Home > 部長日記 > 部長日記2011年9月13日 Neurodiab2011 その1

部長日記2011年9月13日 Neurodiab2011 その1

9月 28th, 2011

9月8日から11日までポルトガルのポート市で開かれた欧州糖尿病学会議のサテライトシンポジウムNeurodiab2011に参加してきました. Neurodiab Meetingは世界中の糖尿病性神経障害研究者が参集するホットな会で,今年が21回目です.この会理事長のAndrew Boulton教授(写真1)1はシェフィールドのJohn Wardのお弟子さんで小生とほぼ同世代.Ward先生は小生の恩師後藤由夫先生と大変仲が良かったので,僕らも昔からの知り合いとして色々な薬剤の国際共同治験などで助け合ってきました.8年前にはマイアミ大学の彼の教室に招かれて講演し,車であちこち案内してもらったこともあります.一方,今回の大会長Rayaz Malik先生(写真2)2はマンチェスターから世界を牽引する若手リーダー, 10数年前アラブ首長国連邦大学で若かりしMalik先生と始めて会い(僕も若かったですがね),一緒に朝暗いうちに砂漠に出かけ,砂丘の上からゴージャスな砂漠の日の出を堪能したこともあります.彼はその後in vivoで角膜神経を診る画期的手法を開発して注目を集め,クリアな頭脳と何よりmodestな性格が誰からも好かれ,この世界のトップランナーとなりました.数年前には弘前に何日間か滞在したこともあります.

 今回特に目を引いたトピックは皮膚生検による皮下神経の観察と角膜神経観察の優劣に関するディベートでした.後者は前述のごとくMalik氏が先頭になって進めた解析法,後者はミネソタのW. Kennedy先生が確立した方法で,我々を含め世界中で採用されている研究法です.角膜神経の観察は侵襲度の低い優れた方法であるのに対し,皮膚生検は侵襲的は避けられないものの,更なる発展の余地があることが確認されました.我々がパーキンソン病生検皮膚でLewy小体を発見したのはその一例です.また,アメリカ神経学会AANから発表された疼痛治療ガイドラインに関してAAN会員とそれ以外の会員との対決ディベートも手に汗握るものでした.プレガバリンは疑いなく良い薬ではあるものの,三環系,デュロキセチンなど他剤にも優れた点少なからず,相補的な使用法が模索されるだろうというのがおおまかなコンセンサスです.

Author: Categories: 部長日記 Tags:
  1. No comments yet.
  1. No trackbacks yet.

CAPTCHA