Archive

Archive for 5月, 2014

2012年 神経内科業績

5月 20th, 2014

2012年 青森県立中央病院神経内科 業績

論文
【欧文原著】

1. Miki Y, Tomiyama M, Haga R, Nishijima H, Murakami C, Nishijima M, Midorikawa H, Sannohe S, Kurotaki H, Wakabayashi K, Baba M: Fatal subarachnoid hemorrhage caused by Aspergillus arteritis without angiographic abnormalities. Neuropathology, 2012; 32(5): 566-9.

2. Miki Y, Tomiyama M, Ueno T, Haga R, Nishijima H, Arai A, Suzuki C, Nunomura J, Baba M : Radicular myoclonus in a patient with Guillain-Barré Syndrome. Intern Med. 2012; 51(15): 2021-3.

3. Miki Y, Tomiyama M, Haga R, Nishijima H, Suzuki C, Nishijima M, Midorikawa H, Sannohe S, Kurotaki H, Wakabayashi K, Baba M.: Fatal subarachnoid hemorrhage caused by Aspergillus arteritis without angiographic abnormalities. Neuropathology. 2012; 32(5): 566-9.

4. Miki Y, Tomiyama M, Haga R, Nishijima H, Suzuki C, Kurihara A, Sugimoto K, Hashiguchi A, Takashima H, Baba M: A family with IV-Ig responsive Charcot-Marie-Tooth disease. J Neurol 2012, Dec 12 E-Pub.

5. Wakabayashi K, Tanji K, Odagiri S, Miki Y, Mori F, Takahashi H: The Lewy body in Parkinson’s disease and related neurodegenerative disorders. Mol Neurobiol May 24, 2012. [Epub ahead of print]

6. Odagiri S, Tanji K, Mori F, Miki Y, Kakita A, Takahashi H, Wakabayashi K: Brain expression level and activity of HDAC6 protein in neurodegenerative dementia. Biochem Biophys Res Comm, in press.

7. Haga R, Miki Y, Funamizu Y, Kon T, Suzuki C, Ueno T, Nishijima H, Arai A, Tomiyama M, Shimazaki H, Takiyama Y, Baba M: Novel compound heterozygous mutations of the SACS gene in autosomal recessive spastic ataxia of Charlevoix-Saguenay. Clin Neurol Neurosurg. 2012; 114(6):746-7

8. Nishijima H, Tomiyama M, Suzuki C, Kon T, Funamizu Y, Ueno T, Haga R, Miki Y, Arai A, Kimura T, Mori F, Wakabayashi K, Baba M. Amyotrophic lateral sclerosis with demyelinating neuropathy. Intern Med. 2012; 51(14):1917-21.

9. Nishijima H, Arai A, Kon T, Funamizu Y, Ueno T, Haga R, Miki Y, Kimura T, Suzuki C, Tomiyama M, Kusumi T, Minato H, Baba M. Intracranial IgG4-related disease successfully treated by steroid and oral cyclophosphamide: a case report. Neurology and Clinical Neuroscience In Press.

10. Nishijima H, Arai A, Kimura T, Mori F, Yamada J, Migita K, Wakabayashi K, Baba M, Ueno S, Tomiyama M: Drebrin immunoreactivity in the striatum of a rat model of levodopa-induced dyskinesia. Neuropathology 2012 Dec 13, E-Pub

11. Nishijima H, Arai A, Kon T, Funamizu Y, Ueno T, Haga R, Miki Y, Kimura T, Suzuki C, Tomiyama M, Kusumi T, Minato H, Baba M: Intracranial immunoglobulin G4-related disease successfully treated by steroid and oral cyclophosphamide. Neurology, Clin Neurosci: InPress

12. Shimazaki H, Takiyama Y, Honda J, Sakoe K, Namekawa M, Tsugawa J, Tsuboi Y, Suzuki C, Baba M, Nakano I.: Middle Cerebellar Peduncles and Pontine T2 Hypointensities in ARSACS. J Neuroimaging. 2012 Jan 23. [Epub]

13. Ueno T, Tomiyama M, Haga R, Nishijima H, Kon T, Funamizu Y, Miki Y, Arai A, Suzuki C, Baba M: Ulnar nerve palsy-like motor and sensory loss caused by a small cortical infarct. J Stroke Cerebrovasc Dis. 2012; 21(8):903

14. Kon T, Mori F, Tanji K, Miki Y, Tomiyama M, Baba M, Umehara Y, Kurotaki H, Wakabayashi K: Abnormal tau deposition in neurons, but not in glial cells in the cerebral tissue surrounding arteriovenous malformation. 2012; 32(3): 267-71.

15. Kon T, Wada R, Suzuki R, Nakayama Y, Ebina Y, Yagihashi S : VIP and Calcitonin-Producing Pancreatic Neuroendocrine Tumor with Watery Diarrhea: Clinicopathological Features and the Effect of Somatostatin Analogue. JOP 13: 226-30,2012.

16. Kon T, Mori F, Tanji K, Miki Y, Kimura T, Wakabayashi K.:Giant cell polymyositis and myocarditis associated with myasthenia gravis and thymoma. Neuropathology 2012 Sep 19. [Epub ]

17. Mori F, Tanji K, Miki Y, Nishijima H, Baba M, Kurotaki H, Wakabayashi K: Status epilepticus presenting with extensive axonal swelling in the cerebral cortex and hippocampus. Neuropath Appl Neurobiol 2012; 38(4): 387-90

18. Mori F, Tanji K, Kon T, Odagiri S, Hattori M, Hoshikawa Y, Kono C, Yasui K, Yokoi S, Hasegawa Y, Yoshida M, Wakabayashi K : FUS immunoreactivity of neuronal and glial intranuclear inclusions in intranuclear inclusion body disease. Neuropathol Appl Neurobiol. 38: 322-8, 2012.

19. Sugimoto K, Baba M: The impact of low-dose insulin on peripheral nerve insulin receptor signalling in streptozotocin-induced diabetic neuropathy in rats. Diabetes Metabol Res Rev, In Press

20. Nukada H, Baba M, Ogasawara S, McMorran D, Mizukami H, Yagihashi S: Peripheral neuropathy and nerve microangiopathy in spontaneously hypertensive rat. Neurobiol Dis, In Press

【DVD】
Baba M: Neurology of Diabetic Neuropathy: Daiichi- Sankyo DVD: Diagnosis and method of neurological examination. February 2012.

【和文原著】
馬場正之,鈴木千恵子,三木康生,西嶌春生,木村珠喜,新井 陽,冨山誠彦,伊藤淳二: 肩関節脱臼整復操作で生じた上肢麻痺の電気生理診断. 末梢神経、23: 285-286, 2012.

額田 均、馬場正之、小笠原早織、McMorran D、水上浩哉:SHRのnerve microangiopathy. 末梢神経 23:268-269, 2012.

高野大樹、山崎貴史、前田哲也、佐藤雄一、池田靖子、中瀬泰然、長田 乾、馬場正之:発症25日後に施行した免疫グロブリン大量静注療法が有効であったギランバレー症候群。末梢神経23: 361, 2012.

船水章央、鈴木聡子、今智矢、羽賀理恵、上野達哉、鈴木千尋、三木康生、西嶌春生、新井陽、木村珠喜、鈴木千恵子、冨山誠彦、馬場正之:青森県におけるパーキンソン病診療の実態調査.青県病誌 57: 87-95, 2012.

【和文総説、その他】
馬場正之:糖尿病神経障害による痛み・しびれの診断と治療.日本医師会雑誌141(2): NP5-8, 2012.

馬場正之:糖尿病神経障害.薬物療法の現状と限界.月刊糖尿病4(8):19-27, 2012.

馬場正之:多発性神経障害の症候論.糖尿病合併症,26(1): 53-56, 2012.

馬場正之:糖尿病神経障害における最新治療動向.日本臨床 70(Suppl5):451-457, 2012.

馬場正之:有痛性糖尿病ニューロパシー.ペインクリニック33: 849-859, 2012.

馬場正之、鈴木千恵子:糖尿病性神経障害. 病態の成立機序。糖尿病の最新治療 3(4): 182-187, 2012.

馬場正之: チャートで学ぶ「糖尿病性神経障害」、糖尿病ケア 9(Suppl): 44-55, 2012.

新井 陽、馬場正之:絞扼性ニューロパチー。最新医学別冊75: 225-239, 2012.

馬場正之, 鈴木千恵子:神経伝導検査による糖尿病性多発神経障害の重症度診断。医学の歩み、印刷中

馬場正之:糖尿病性神経障害:症例から学ぶ治療薬の使いかたと注意点。糖尿病診療マスター、印刷中

馬場正之:糖尿病性神経障害の電気診断:脊椎脊髄疾患との鑑別。脊椎脊髄ジャーナル、印刷中
若林孝一、三木康生: CBDの病理. BRAIN and NERVE, in press.
冨山誠彦、八木橋操六:痛みの神経学-表皮無髄線維の病態-.Brain and Nerve 64 :1225-1231, 2012

【著 書】
馬場正之:糖尿病神経障害.日本糖尿病学会編「糖尿病専門医研修ガイドブック」改定第5版,診断と治療社,東京,p235-241,2012.

馬場正之:電気生理で捉える糖尿病神経障害.糖尿病学の進歩2012,p296-300, 2012.

馬場正之:末梢神経障害と自律神経障害の検査法.糖尿病と血管合併症に関する100の質問,メディカルレビュー社,東京,p48‐49,2012.

馬場正之:糖尿病性自律神経障害.糖尿病研修ノート,診断と治療社、p347-350, 2012.

馬場正之:Thalamic pain.今日の治療指針,2012版,医学書院,印刷中

馬場正之:タリウム中毒.今日の神経疾患治療指針 第2版,医学書院,印刷中.

馬場正之:感覚障害. 今日の神経疾患治療指針 第2版,医学書院,印刷中.

馬場正之:神経筋疾患の電気生理学検査.杉本恒明,矢崎義雄編;内科書,朝倉書店,印刷中

馬場正之:CIDPの疾患概念. 日本神経学会「CIDP診療ガイドライン」、印刷中

馬場正之:CIDPの歴史的背景.日本神経学会「CIDP診療ガイドライン」、印刷中

馬場正之:MMNの疾患概念. 日本神経学会「CIDP診療ガイドライン」、印刷中

馬場正之:MMNの歴史的背景. 日本神経学会「CIDP診療ガイドライン」、印刷中

【その他】
馬場正之:糖尿病神経障害の治療.リリカカプセルパンフレット,ファイザー(株),2012.

馬場正之:糖尿病末梢神経障害に伴う疼痛とその治療.「エキスパートドクターに聞く」.シオノギ製薬(株),2012.

馬場正之: 糖尿病性神経障害の神経伝導検査. 日本光電検査技術パンフレット。印刷中

馬場正之:糖尿病性神経障害. 疫学、診断、治療の実際。Elly Lilly教育ツール

馬場正之: 神経内科とは?ふれあい 140:3,2012

冨山誠彦 読んで得する脳卒中の話 ふれあい 142号3ページ 2012年8月

新井 陽:海外医療視察研修報告。 青森県立中央病院職員広報第173号、p1-2.

西嶌春生.「医療・介護何でも相談」(第37回) .2012年10月15日東奥日報夕刊.

学会発表
[国際学会]特別講演
◎ DS5565 Asian Investigators Meeting 2月11日(土)那覇市(沖縄県)
〇Baba M: Plenary Lecture: Neurological evaluation of diabetic polyneuropathy.

【国際学会】一般演題
◎The Peripheral Nerve Society, 6月24日(日)-27日(水)、Rotterdam, Holland
〇Baba M, Funamizu Y, Kon T, Ueno T, Haga R, Nishijima H, Miki Y, Arai A, Kimura T, Suzuki C, Tomiyama M, Kurigara A, higuchi A, Takashima H: IVIg-responsive CMTX: A report of sibling cases.

〇Nishijima H, Suzuki C, Kon T, Funamizu Y, Ueno T, Haga R, Miki Y, Arai A, Kimura T, Tomiyama M, Baba M: Taste impairment in Guillain-Barre syndrome: more frequent than thought.

◎ 22nd Annual Meeting of the Diabetic Neuropathy Study Group of the EASD. 9月 27日(木)~30日(日), Dresden, Germany.
〇Suzuki C, Kon T, Funamizu Y, Ueno T, Haga R, Miki Y, Suzuki C, Nishijima H, Arai A, Kimura T, Tomiyama M, Baba M: Elevated pain threshold in asymptomatic diabetic patients: a study by intraepidermal electrical stimulation.

〇Baba M, Suzuki C, Kimura T, Arai A, Miki Y, Nishijima H, Ueno T, Haga R, Tomiyama M:Neurological and electrophysiological background of wasting of the extensor digitorum brevis muscle in diabetic patients.

◎ 16th International Congress of Parkinson’s Disease and Movement Disorders June 19 DUBLIN, IRELAND
○Tomiyama M, Ueno T, Nishijima, H Funamizu Y, Arai A, Baba M, Migita K, Yamada J, Mori F, Wakabayashi K, Ueno S, Astroglial activation in the striatum of a rat model of levodopa.

○Ueno T, Nishijima H, Arai A , Migita K, Yamada J, Baba M, Ueno S, Tomiyama M:
Morphologic changes of dendritic spines of intratelencephalic-type neurons in the motor cortex of a rat model of levodopa-induced dyskinesia.

国内学会【特別講演】
◎第9回 日本臨床神経生理学会:神経筋電気診断講習会、7月3日(土)~4日(日)、東京
馬場正之:教育講演「神経伝導検査の原理」。
馬場正之:ハンズオン講演「Nerar-nerve neurography」

◎平成24年度日本臨床検査技師学会北日本支部学会、10月20日(土)、福島
馬場正之:特別講演「糖尿病患者の神経伝導検査はどのように行うべきか」

◎第42回日本臨床神経生理学会 11月8日(木)~10日(土)、東京
馬場正之:教育講演「神経伝導検査による糖尿病神経障害の進行度推定」

国内学会【シンポジウム、ワークショップ】
◎ 第46回糖尿病学の進歩,3月2日(金)~3日(土),盛岡市
〇馬場正之:シンポジウム「神経障害臨床の最前線」電気生理で捉える糖尿病性神経障害.

◎第53回日本神経学会,5月22日(火)~25日(金),東京
〇馬場正之,園生雅弘:シンポジウム「電気生理診断の復権」

◎第27回日本糖尿病合併症学会、平成24年11月2日(金)~3日(土)、福岡
〇鈴木千恵子、馬場正之: ワークショップ「神経障害: 糖尿病患者の痛覚に関する研究。1.無症状糖尿病患者の痛覚低下について
〇馬場正之、鈴木千恵子: ワークショップ「神経障害: 糖尿病患者の痛覚に関する研究。2.Pin-Prick検査の位置づけについて。

◎第42回日本臨床神経生理学会 11月8日(木)~10日(土)、東京
〇馬場正之:ワークショップ「問題症例の電気生理:脱臼後の上肢麻痺」

【国内学会 一般演題】
◎第89回日本神経学会東北地方会、平成24年3月3日 (土)、仙台市
○船水章央、鈴木聡子、今智矢、羽賀理恵、上野達哉、三木康生、西嶌春生、新井陽、
木村珠喜、鈴木千恵子、冨山誠彦、馬場正之、栗原愛一郎、橋口昭大,高嶋博:大量γグロブリン療法が奏功したCharcot-Marie-Tooth(CMT)病の兄弟例

○天間聡子、三木康生、今智也、船水章央、上野達哉、羽賀理恵、西嶌春生、新井陽、鈴木千恵子、冨山誠彦、馬場正之、緑川宏、大谷啓介、佐々木達也、西嶌美知春:Streptococcus sangiusによる細菌性髄膜炎の2例

◎第37回日本脳卒中学会総会、平成24年4月26日(木)~28日(土)、福岡市
○木村珠喜、今智矢、船水章央、上野達哉、羽賀理恵、西嶌春生、三木康生、新井陽、鈴木千恵子、冨山誠彦、馬場正之:青森圏域における脳梗塞患者の発症ー来院時間に関する検討:続報

○冨山誠彦、畑山 徹、横田祐介、丹野雅彦、澤井通彦、斎藤和子 青森圏域脳卒中地域連携パス:4年の実績報告

〇西嶌春生、今 智矢、上野達哉、羽賀理恵、三木康生、新井 陽、木村珠喜、鈴木千恵子、冨山誠彦、馬場正之:可逆性の頭蓋内動脈狭窄を認めた肺炎球菌性髄膜炎の3症例

◎ 第55回日本糖尿病学会総会 平成24年5月17日(木)~20日(日)、横浜
〇馬場正之,鈴木千恵子,木村珠喜,新井 陽,三木康生,西嶌春生,冨山誠彦,田澤康明,川嶋詳子,友常健,小川吉司:糖尿病神経障害における短趾伸筋(EDB)筋萎縮の診断的意義.

〇額田 均,馬場正之,小笠原早織,Denis McMorran,水上浩哉,八木橋操六:高血圧性末梢神経障害:SHRでの検討.

〇村上 宏,杉本一博,村上 洋,松村功貴,山下真紀,松木恒太,田辺寿太郎,松井 淳,鈴木千恵子,馬場正之,玉沢直樹,須田俊宏,八木橋操六: 糖尿病性神経障害評価法としての皮膚生検法の有用性について.

◎第53回日本神経学会総会、5月22日(火)~25日(金)、東京都
○馬場正之、鈴木千恵子、木村珠喜、新井 陽、三木康生、西嶌春生、上野達哉、羽賀理恵、今 智矢、船水章央、冨山誠彦:糖尿病患者における短趾伸筋萎縮に伴う下肢の神経学的変化について

○冨山誠彦 上野達哉 西嶌春生 馬場正之 森 文秋 若林孝一 右田啓介 山田順子 上野伸哉、レボドパ誘発ジスキネジアモデル線条体におけるアストログリアの活性化、

○鈴木千恵子 船水章央 今智也 羽賀理恵  上野達哉 三木康生 西嶌春生 新井陽  木村珠喜 冨山誠彦 馬場正之. 携帯型末梢神経検査装置PNS-7000を用いた糖尿病患者における痛覚閾値の検討

○木村珠喜、今智矢、船水章央、上野達哉、羽賀理恵、西嶌春生、三木康生、新井陽、鈴木千恵子、冨山誠彦、馬場正之:青森圏域における脳梗塞患者の発症ー来院時間に関する検討:続報

○上野達哉、今智矢 、船水章央 、羽賀理恵、西嶌春生、三木康生、 新井陽、木村珠喜、鈴木千恵子、 右田啓介 、 山田順子、 馬場正之、上野伸哉 、冨山誠彦 :レボドパ誘発ジスキネジアモデルラット運動皮質ニューロンにおけるスパインの形態変化.

◎ 第27回日本大脳基底核研究会 6月30日 東京
○上野達哉、今智矢 、船水章央 、羽賀理恵、西嶌春生、三木康生、 新井陽、木村珠喜、鈴木千恵子、 右田啓介 、 山田順子、 馬場正之、上野伸哉 、冨山誠彦 :レボドパ誘発ジスキネジアモデルラット運動皮質ニューロンにおけるスパインの形態変化.

◎ 第53回日本神経病理学会総会 6月28‐30日、 新潟市
○三木康生, 冨山誠彦, 今智矢, 羽賀理恵, 西嶌春生, 鈴木千恵子, 緑川宏, 西嶌美知春, 三戸聖也, 黒滝日出一, 馬場正之, 若林孝一: 動脈瘤を形成せず、侵襲性アスペルギルス血管炎の破綻によりくも膜下出血を呈した1剖検例.

○今智矢,森文秋,木村珠喜,三木康夫,丹治邦和,若林孝一:巨細胞性多発性重症筋無力症の一剖検例
○三木康生、若林孝一: Neuro CPC , CIDPの合併を疑ったALS 68歳男性

◎ 第18回糖尿病性神経障害を考える会、8月24日(金)~25日(土)、東京
○馬場正之:講演:有痛性神経障害の診断と治療アルゴリズム。

◎ 第40回青森県自治体医学会 8月25日(土)、青森市
○木村珠喜、今智矢、船水章央、上野達哉、羽賀理恵、西嶌春生、三木康生、新井陽、鈴木千恵子、冨山誠彦、馬場正之、斉藤元太:当科に入院した脳梗塞患者の発症-受診時間の検討

◎第24回日本末梢神経学会,8月31日(金)~9月1日(土),福岡市
○馬場正之、鈴木千恵子、三木康生、西嶌春生、木村珠喜、新井 陽、冨山誠彦、伊藤淳
額田 均、馬場正之、小笠原早織、McMorran D、八木橋: SHRのnerve microangiopathy.

◎第90回日本神経学会東北地方会,9月8日(土) 仙台市.
○鈴木聡子、今 智矢、船水章央、上野達哉,羽賀理恵,西嶌春生,三木康生、鈴木千尋、新井 陽,木村珠喜,鈴木千恵子,冨山誠彦,馬場正之:Lactococcus lactis cremorisによる可能性海綿状脈洞血栓症が疑われた1例.

○今 智矢,船水章央,上野達哉,羽賀理恵,西嶌春生,三木康生,鈴木千尋、新井 陽,木村珠喜,鈴木千恵子,冨山誠彦,馬場正之、小山慶喜、志賀裕正、北本哲之:M232Rホモ変異を認めたCreuzfeldt-Jakob病の1例.

◎ 第35回日本神経科学大会 9月19-21日 名古屋
○Ueno T, Nishijima H、Arai A、Migita K、Yamada J、Baba M Ueno S, Tomiyama M:Morphologic changes of dendritic spines of intratelencephalic-type neurons in the motor cortex of a rat model of levodopa-induced dyskinesia.

○冨山誠彦 上野達哉 西嶌春生 馬場正之 森 文秋 若林孝一 右田啓介 山田順子 上野伸哉、レボドパ誘発ジスキネジアモデル線条体におけるアストログリアの活性化

◎日本リハビリテーション医学会東北地方会ランチョンセミナー 9月30日 青森市
○冨山誠彦、青森圏域における脳卒中診療の現状と地域診療連携、

◎第6回パーキンソン病運動障害疾患コングレス、10月11~13日、京都市
○馬場正之、冨山誠彦、鈴木千恵子、木村珠喜、新井 陽、三木康生、西嶌春生:ゾニサミド投与によりPisa徴候が著明に改善したパーキンソン病の3症例。

○上野達哉、船水章央、西嶌春生、新井 陽、右田啓介、山田順子、馬場正之、上野伸哉、
冨山誠彦:レボドパ誘発ジスキネジアモデルラット運動皮質ニューロンにおけるスパインの形態変化

○冨山誠彦、右足指がムニュムニュ動く50歳女性(イブニンングビデオセッション)

◎第17回日本神経感染症学会総会、平成24年10月19日(金)~20日(土)、京都市
○山崎有人、田中こづえ、津田浩昌、木村公則、神田 隆、馬場正之:B型肝炎に関連して発症したと考えられる多発性単神経炎の一例。

◎第42回日本臨床神経生理学会 11月8日(木)~10日(土)、東京
○鈴木千恵子、木村珠喜、上野達哉、西嶌春生、羽賀理恵、馬場正之:糖尿病性神経障害では自覚症状のない時期から痛覚閾値が低下している。表皮内刺激電極を用いた検討。

◎2012年11月10日,第10回神経科学研究会,11月10日、東京
○西嶌春生,冨山誠彦,今智矢,船水章央,上野達哉,羽賀理恵,三木康生,新井陽,木村珠喜,鈴木千恵子,馬場正之,山田順子,右田啓介,上野伸哉,目黒玲子,一戸紀孝.レボドパ誘発ジスキネジアモデルラットにおける線条体神経細胞樹状突起上のスパインの形態変化

◎第19回東北神経病理研究会 平成24年11月17日, 福島
○三木康生, 森文秋, 丹治邦和, 今智矢, 船水章央, 羽賀理恵, 鈴木千恵子, 冨山誠彦, 三戸聖也, 黒滝日出一, 馬場正之, 若林孝一 : 病理学的にUnverricht-Lundborg病と考えられた進行性ミオクローヌスてんかんの1剖検例

◎第30回日本神経治療学会総会、平成24年11月28日(木)~30日(土)、北九州市
○船水章央、羽賀理恵、三木康生、鈴木千恵子、冨山誠彦、馬場正之、栗原愛一郎、樋口昭大、高嶋 博:大量γグロブリン療法が奏効したCharcot-Marie-Tooth病の兄弟例。

【研究会、セミナーなど】
◎AS3201神経伝導検査講習会1,1月14日(土),大阪
○馬場正之:講演「神経伝導検査の施行手順」

◎DS5565日本地区検討会,1月22日(日),東京
○馬場正之:講演「糖尿病神経障害の神経学的検査」

◎平成23年度糖尿病療養支援ネットワーク研修会,2月5日(日),青森市
○馬場正之:特別講演「糖尿病患者の足:その神経学的観察ポイント」

◎第23回ITB講習会 2月11日(土),東京
○鈴木千恵子:リフィルハンズオン講師

◎ 糖尿病のCureとCareを目指した治療の新展開,2月12日(日),東京
○馬場正之:講演「糖尿病神経障害の診断と治療のコツ」

◎ 第12回青森県糖尿病病態代謝懇話会 2月18日,青森市
○馬場正之:講演「糖尿病の病期分類調査から:筋萎縮検査」

◎青森県保健・医療・福祉・救急関係者の方のための脳卒中対策セミナー 2月18日 青森市
○冨山誠彦、脳卒中医療の現状-神経内科の立場から-

◎AS3201神経伝導検査講習会2,2月19日(日),東京
○馬場正之:講演「神経伝導検査施行手順について」
○村上千恵子:ハンズオン「四肢の伝導検査」

◎第3回青森県動画で学ぶ神経症候研究会
○冨山誠彦:右足指の不随意運動

◎東北大学神経内科レクチャー,2月28日,仙台市
○馬場正之:レクチャーとハンヅオン「筋電図診断の役割と限界」

◎青森市パーキンソン病フォーラム 3月9日(金)、青森市
○馬場正之:講演「ゾニサミド投与によりPisa徴候改善をみたパーキンソン病の三症例」

◎平成23年度青森県医師会女性医師懇談会 青森県医師の働きやすい環境づくりシンポジウム 3月10日 青森市
○冨山誠彦:医師の働きやすい環境づくり:青森県立中央病院神経内科の試み、

◎AS3201神経伝導検査講習会3,3月24日(土),東京
○馬場正之:レクチャーとハンズオン「神経伝導検査」
○村上千恵子:ハンズオン「四肢の神経伝導検査」

◎第10回青森県脳卒中フォーラム 3月24日(土)、青森市
○冨山誠彦、畑山徹、横田祐介、丹野雅彦、澤井通彦、斎藤和子:青森圏域脳卒中連携パス、4年の実績報告。

◎塩野義(株)社内研修会,4月2日(月),青森
○馬場正之:特別講演「神経障害性疼痛の病態と治療」

◎青森市免疫性神経・筋疾患研究会
○船水章央:一般講演「大量γグロブリン療法が奏功したCMT病兄弟例」

◎協和発酵(株)社内研修会,4月9日(月),青森
○馬場正之:レクチャー「パーキンソン病の病態と治療」

◎福島末梢神経研究会、4月20日(金)
○馬場正之:特別講演「糖尿病性神経障害:電気診断の考え方」

◎ シオノギ・リリーWeb講演会 4月24日(火)、東京
○馬場正之:講演「新たな展開を迎えた糖尿病性神経障害の疼痛治療」

◎ けんみん公開講座「脳卒中」、5月11日(土)、青森市
○冨山誠彦:レクチャー「脳梗塞について」
○馬場正之、冨山誠彦:脳卒中Q&A

◎ 神経伝導検査講習会、5月13日(日)、東京
○馬場正之: ハンズオン「四肢の伝導検査」

◎ プレラデナント研究会 5月27日、セルリアンタワー東急ホテル
○冨山誠彦、パネルディスカッション

◎ 八戸糖尿病神経障害治療研究会、5月28日(月)、八戸市
○馬場正之:特別講演「糖尿病神経障害の診断と治療 Up to date」

◎ 青森ドーパミン勉強会,6月4日 青森市
○西嶌春生,冨山誠彦,今智矢,船水章央,上野達哉,羽賀理恵,三木康生,新井陽,木村珠喜,鈴木千恵子,馬場正之,目黒玲子,右田啓介,山田順子,一戸紀孝,上野伸哉.レボドパ誘発ジスキネジアモデルラットにおける線条体神経細胞樹状突起上のスパインの形態変化

◎ 東北大筋電図診断セミナー、6月7日(木)、仙台市
○馬場正之:レクチャーとハンズオン「神経筋電気診断の原理:ALSの電気診断」

◎ 仙台糖尿病治療研究会、6月7日(金)、仙台市
○馬場正之:特別講演「糖尿病神経障害診断治療のコツ」

◎ 心原性脳塞栓症予防セミナー、6月9日(土)、青森市

◎ 北秋田糖尿病懇話会、6月15日(金)、大館市
○馬場正之:特別講演「神経障害性疼痛の診断と治療 up to date」

◎ 第41回青森市神経治療懇話会、6月18日(月)、青森市
○鈴木千尋:特別講演「視神経脊髄炎の病態と治療」

◎ 順天堂変性疾患懇話会、6月29日(金)、東京都
○冨山誠彦:講演Ⅰ「レボドパ誘発ジスキネジアモデルにおける線条体と運動皮質神経細胞の可塑性形態変化について」
○馬場正之:講演Ⅱ「神経障害性疼痛の新たな展開」

◎ 名古屋南部神経内科セミナー、6月30日、名古屋市
○馬場正之:特別講演「しびれの臨床」

◎ 上十三医師会講演会、7月10日(火)、十和田市
○馬場正之:特別講演「末梢神経障害の診断と治療のポイント」

◎ 青森脳卒中フォーラム 7月13日 青森市
○木村珠喜、今智矢、船水章央、上野達哉、羽賀理恵、西嶌春生、三木康生、新井陽、鈴木千恵子、冨山誠彦、馬場正之、斉藤元太:当科における脳卒中診療の現状

◎ 脂肪酸とガイドライン研究会 2012年7月19日 ホテル青森
○冨山誠彦、脂質異常症と脳卒中再発、

◎ 札幌糖尿病合併症 up to date、7月20日(金)、札幌市
○馬場正之:特別講演「糖尿病性神経障害の臨床アップデート」

◎ シオノギ・リリー糖尿病神経障害セミナー、7月21日(土)、大阪
○馬場正之:特別講演「糖尿病神経障害の疼痛」

◎ 第5回青森エリア脳卒中ネットワーク研究会 2012年7月24日 ホテル青森
○冨山誠彦、当院での脳梗塞診療の現状と青森圏域脳卒中地域連携パスの運用状況

◎ 神戸糖尿病懇話会、7月26日(木)、神戸市
○馬場正之:特別講演「糖尿病性神経障害の臨床アップデート」

◎ 第291回八戸脳卒中研究会、7月31日(火)、八戸市
○馬場正之:特別講演「勝手に動く手、足、体」

◎ 東尾張地区糖尿病セミナー、8月9日(木)、長久手町
○馬場正之:特別講演「糖尿病神経障害の電気診断学」

◎社保支払基金講演会、8月27日(月)、青森市
○馬場正之:講演「アラブの社会と医学教育」

◎室蘭市医師会学術講演会、9月4日(火)、室蘭市
○馬場正之:特別講演「糖尿病神経障害の診断治療アップデート」

◎パーキンソン病市民講座 9月9日(日)、青森市
○新井 陽:講演「パーキンソン病と社会保障」

◎第11回本郷内分泌代謝アップデート、9月11日(火)、東京
○馬場正之:「糖尿病と痛覚に関する最新の話題」

◎第49回 東京DM研究会
○馬場正之:特別講演「糖尿病神経障害診断治療の合理的アプローチ」

◎第5回京滋糖尿病ディベートカンファレンス
○馬場正之:特別講演「糖尿病神経障害の治療は容易か否か」

◎外ヶ浜中央病院研修会、9月21日(金)、外ヶ浜町
○馬場正之:特別講演「糖尿病性神経障害のみかた」

◎認知症疾患ネットワークフォーラム、9月24日(月)、青森市
○馬場正之:諸言「青森市の認知症医療連携への期待」
○新井 陽:講演「今後の認知症診断・治療に関する連携に関して」

◎糖尿病ニューロパチックペインカンファレンス、10月18日(木)、東京都
○馬場正之:特別講演「疼痛治療の新たな展開」

◎神経障害性疼痛セミナー金沢、10月23日(火)、金沢市
○馬場正之:特別講演「糖尿病神経障害の診断治療アップデート」

◎糖尿病合併症up to date in 砂川、10月25日(木)
○馬場正之:特別講演「糖尿病神経障害の診断と治療」

◎神経伝導検査講習会、10月27日(土)青森市
○馬場正之:レクチャーとハンズオン「四肢の神経伝導検査」
○鈴木千恵子、新井陽、今智矢:神経伝導検査実技ハンズオン

◎神奈川糖尿病合併症フォーラム、11月9日(金)、横浜市
○馬場正之:特別講演「新たな展開を迎えた糖尿病神経障害の疼痛治療」

◎第52回弘前耳鼻咽喉科勉強会、11月10日(土)
○馬場正之:特別講演「急性めまいを来す脳疾患」

◎第1回糖尿病Total Careセミナー、11月14日(水)、米子市
○馬場正之:特別講演「糖尿病神経障害の診断治療アップデート」

◎けんみん公開講座「慢性炎症性脱髄性ニューロパチー」11月17日(土)、青森市
○馬場正之:諸言「青森県のCIDP診療について」

◎山形糖尿病合併症懇話会
○馬場正之:あらたな展開を迎えた糖尿病神経障害疼痛の治療

◎東北糖尿病神経障害フォーラム、12月3日(月)仙台
○馬場正之:特別講演「糖尿病性神経障害の電気生理診断」

◎日医生涯教育協力講座「てんかんの診断と最新の治療」、12月8日(土)、青森市
○木村珠喜:講演「成人・高齢者のてんかん臨床」
○木村珠喜:パネルディスカッション「てんかん臨床・何でもQ&A」

