Home > 部長日記 > 部長日記 15ー新年度スタート

部長日記 15ー新年度スタート

4月 25th, 2011

年度末の3月に襲った東日本大震災の後遺症のなか、新年度がスタートしました。直後の4月8日深夜には、大きな余震で青森県全域が停電となり、当科でも病院周辺在住の小生以下数名が即座に参集し、在宅呼吸管理中の3名のALS患者さんの搬入作業を行いました。外来・病棟スタッフもテキパキとした動きで緊急事態に即応し、短時間のうちに無事に搬入作業を終了しました。関係者の適切な対応に心から深謝いたします。また、当院では大震災発生当初から被災地に医療援助隊を継続派遣していますが、4月19日早朝、当科の冨山・三木両医師が3泊4日の予定で三陸被災地に向け出発しました(写真)。彼らの帰還後も当科からは今医師や西嶌医師が入れ替わりで被災地に出かける予定です。まだ余震が心配ですが、県病医療班の順調な援助活動を心から願うものです。

さて、昨年の県病神経内科は入院患者が600名を越え、収入も年間8億円になんなんとしております。僕達は収益を目指して働いているわけではありませんが、順調に社会貢献度が増していることの証としてあえてここに記載する次第です。今後も北日本における神経内科基幹施設としての働きが期待されているなか、米国Case Western Reserve大学臨床神経学教室での研修から帰国した木村珠喜Drが4月1日から実働メンバーに加わりました。木村先生にはパーキンソン病専門家としてだけではなく、米国で鍛えられた脳波判読の新風を吹き込んでくれるはずです。今年度も気持ちを新たに神経疾患と対峙し、治る神経内科を目指して成果を連携医療機関に還元すると共に、世界に向けて発信したいと思います。1

Author: Categories: 部長日記 Tags:
  1. No comments yet.
  1. No trackbacks yet.

CAPTCHA