Archive

Archive for 7月, 2013

部長日記 2013. 7.16 Peripheral Nerve Society (PNS) その2

7月 25th, 2013

今年度PNS開催地サンマロはフランスの北海岸ブリタニー地方の古い城塞都市、1ブリタニー/ノルマンディーといえば、あの世界遺産モンサンミシェルに触れないわけにはいきません。当然のことながら、今学会でも4日目にモンサンミシェル見学の特別企画が用意され、小生も村上千恵子先生および東邦大学病院の藤岡教授と共に参加しました。実は小生にとってモンサンミシェル訪問は3回目、ある意味見慣れたところではありました。しかし、広大な干潟に囲まれたモンサンミシェルに近づくにつれ湧き上がるドキドキ感は今回も新鮮。2天に向かってそびえる要塞風の修道院の威容は人の一途な信仰の結晶として、心を揺さぶります(写真)。つづら折り石畳参道を登り詰めた大聖堂も素晴らしいけれど、その脇の中庭は下界をみおろす空中庭園(写真)、その極限の均整美には禅寺の美に通じるものを感じます。小生が初めて訪れた1980年には既に世界遺産に登録されていましたが、それもむべなるかな。大聖堂とは別に隠れたようにいくつも設置された暗いチャペルの片隅にたたずむと、キリスト教徒でなくとも超自然の絶対者と対話できるような張りつめた空気を感じ、愛憎の入り混じった汚れた心が涙で洗われるようでした。
 そして学会最終日のfarewell partyの翌日、村上Drはパリ経由で、小生はロンドン経由で東京に直行とあいなりました。小生にとっては第2の故郷ロンドンで黄昏のテームズの川風に吹かれたあと、次の目的地は東京。小生が10年間会長を務めてきた3第10回医師のための神経筋電気診断講習会があったのです。今回は全国から約100名をこえるDrが受講したほか、アジア諸国からも20名が参加し、英語と日本語が飛び交う講習会となりました。時差ボケもなんのその、村上Drは基礎コースの針筋電図実習を担当して大活躍(写真)。一方、小生はレクチャーだのnear-nerve recordingのハンズオン実習を指導しましたが、アジアからの受講者たちから欧米の同種の講習会よりレベルが高いと大好評をいただきました。小生はモンゴルの受講生から思わぬお土産を手渡され、大感激の講習会とあいなりました4(写真:隣は帝京の園生雅弘教授)。それにしても快い疲労に包まれた1週間でありました。

Author: Categories: 部長日記 Tags:

部長日記 2013. 7.14 Peripheral Nerve Society その1

7月 22nd, 2013

 フランス英仏海峡沿いの街St.Maloで開かれた Peripheral Nerve Societyに村上(鈴木)千恵子Drと参加してきました。齢60を越すと海外の学会でも知人がめっきり減って寂しくなるものです。今回も事前にWuerzburgの旧友Klaus Toykaと準備していたコンサートが、Klausが学会直前に肩を痛めて緊急手術、St.Maloに来られなくなってしまいました。カリフォルニアから参加のRich LewisのヴァイオリンもKlausが用意することになっていたので、結局コンサートはお流れ。合奏は再来年QuebecでのPNSに持ち越しと相成りました。それでも今回の学会で久しぶりに盛り上がったのはAustin Sumner先生との再会でした。もちろんあのLewis-Sumner症候群のご本人で、ロンドンの恩師Gilliatt教室の先輩、彼も齢70を越しました。最近病気がちでしたが、1今回は奥さんご同伴での出席。Gilliatt教室の同僚Christian Krarupも交え、同窓会風の一枚をパチリ(写真1)。それにもう一人、地元フランスの重鎮Claude Vital先生の懐かしい顔もありました。Baba!と声をかけられ抱き合った後、ツーショットでパチリ(写真2)2。齢81歳とか。日本でDr. Sobueに招待されて名古屋大学講演に行ったなどと懐かしそうに話されたのですが、Dr. Sobueとはもちろん名大の2代前の祖父江逸郎教授のこと。昔々のお話でした。
 学会そのものは村上DrのDPN痛覚の発表がわが国からの数少ないポスター口演に選ばれ、彼女が大会場のひな壇に立ちました。3彼女の発表中小生は緊張しっぱなし、ご本人も「緊張!」とは言っていましたが、実際上堂々たる口演で、終了後は会場にいた日本人Drたちの祝福を受けていました。発表後は東邦大藤岡教授、防衛医大海田Drらも加わり名物のムール貝白ワイン蒸しとワインで乾杯。お1人さま鍋一杯のムールをペロリと平らげた村上Drでした4(写真3)

Author: Categories: 部長日記 Tags:

Movenent disorder society(MDS) にいって来ました

7月 10th, 2013

今年は6/16-20シドニーです。
円安とオーストラリアの物価高にはびっくりでした
欧米から遠いせいか今年は参加者は少なめ(日本人は多め)でした
私は例によってジスキネジアの実験結果を発表してきました
1

動画を使ったセッションが多いので、ついついまじめに?聞いてしまい、朝から晩まで参加となってしまいます.途中で布村先生の誘惑に負けてカモノハシ、コアラやカンガルーをみてまいりました
一番の話題はMSAの遺伝子異常の話(NEJMにでた東大からの論文)だったでしょうか本当に勉強になる学会ですpastedGraphic
来年はストックホルムです(冨山)

Author: Categories: 研究日記, 診療日記 Tags: