Home > 研究日記 > 脳卒中研究会

脳卒中研究会

11月 12th, 2010

秋田脳血管研究センター神経内科部長の長田 乾先生をお迎えして脳梗塞の勉強会を催しました。長田先生は弘大53年卒、美原記念病院やコロラド大学で研鑽されたあと秋田脳研に来られ、以来25年にわたって秋田から本邦脳卒中学を牽引しておられる学究です。県病神内グループには若かりし頃に秋田脳研でお世話になった方が多く、「ケンちゃん」は冴えた頭脳とブルトーザーのようなバイタリティ、豊かな包容力で尊敬を集めています。当夜、長田先生は秋田脳研の膨大な臨床データをもとに疫学、発症や再発の危険因子の詳細などを畳み掛けるように披露して下さいました。200枚を越すスライドはどれも磨き上げられた感性豊かなもので、多量の文献学的考察を背景にしつつ、エビデンスとはいかなるものかといった根源的問題点をも浮き彫りにする、まことにインパクトに満ちたお話でした。前日深夜まで入念に準備されたのだとか、ご苦労様でした

12

Author: Categories: 研究日記 Tags:
  1. No comments yet.
  1. No trackbacks yet.

CAPTCHA