第5回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス(MDSJ)

第5回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス(MDSJ)

12月 12th, 2011

MDSJ(日本パーキンソン病・運動疾患学会)に行ってきました 

当神経内科の三木先生がトップでビデオオリンピック予選通過!

 

 今年は東京品川で10/6-10/8の3日間開かれました。当科からは、西嶌春生先生のレボドパ誘発ジスキネジアに関する基礎的研究報告、村上千恵子先生のMSA患者で便塊による水腎症を起こした症例報告、それと三木康生先生がビデオディナーにARSACSの症例と、計3演題を出しました。白眉は、10/7のビデオディナー(来年6月にダブリンで開かれる国際パーキンソン病・運動疾患学会でのビデオオリンピックの日本代表予選を兼ねています)で三木先生の演題がトップの成績で予選を通過したことです。あとは三木先生の演題が国際パーキンソン病・運動疾患学会で採択されることを祈るのみ。青森の若武者たちが、世界で戦える力を蓄えています。どんどん活躍の場を広げていきましょう(冨山)

当科演題 

西嶌春生:レボドパ誘発ジスキネジアモデルラットにおける線条体神経細胞樹状特記状のスパインの形態変化

鈴木(村上)千恵子:fecaloma(便塊)により両側水腎症と深部静脈血栓症をきたした多系統萎縮症の1例

三木康生:6歳で足の変形に気づき、進行性に歩行障害を呈した1例

Author: Categories: 研究日記 Tags:
  1. No comments yet.
  1. No trackbacks yet.

CAPTCHA