◎東北大学神経筋疾患診断セミナー、12月14日(金)、仙台市
○馬場正之:レクチャーとハンヅオン「神経筋疾患に必要な神経解剖学」

◎ 平成24年12月10日青森メンバーズクラブ生活習慣病勉強会、12月10日、青森市
○冨山誠彦、生活習慣病と脳卒中

◎ 青森神経治療懇話会 12月17日 青森市
○冨山誠彦、青森地域における脳卒中診療の現状と地域診療連携

◎第9回福島糖尿病チーム勉強会、12月19日(水)、福島市
○馬場正之:特別講演「糖尿病性神経障害の診断と治療アップデート」

◎ GSK社内勉強会 7月2日 八戸市
○冨山誠彦、青森県における神経内科医療事情について、

◎ シオノギ・アストラゼネカ社内勉強会 8月27日
○冨山誠彦、当院での脳梗塞診療の現状と青森圏域脳卒中地域連携パスの運用状況、

◎ 日本ベーリンガー社内勉強会 10月1日
○冨山誠彦、青森圏域における脳卒中診療の現状と地域診療連携、

◎ 大塚製薬社内勉強会、10月15日
○冨山誠彦、パーキンソン病治療の今、これから、

◎ 日本ブリストル社内勉強会 12月6日
○冨山誠彦、青森圏域における脳卒中診療の現状と地域診療連携、

◎ 協和発酵キリン社内勉強会、12月3日
○冨山誠彦、パーキンソン病治療の今、これから、

【院内CPC・症例検討会】
◎平成23年度第4回CPC
○三木康生、冨山誠彦、今 智矢、羽賀理恵、西嶌春生、村上千恵子、馬場正之、大谷啓介、佐々木達也、西嶌美治春、緑川宏、三戸聖也、黒滝日出一:動脈瘤を形成せず、侵襲性アスペルギルス血管炎の破綻によりくも膜下出血を呈した1剖検例

◎平成24年度第2回CPC
○船水章央、三木康生、馬場正之、三戸聖也、黒滝日出一:Lactocossus lactis cremorisによる可能性海綿状脈動血栓症が疑われた1例。

◎ 青森県立中央病院初期研修医勉強会 9月24日(月)
○今智矢:研修医のためのめまい診療

◎ 冨山誠彦、青森県救急医療および脳卒中対策キャンペーン、3月20日 サンロード青森

◎ 青森けんみん公開講座 脂質異常症とは? 4月14日 アウガ青森
冨山誠彦、脳梗塞が心配な人には、

◎ 第2回脳卒中青森けんみん公開講座 2012年5月12日 青森市
冨山誠彦、脳卒中早めの受診があなたを救う:一過性脳虚血発作について、

◎ 冨山誠彦、青森地域における脳卒中診療の現状と地域診療連携. 12月15日 青森市地域における救急医療フォーラム in 青森

◎ 冨山誠彦、冬の健康 脳卒中、NHKあっぷるワイド 12月18日

◎ 冨山誠彦、夏にも多い脳卒中、ABA 水!トク 8月1日

◎ 冨山誠彦、ヤクルトヘルシーブレーク 脳卒中について FM青森 7月2-5日

Author: Categories: 研究日記 Tags:

Web講演会 パーキンソン病

5月 12th, 2014

当神経内科部長の冨山先生のm3.com Web講演会が開催されます。

5月15日木曜日 19時~19時45分

「ジスキネジアの発症機序とレキップCR錠の有用性」

青森県立中央病院神経内科 冨山誠彦

皆様 おみのがしなく!

Author: Categories: 研究日記 Tags:

医局説明会ー後期研修医募集中!

5月 11th, 2014

14月30日 当院の研修医の方を対象に 医局説明会を行いました。

お忙しい中 集まってくださった皆様 ありがとうございます。学位をとった若い先生の経験談や、当科の教育体制などについての説明と、おまけとして 神経診断学の講義もすこし行いました。神経内科にすこしでも興味をもっていただければうれしいなと思っています。当院には もう十分な神経内科医がいるのではないかと思われる方もいるかもしれませんが、青森県では神経内科医が大変不足しており、現状では、神経疾患の十分な診療を受けられる地域はごく限られているといわざるをえません。私たちは、神経疾患の患者さんの診療に真摯にあたるだけではなく、若い神経内科医を育て、将来的な青森県の神経疾患診療の充実に力を注いでいきたいと考えています。

青森県立中央病院神経内科は後期研修医を継続的に大募集中です。説明会の時でもなくても随時ご相談にのりますので、興味のある方は、お気軽にご連絡ください。

Author: Categories: 診療日記 Tags:

学位報告-3 今先生

5月 6th, 2014

学位報告の最後は 今先生です。今先生は、弘前大学の脳神経病理学講座の若林先生のもとで研究を行いました。

 

Kon T, Mori F, Tanji K, Miki Y, Toyoshima Y, Yoshida M, Sasaki H, Kakita A, Takahashi H, Wakabayashi K.

ALS-associated protein FIG4 is localized in Pick and Lewy bodies, and also neuronal nuclear inclusions, in polyglutamine and intranuclear inclusion body diseases.  Neuropathology 34: 19-26, 2014.

 

この春、弘前大学院医学研究科を無事卒業し学位をいただくことができました。これも指導教官の若林先生をはじめとした脳神経病理学講座の先生方や当科の諸先生方のご指導ご鞭撻のお蔭です。当科の諸先生方には臨床面でのサポートもしていただきました。深く感謝いたします。

学位論文は上記で、約70例の神経変性疾患剖検脳を用いてALS関連タンパク質がある種の封入体形成に関連している可能性を示したものです。詳細は201310月の当研究日記をご参照ください。

病理学という学問は形態学に立脚した「所見の読み」が重要であり、全ては良く観察することから始まるということを学び、この点は日々の臨床や研究、また論文を読む際になど非常に役立っています。また世界の最先端で勝負している研究室で数本の英語論文を書かせていただいたことで、学問の面白さを知るとともに競争の厳しさも学びました。

大学院を卒業した今年からが本当の勝負と考え、今後も研鑚に励んでまいりたいと思います。(今)

 

 

Author: Categories: 研究日記 Tags: