Home > 研究日記 > 2010 業績

2010 業績

論文
【欧文原著】
1.Miki Y, Tomiyama M, Ueno T, Haga R, Nishijima H, Suzuki C, Mori F, Kaimori M, Baba M, Wakabayashi K: Clinical availability of skin biopsy in the diagnosis of Parkinson’s disease.  Neurosci Lett 469(3): 357-9, 2010.

 
2.Miki Y, Tomiyama M, Arai A, Kimura T, Suzuki C, Nunomura J, Midorikawa H, Nishimura S, Nishijima M, Baba M: Cerebral venous thrombosis with dural arteriovenous fistulas and antiphospholipid syndrome: a case report. Neurol Sci 31(2):237-8, 2010.

3.Miki Y, Mori F, Nunomura J, Ookawa K, Yajima N, Yagihashi S, Wakabayashi K: Sporadic amyotrophic lateral sclerosis with pallido-nigro-luysian degeneration: a TDP-43 immunohistochemical study. Neuropathology. 30(2):149-53, 2010.

4.Sato J, Yagihashi S, Baba M, Suzuki M, Arakawa A Yoshiyama T, Miyoshi S: Efficacy and safdety of pregabalin for treating neuropathic pain associated with diabetic polyneuropathy: a 13-week, randomized, double blined, placebo-controlled trial. Diabetic Medicine 7 Oct 2010, E-Pub ahead of print.

5.Nishizawa Y, Wada R, Baba M, Takeuchi M, Hanyu-Itabashi C, Yagihashi S: Neuropathy induced by exogenously administered advanced glycation end-products in rats. J Diabetes Invest 1:40-49, 2010.

6.Nishijima H, Tomiyama M, Haga R, Ueno T, Miki Y, Arai A, Kimura T, Suzuki C, Nunomura J, Kakehata S, Kawaguchi T, Baba M: Venous cerebral infarction in a patient with peripheral hemodialysis shunt and acclusion of the left brachiocephalic vein. J Stroke Cerebrovascular Diseases 21: 101-103, 2010.

7.Mori F, Tanji K, Miki Y, Wakabayashi K: Cystatin C immunoreactivity and neuronal degeneration in amyotrophic lateral sclerosis. Hirosaki Med J 61: S211-214, 2010

8.Nukada H, McMoran PD, Baba M, Ogasawara S, Yagihashi S: Increased susceptibility to ischemia and macrophage activation inSTZ-diabetic rat nerve. Brain Res 7 Oct 2010, E-Pub ahead of print.

9.Satoh J, Yagihashi S, Baba M, Suzuki M, Arakawa A, Yoshiyama T: Efficacy and safety evaluation of pregabalin in a long-term study in patients with neuropathic pain associated with diabetic peripheral neuropathy: Results of treatment extended from a Phase III double-blind placebo-controlled trial. J Diabetes Invest , In Press

10.Mori F, Miki Y, Tanji K, Ogura E, Yagihashi N, Jensen PH, Wakabayashi K.: Incipient intranuclear inclusion body disease in a 78-year-old woman. Neuropathology. 2010 Jul 27. [Epub ahead of print]

 
11.Kikuchi A, Takeda A, Okamura N, Tashiro M, Hasegawa T, Furumoto S, Kobayashi M, Sugeno N, Baba T, Miki Y, Mori F, Wakabayashi K, Funaki Y, Iwata R, Takahashi S, Fukuda H, Arai H, Kudo Y, Yanai K, Itoyama Y.: In vivo visualization of alpha-synuclein deposition by carbon-11-labelled 2-[2-(2-dimethylaminothiazol-5-yl)ethenyl]-6-[2-(fluoro)ethoxy]benzoxazole positron emission tomography in multiple system atrophy. Brain. 133:1772-8, 2010.

 
12.Mori F, Miki Y, Tanji K, Kusumi T, Kijima H, Wakabayashi K. Widespread occurrence of eosinophilic neuronal cytoplasmic inclusions in an asymptomatic adult: A novel ubiquitin-negative filamentous inclusion. Neuropathology. 30: 648-53, 2010.

【和文原著】
冨山誠彦、新井 陽、木村珠喜、上野達哉、西嶌春生、羽賀理恵、三木康生、鈴木千恵子、馬場正之、森 文秋、若林孝一、一戸紀孝、山田順子、上野伸哉:レボドパ誘発ジスキネジアモデルラット線条体におけるスパインの可塑的形態変化。脳21 13:336,2010.

水上浩哉、山岸晋一郎、小笠原早織、高橋一徳、稲葉 渉、杉本一博、馬場正之、八木橋操六:脂肪織由来間葉系幹細胞自家移植による糖尿病ラット進行期神経障害への治療効果.
末梢神経 21:338-339,2010.

額田 均、馬場正之、McMorran PD, 小笠原早織、八木橋操六:糖尿病ラット末梢神経の虚血・再灌流障害に対する形態学的脆弱性とマクロファージ活性化。末梢神経 21:340-342、2010.

冨山誠彦:青森県における神経内科医療事情:その地域格差について。神経内科73:380-388, 2010.

冨山 誠彦:医師不足時代の神経内科医療の在り方―都市と田舎での医療デバイド
青森県における神経内科医療事情について。臨床神経,50:1063-1065,2010

【和文症例報告】
上野達哉、新井 陽、鈴木千恵子、冨山誠彦、馬場正之:著明な頸部痛をきたしたcrowned dens syndrome の1例。神経内科 72:335-336, 2010.

西嶌春生、冨山誠彦、三木康生、鈴木千恵子、馬場正之: 両側の高度の視神経障害を伴った眼窩筋炎の1例。神経内科 73: 513-515, 2010.

西嶌春生、鈴木千恵子、今 智矢、船水章央、上野達哉、羽賀理恵、三木康生、新井 陽、冨山誠彦、馬場正之:慢性炎症性脱髄性多発神経炎と筋萎縮性側索硬化症を合併した1剖検例。末梢神経 21:278-279,2010.

上野達哉、新井 陽、今 智矢、船水章央、羽賀理恵、西嶌春生、三木康生、鈴木千恵子、冨山誠彦、馬場正之:免疫グロブリン大量静注療法で効果が得られたCMTの1例。末梢神経 21:356-357, 2010.

【和文総説】
馬場正之: 糖尿病性神経障害の発症と進展。 糖尿病診療マスター 8:46-50,2010.

馬場正之: 糖尿病神経障害。糖尿病ケア 7:452-453, 2010

三澤園子、馬場正之:神経伝導検査の原理と基本。臨床神経生理学 38: 207-212, 2010.

馬場正之: 糖尿病神経障害の疾患概念と症候学。日本臨床 68(Supple9):533-537, 2010.

【著 書】
馬場正之: 有痛性神経障害の治療。糖尿病学の進歩2010、診断と治療社、東京、p238-243,2010

馬場正之:自律神経障害。門脇 孝編「糖尿病研修ノート」、診断と治療社、東京、P347-350, 2010

学会発表
【国際学会】特別講演、ワークショップなど

[11th Quantitative Electromyography Conference, October 27-28, 2010, Kobe, Japan]
Baba M: [Plenary Lecture] Neurography

[29th International Congress of Clinical Neurophysiology, October 28-November1, Kobe, Japan]
Baba M: [Hands-on-Workshop] Nerve conduction study: Near-nerve neruography.

【国際学会】一般演題

[Satellite Meeting of the Peripheral Nerve Society, July 5-8, 2010, Sydney, Austraria]
Baba M, Suzuki C, Arai A, Miki Y, Nishijima H, Haga R, Ueno T, Kon T, Funamizu Y, Tomiyama M: Diagnostic value of the tibial A-waves for diabetic neuropathy. 

[26th meeting of the European Association for the Study of Diabetes, September 21-24, 2010, Stockholm, Sweden]
M. Baba, C. Suzuki, M. Tomiyama, Akira Arai, Y. Miki, H. Nishijima, T. Ueno, R.Haga:
Extensor digitorum brevis muscle atrophy in diabetic patients.

Sugimoto K, Kojima K, Baba M, Yasujima M: Effects of long term administration of moderate amount of insulin on small and large peripheral nerve fiber function and structure in non-diabetic Wister rats.

Mizukami H, Takahashi K, Sugimoto K, Baba M, Yagihashi S: Ameriolation of diabetic enteropathy in chronic experimental diabetic rats transplanted with autologous adipose-tissue-derived mesenchymal stem cells.

【17th International Congress of Neuropathology, September 11 – 15, 2010, Salzburg, Austria】
Miki Y, Mori F, Tanji K, Kakita A, Takahashi H, Wakabayashi K.: Immunocytochemical localization of histone deacetylase 6 in neurodegenerative disorders

[29th International Congress of Clinical Neurophysiology, October 28-November1, Kobe, Japan]
Baba M, Suzuki C, Miki Y, Arai M, Tomiyama M: Tibial A-wave is in vlue for diagnosis of diabetic polyneuropathy.

Nishijima H, Tomiyama M, Kimura C, Suzuki C, Baba M: Hypogeusia in Guillan-Barre syndrome: a longitudinal study by electrogustometry.

【14th International Congress of Parkinson’s Disease and Movement Disorders, June 13-17, 2010, Buenos Aires, Argentina】
Tomiyama M, Miki Y, Ueno T, Haga R, Nishijima H, Arai A, Suzuki C, Mori F, Wakabayashi K, Baba M. Clinical availability of skin biopsy in the diagnosis of Parkinson’s disease

国内学会【特別講演】
◎第26回糖尿病合併症学会、10月22日、滋賀県大津市
馬場正之:教育講演「糖尿病性神経障害の診断と治療アップデート」

◎第5回日本臨床神経生理学会:神経筋電気診断講習会、7月4日、東京
馬場正之:教育講演「神経伝導検査の原理」。

国内学会【シンポジウム、ワークショップ】
◎日本糖尿病学会第44回糖尿病学の進歩。平成21年2月20日、大阪市
馬場正之:シンポジウム「有痛性神経障害の病態と治療」

◎第53回日本糖尿病学会総会、5月27-29日、岡山市
馬場正之: ディベート討論「糖尿病神経障害の早期診断は可能か」

◎第26回糖尿病合併症学会、10月22日、滋賀県大津市
馬場正之 :ワークショップ「糖尿病性神経障害: 痛覚低下患者の電気生理」

□第51回日本神経学会総会、5月22日 東京
冨山 誠彦:シンポジウム23:医師不足時代の神経内科医療のあり方 「青森県における神経内科医療事情について」

【国内学会 一般演題】
◎第84会日本神経学会東北地方会 3月6日、仙台市
西嶌春生,上野達哉,羽賀理恵,三木康生,新井陽,鈴木千恵子,冨山誠彦,馬場正之:
高度の視力低下を伴った特発性眼窩炎症の1例。

西嶌春生,上野達哉,羽賀理恵,三木康生,新井陽,鈴木千恵子,冨山誠彦,馬場正之:頭痛と外転神経麻痺で発症したCentral skull base osteomyelitisの1例。

□日本神経病理学会総会学術研究会 4月23日、東京
三木 康生、 冨山 誠彦、 上野 達哉、 羽賀 理恵、 西嶌 春生、 森 文秋、貝森 光大、 馬場正之、若林 孝一:パーキンソン病の生検皮膚におけるLewy pathologyの検討

三木康生 、西江信、森文秋、丹治邦和、新井陽、馬場正之、若林孝一:臨床的に皮質基底核変性症と診断され、剖検により皮質下病変が軽微で大脳皮質病変に左右差を認めたタウオパチーの一例

◎日本脳卒中学会総会 平成22年4月15-17日 盛岡市
冨山誠彦 西嶌春生 今 智矢 船水章央 上野達哉 羽賀理恵 三木康生 新
井 陽 木村珠喜 斉藤元太 鈴木千恵子 布村仁一 馬場正之:維持透析中に左腕頭静脈閉塞に伴い静脈性脳梗塞を起こした1例

羽賀理恵、冨山誠彦、西嶌春生、今 智矢、船水章央、上野達哉、三木康生、新井陽、木村珠喜、斉藤元太、鈴木千恵子、布村仁一 、馬場正之:青森圏域における脳梗塞患者の発症-来院時間についての検討

◎第52回日本神経学会総会、5月19日―21日、東京
馬場正之、鈴木千恵子、新井 陽、三木康生、木村珠喜、布村仁一、冨山誠彦: 糖尿病性神経障害の電気生理学的重症度分類

鈴木千恵子 上野達哉 羽賀理恵 西嶌春生 三木康生 新井陽 冨山誠彦 馬場正之:
当院脳卒中ユニットに入院した急性発症の失語症 MRIで異常を指摘できない症例の検討

三木康生、冨山誠彦、上野達哉、羽賀理恵)、西嶌春生、森文秋、貝森光大、若林孝一、馬場正之:パーキンソン病患者の生検皮膚におけるLewy pathologyの検討

西嶌春生,鈴木千恵子,上野達哉,羽賀理恵,三木康生,新井陽,冨山誠彦,馬場正之:味覚障害を伴ったGuillain-Barré症候群の3例

羽賀理恵,西嶌春生,鈴木千恵子,上野達哉,三木康生,新井陽,冨山誠彦,馬場正之:青森圏域における脳梗塞患者の発症-来院時間についての検討

◎第53回日本糖尿病学会総会、5月27日-29日、岡山市
馬場正之、田澤康明、小川吉司:糖尿病多発神経障害の進行と下肢伝導パラメータの変化

杉本一博、八木橋操六、馬場正之、保嶋 実:インスリン少量持続投与が非糖尿病ウィスターラットの痛覚反応および神経伝導速度に与える影響。

水上浩哉、山岸晋一郎、小笠原沙織、高橋一徳、杉本一博、馬場正之、八木橋操六:脂肪織由間葉系幹細胞自家移植による糖尿病ラット進行期神経障害への治療効果。

◎ 第16回糖尿病性神経障害を考える会、8月27日―28日、東京
馬場正之:下肢神経伝導変化による糖尿病性神経障害の進行度推定

◎ 日本末梢神経学会総会、9月3日-4日、仙台市
西嶌春生、鈴木千恵子、今 智矢、船水章央、上野達哉、羽賀理恵、三木康生、新井 陽、冨山誠彦、馬場正之:慢性炎症性脱髄性多発神経炎と筋萎縮性側索硬化症を合併した1剖検例

上野達哉、新井 陽、今 智矢、船水章央、羽賀理恵、西嶌春生、三木康生、鈴木千恵子、冨山誠彦、馬場正之:免疫グロブリン大量静注療法で効果が得られたCMTの1例

◎第87回日本神経学会東北地方会 9月11日 仙台市 
羽賀理恵、鈴木千恵子、今 智矢、船水章央、上野達哉、西嶌春生、三木康生、新井 陽、冨山誠彦、馬場正之:Charlevoix-Saguenay型劣性遺伝性痙性失調症の1例’

今智矢、西嶌春生、鈴木千恵子、船水章央、上野達哉、羽賀理恵、三木康生、新井 陽、冨山誠彦、馬場正之:肥厚性硬膜炎にステロイド抵抗性の眼窩炎症を合併した1例

◎第4回パーキンソン病運動障害疾患コングレス 10月7-9日、京都市 
冨山誠彦:長年にわたり左下肢の不随意運動が続く症例

三木康生  冨山誠彦、上野達哉、羽賀理恵、西嶌春生、森文秋、貝森光大、若林孝一、馬場正之:パーキンソン病患者の生検皮膚におけるLewy pathologyの検討

◎第25回日本糖尿病合併症学会総会、10月22日-23日、滋賀県大津市
馬場正之、鈴木千恵子、羽賀理恵、新井 陽、西嶌春生、三木康生、冨山誠彦、友常 健、川嶋詳子、田澤康明、小川吉司: 足部痛覚低下糖尿病患者の下肢末梢神経伝導変化。

八木橋操六、杉本一博、安田 斎、佐々木秀行、出口尚寿、中村二郎、麻生好正、佐藤 譲、馬場正之: 糖尿病性多発神経障害の臨床分類の疫学調査および進行期神経障害への危険因子の検討。全国多施設共同研究から。

水上浩哉、高橋一徳、杉本一博、馬場正之、八木橋操六: 糖尿病ラットにおける糖尿病性胃腸症は自家脂肪織由来間葉系幹細胞移植により改善する。

◎第40回臨床神経生理学会学術大会 2010年11月1-2日 神戸市
鈴木千恵子 上野達哉 羽賀理恵 西嶌春生 三木康生 新井陽 冨山誠彦 馬場正之:
初診時の診断が脳梗塞であった患者に含まれるてんかん性失語の頻度

羽賀理恵 鈴木千恵子 上野達哉 西嶌春生 三木康生 新井陽 冨山誠彦 馬場正之:
除雪後の圧迫性指神経障害’
 
【研究会、セミナーなど】
羽賀理恵:当院脳卒中ユニットにおける脳梗塞患者の発症ー受診時間の検討、Fighting Vascular Events in AOMORI‘ 1月13日 青森市

鈴木千恵子:長年にわたり、顔面 左上下肢の不随意運動が続いた症例、第1回 動画で学ぶ青森神経症候研究会  1月23日  青森市

馬場正之:末梢神経障害の評価:臨床所見と電気生理所見の対比。埼玉Neurological Seminar 2月26日、埼玉県浦和市

鈴木千恵子:多発性硬化症?:第5回 青森岩手神経免疫研究会  3月6日 仙台市

羽賀理恵:当院脳卒中ユニットにおける脳梗塞患者の発症ー受診時間の検討 第8回脳卒
中フォーラム 3月13日青森市 

西嶌春生,村上千恵子,上野達哉,羽賀理恵,三木康生,新井陽,冨山誠彦,布村仁一,馬場正之:神経疾患における痛覚低下の定量化・客観化に関する電気生理学的研究,
第26回青森県立中央病院臨床研究報告会, 3月17日,青森市

新井陽:発症初期のパーキンソン病治療. 青森パーキンソン病市民公開講座  3月27日青森市

冨山 誠彦:脳卒中発症から病院にかかるまで:青森地区における問題点. 地域医療連携研究会.4月22日 青森市

冨山誠彦 新井 陽 上野達哉 羽賀理恵 西嶌春生 三木康生 鈴木千恵子 馬場正之 森 文秋 若林孝一 一戸紀孝:山田順子 上野伸哉レボドパ誘発ジスキネジアモデルラット線条体におけるスパインの形態変化、第18回カテコールアミンと神経疾患研究会 4月24日 東京都

三木康生:ALS 第37回青森市神経治療懇話会 5月31日 青森市

西嶌春生,冨山誠彦:症例呈示.第3回青森エリア脳卒中診療ネットワーク研究会 7月1日 青森市.

船水章央 羽賀理恵 今智矢 上野達哉 西嶌春生 三木康生 新井陽 鈴木千恵子 冨山誠彦 馬場正之: ARSACS症候群の一例 .7月10日 青函神経疾患フォーラム、青森市

鈴木千恵子:多発性硬化症 バイエル社内勉強会 7月15日 青森市

馬場正之: てんかんの診断と治療。大塚製薬社内勉強会、7月26日、青森市

馬場正之: 手の痛み、腕のしびれ。八戸脳卒中懇話会、平成21年7月30日、八戸市。

冨山 誠彦:青森圏域における脳卒中診療ネットワークの現状と今後の課題.第2回青森県立病院地域連携フォーラム、7月31日 青森市

冨山誠彦 新井 陽 上野達哉 羽賀理恵 西嶌春生 三木康生 鈴木千恵子 馬場正之、森 文秋 若林孝一、一戸紀孝、山田順子 上野伸哉:レボドパ誘発ジスキネジアモデルラット線条体におけるスパインの形態変化。学術講演会「パーキンソン病治療の新しい展開」 8月7日 仙台市
  
船水章央 今智矢 羽賀理恵 上野達哉 西嶌春生 三木康生 新井陽 鈴木千恵子 冨山誠彦 馬場正之 斎藤元太:青森圏域の脳梗塞治療の抱える問題、青森県自治体病院医学会、8月21日、青森市

鈴木千恵子:難病相談会  重症筋無力症 10月6日、青森市
冨山 誠彦:青森県における神経内科医療、県内における地域格差、北東北パーキンソン病座談会、10月16日、盛岡市

鈴木千恵子:再燃予防に苦慮しているMSの1例、第6回 青森岩手神経免疫研究会、10月23日 盛岡市

鈴木千恵子:IFN-β導入直後にEBウイルス関連急性散在性脳脊髄炎を発症した1例、
青森MS懇話会、11月25日、青森市

小文
片岡秀樹,西嶌春生:平成21年度海外医療研修報告.青森県立中央病院職員広報.第154号,平成22年2月

村上千恵子:カブトムシとの日々. 青森県医師会報.第565号、平成22年6月

Author: Categories: 研究日記 Tags:
  1. No comments yet.
  1. No trackbacks yet.

CAPTCHA