Archive

Archive for 5月, 2013

論文発表―Neuropathology

5月 3rd, 2013

今先生の論文がneuropathology誌にaccceptされました。

An autopsy case of preclinical multiple system atrophy (MSA-C).

Kon T, Mori F, Tanji K, Miki Y, Wakabayashi K. Neuropathology. 2013 Apr 14. [Epub ahead of print]

要旨

症例は死亡時71歳男性。45歳から糖尿病の既往があり、右下肢の蜂窩織炎で入院。入院中に、食事を誤嚥し、心肺停止状態で発見された。剖検の結果、直接死因は誤嚥による窒息死と考えられた。中枢神経系では、脳萎縮や神経細胞脱落を認めなかったが、橋底部に軽度のグリオーシスを認めた。リン酸化αシヌクレイン免疫染色では、中枢神経系に広範にGlial cytoplasmic inclusion(GCI)を認め、特に橋・小脳白質に強い所見であった。臨床的には多系統萎縮症(MSA)を示唆する所見を認めなかったが、GCIの出現はMSAにのみに認められることから、本症例はPreclinical MSAと考えられ、グリオーシスおよびGCIの分布がOPCA typeの多系統萎縮症に類似することから、Preclinical MSA-Cと考えられた。これまでにPreclinical MSAの報告例は4例あるが、そのうちの3例はMSA-P(SND)、1例はMultifocal glial α-synucleinopathy であり、本例はPreclinical MSA-Cとして初めての報告である。また本症例で見られた、Neuronal cytoplasmic inclusion, Neuronal nuclear inclusionのほとんどは核膜周囲に限局しており、MSAの神経細胞におけるαシヌクレインの蓄積は核膜の周囲から始まる可能性がある。

 

 

Author: Categories: 研究日記 Tags: