Home > 研究日記 > XXth World Congress of Neurology参加記

XXth World Congress of Neurology参加記

11月 28th, 2011

11月12日から17日までモロッコのマラケシュで開催されたWorld Congress of Neurologyに参加しました。当神経内科からは2演題の発表がありました。今年5月に当地でのテロがあったため、当学会の参加をみおくられた方も多いと聞いていましたが、現地は 私が感じる限りでは、のんびりした街の様子でした。日本からの演題は30前後であったようです。2

アフリカでの学会ということで、どのような会かと思いながら参加しましたが、大変立派な会場で盛大に開催されていました。世界的に著名な先生方の講演や、これまでほとんど私自身は知ることのなかったアフリカ各国での神経疾患の報告など興味深い発表がたくさんありました。日本の先生方の講演もいくつかあり、普段日本語で拝聴することのある先生がたの講演を英語で聴いてみるというのも興味深い経験でした。毎回国際学会に参加するたびに思うことではありますが、自分の英語能力にはかなり問題があることを深く自覚し、反省した旅でもありました。学会企画のツアーでは、海外の方と昼食をともにするというやや苦しい場もあり、自らの英語の不勉強を深く呪いました。日本の青森から来たというと、福島はどうなのか 地震はどうだったか。といろんな方に質問されました。今回、はじめてのアラブ圏の旅でしたが、これまで訪れたことのある国とはだいぶ趣がことなり、大変興味深い旅となりました。マラケシュのスークの雑踏の雰囲気や、モロッコの料理のおいしさ、やたら押しの強い現地の人々、1日に何回も聞こえるお祈りの声など来てみなくてはわからないことがたくさんありました。国際学会は、毎回出発するまでの準備がとても大変で、特に今回は、国内の他の学会の発表と日程がきわめて近かったため、これまでにないくらい大変な思いをしましたが(実際すべてが間に合わないかと思うくらいでした)、遠路はるばるアフリカまできたかいがあったというものです。日々診療におわれていると、なかなか演題をつくっていくのも大変ではありますが、なんとか細々とこのような機会をもうけていきたいと思っています。4

最後に、国内学会とあわせて約10日間の長い出張の機会を与えてくださった医局のみなさんと、私のいない間の子供たちの世話などをひきうけてくれた両親、こころよく私をおくりだしてくれた夫に感謝したいと思います。(村上)

 

発表演題:

Baba M, Suzuki C, Nishijima H, Miki Y, Kimura T, Arai A, Tomiyama M: Stress of carpal tunnel to the diabetic median nerve.

Suzuki C, Baba M, Sugimoto K, Yagihashi S: The correlation between loss of interaepidermal nerve fiber densities (IENFD) and nerve conduction abnormalities in diabetes mellitus.

Author: Categories: 研究日記 Tags:
  1. No comments yet.
  1. No trackbacks yet.

CAPTCHA