Archive

Archive for 2月, 2012

部長日記2012.02.21   つかの間の沖縄訪問

2月 23rd, 2012

 立春を過ぎて日差しが徐々に強まってはいるものの,青森では雪かきがまだ日常業務です。今朝も車に10cmの雪が積もり、雪下ろしをしてからの出勤でした。

 そんな中、新しい神経障害性疼痛治療薬DS5565のアジア地区開発会議のために沖縄に出かけ、束の間の春をちょっと体感してきました。この会,当初は台湾で開催とのお話でしたが、韓国や台湾のDrたちが沖縄での開催を希望したのだそうです。欧米とのグローバルプロジェクトの一環で、小生がアジア地区のとりまとめをしている関係上、アジアのDrたちに1時間ほど英語で神経学的evaluationのlectureと質疑応答をし、banquatでは高峰譲吉がアドレナリンを発見したときの逸話を交えて挨拶などさせてもらいました。家を出るときあたふたと放り込んだYシャツ、会議前に着替えようと鞄をあけたら半袖であることを発見し愕然としましたが、代替もなく、半袖で会議に出席しました。でも、ちっとも寒くありませんでしたよ。アドレナリンの話でアドレナリンが出すぎたせいかもしれません。写真11はホテルの窓から撮った沖縄の海です。たったの1泊は残念でしたが、ロンドンから来たDr. Meranteという方などは、朝に着いて会議に出、同日の那覇発最終便で羽田に飛び、そのまま深夜のフランクフルト行きで帰られました。いわばロンドン発の沖縄日帰り旅行のようなものです。一泊した小生なぞ文句を言ってはダメですね。

 青森に帰ってからすぐにむつ病院に車で診療応援に行ったのですが、途中猛烈なブリザードで、またアドレナリン噴出。2ブジに帰ってきたときはホッとしました。まことに春が待ち遠しいこの頃です。

Author: Categories: 部長日記 Tags:

2011年 業績

2月 20th, 2012

 

論文

【欧文原著】

1.Suzuki C, Ueno T, Nishijima H, Haga R, Miki Y, Arai A, Tomiyama M, Baba M: Fever of unknown origin. Lancet 378: 1756, 2011.

 

2.Nishijima H, Tomiyama M, Suzuki C, Kon T, Funamizu Y, Ueno T, Haga R, Miki Y, Arai A, Baba M, Kimura T: Taste impairment in Guillain-Barré syndrome: more frequent than thought? J Peripher Nerv Syst 16: 270-1, 2011.

 

3. Nishijima H, Tomiyama M, Haga R, Ueno T, Miki Y, Arai A, Kimura T, Suzuki C, Nunomura J, Kakehata S, Kawaguchi T, Baba M: Venous cerebral infarction in a patient with peripheral hemodialysis shunt and occlusion of the left brachiocephalic vein. J Stroke Cerebrovascu Dis 20: 381-3, 2011.

 

4. Miki Y, Tomiyama M, Ueno T, Haga R, Nishijima H, Arai A, Suzuki C, Kaimori M, Baba M: POEMS syndrome with a giant pancreas cyst.  Neurol Sci 32: 987-8, 2011.

 

5. Miki Y, Mori F, Tanji K, Kakita A, Takahashi H, Wakabayashi K: Accumulation of histone deacetylase 6, an aggresome-related protein, is specific to Lewy bodies and glial cytoplasmic inclusions. Neuropathology 31: 561-8, 2011.

 

6. Miki Y, Tomiyama M, Haga R, Nishijima H, Murakami C, Nishijima M, Midorikawa H, Sannohe S, Kurotaki H, Wakabayashi K, Baba M: Fatal subarachnoid hemorrhage caused by Aspergillus arteritis without angiographic abnormalities. Neuropathology,  In Press.

 

7. Ueno T, Tomiyama M, Haga R, Nishijima H, Kon T, Funamizu Y, Miki Y, Arai A, Suzuki C, Baba M: Ulnar nerve palsy-like motor and sensory loss caused by a small cortical infarct. J Stroke Cerebrovascu Dis, Mar 24, 2011. [Epub ahead of print]

 

8.Kon T, Mori F, Tanji K, Miki Y, Tomiyama M, Baba M, Umehara Y, Kurotaki H, Wakabayashi K: Abnormal tau deposition in neurons, but not in glial cells in the cerebral tissue surrounding arteriovenous malformation. Neuropathology Aug 17, 2011. [Epub ahead of print]

 

9.Haga R, Miki Y, Funamizu Y, Kon T, Suzuki C, Ueno T, Nishijima H, Arai A, Tomiyama M, Shimazaki H, Takiyama Y, Baba M: Novel compound heterozygous mutations of the SACS gene in autosomal recessive spastic ataxia of Charlevoix-Saguenay. Clin Neurol Neurosurg Dec 30, 2011. [Epub ahead of print]

 

10. Satoh J, Yagihashi S, Baba M, Suzuki M, Arakawa A Yoshiyama T, Miyoshi S: Efficacy and safdety of pregabalin for treating neuropathic pain associated with diabetic polyneuropathy: a 13-week, randomized, double blined, placebo-controlled trial. Diabetic Medicine 28: 109-116, 2011.

 

11. Satoh J, Yagihashi S, Baba M, Suzuki M, Arakawa A, Yoshiyama T: Efficacy and safety evaluation of pregabalin in a long-term study in patients with neuropathic pain associated with diabetic peripheral neuropathy: Results of treatment extended from a Phase III double-blind placebo-controlled trial. J Diabetes Invest 2: 457-463, 2011.

 

12. Nukada H, McMoran PD, Baba M, Ogasawara S, Yagihashi S: Increased susceptibility to ischemia and macrophage activation inSTZ-diabetic rat nerve. Brain Res 1373: 172-82, 2011.

 

13. Sugimoto K, Kojima K, Baba M, Yasujima M: Olmesartan ameliorates peripheral nerve dysfunction in Zucker diabetic fatty rats. J Hypertension 29: 1337-46, 2011.

 

14. Mori F, Miki Y, Tanji K, Ogura E, Yagihashi N, Jensen PH, Wakabayashi K. Incipient intra- nuclear inclusion body disease in a 78-year-old woman. Neuropathology 31: 188-93. 2011.

 

15. Mori F, Tanji K, Miki Y, Nishijima H, Baba M, Kurotaki H, Wakabayashi K: Status epilepticus presenting with extensive axonal swelling in the cerebral cortex and hippocampus. Neuropath Appl Neurobiol  Oct 12, 2011. [Epub ahead of print]

 

16. Migita K, Tomiyama M, Yamada J, Fukuzawa M, Kanematsu T, Hirata M, Ueno S. Phenotypes of pain behavior in phospholipase C-related but catalytically inactive protein type 1 knockout mice. Mol Pain18:7:79, 2011.

 

17. Zhu G, Yoshida S, Migita K, Yamada J, Mori F, Tomiyama M, Wakabayashi K, Kanematsu T, Hirata M, Kaneko S, Ueno S, Okada M. Dysfunction of extrasynaptic GABAergic transmission in PRIP-1 KO mice is associated with an epilepsy phenotype. J Pharmacol Exp Ther Nov 29. 2011. [Epub ahead of print]

 

18. Yokoseki A, Ishihara T, Koyama A, Shiga A, Yamada M, Suzuki C, Sekijima Y, Maruta K, Tsuchiya M, Date H, Sato T, Tada M, Ikeuchi T. Genotype-phenotype correlations in early onset ataxia with ocular motor apraxia and hypoalbuminaemia. Brain 134: 1387-99, 2011.

 

19. Shimazaki H, Takiyama Y, Honda J, Sakoe K, Namekawa M, Tsugawa J, Tsuboi Y, Suzuki C, Baba M, Nakano I.: Middle Cerebellar Peduncles and Pontine T2 Hypointensities in ARSACS. J Neuroimaging  In Press.

 

【和文原著】

20. 鈴木千恵子,冨山誠彦,瓦林 毅,馬場正之,東海林幹夫: Interferon β-1b皮下注射針のちがいによる検討.27ゲージ針と30ゲージ針の比較.神経内科 74:509-511, 2011.

 

21. 羽賀理恵,鈴木千恵子,馬場正之:手根管症候群にみられた二峰性感覚電位.神経内科 74:321-323, 2011

 

22.額田 均,馬場正之,小笠原早織,McMorran Denis,八木橋操六:自然発症高血圧ラットにおける末梢神経障害.末梢神経 22: 153-155, 2011.

 

23.水上浩哉,高橋一徳,杉本一博,馬場正之,八木橋操六:自家脂肪織由来間葉系細胞の慢性糖尿病ラット胃腸障害に対する移植効果.末梢神経 22:204-205, 2011.

 

【和文総説、その他】

24. 馬場正之,冨山誠彦,阿部隆志,前田哲也:北東北パーキンソン病座談会.ファーマメディカ 29:143-149, 2011.

 

25.馬場正之: 糖尿病性神経障害の分類と徴候.月刊糖尿病3(3): 41-50, 2011.

 

26. 馬場正之: 糖尿病神経障害の診断ポイント.メディカルビューポイント32: 1-2, 2011.

 

27. 馬場正之: 糖尿病神経系障害みえる化シート.糖尿病ケア98(増刊号):144‐147, 2011.

 

28.馬場正之: 糖尿病神経障害の症候論.メディカルトリビューン 44(49):28, 2011

 

29.馬場正之: 重症低血糖の脳障害.糖尿病診療マスター 9(6): 609-13, 2011.

 

30.馬場正之: 有痛性神経障害の治療.クリニシャン 58: 1341-1345, 2011.

 

31.鈴木千恵子,馬場正之:末梢神経障害の見方.メディチーナ 48: 1401-1404, 2011.

 

32.新井 陽,馬場正之:下肢の痛みとしびれの診断の進め方.脊椎脊髄ジャーナル 24:

379-384, 2011.

 

33.冨山誠彦,小山慶信: 若年発症パーキンソン病と診断されていた症例.Frontier in Parkinson Disease 4: 80-84, 2011.

 

34. 冨山誠彦.パーキンソン病薬:アデノシンA2A受容体阻害薬.Clinical Neuroscience 29: 578-579, 2011.

 

35.馬場正之: 多発性神経障害の症候論.糖尿病合併症,印刷中.

 

36.馬場正之:糖尿病神経障害.薬物療法の現状と限界.月刊糖尿病,印刷中.

 

37.馬場正之:糖尿病神経障害における最新治療動向.日本臨床,印刷中.

 

38.馬場正之:有痛性糖尿病ニューロパシー.ペインクリニック,印刷中.

 

【著 書】

39.馬場正之: ナフジガー症候群. 福井次矢,辻省二編「症候群ハンドブック」p46, 2011.

 

40.鈴木千恵子: デジェリーヌ・クルンプケ症候群.福井次矢,辻省二編「症候群ハンドブック」p47, 2011.

 

41. 鈴木千恵子: デュシェンヌ・エルプ症候群.福井次矢,辻省二編「症候群ハンドブック」p48, 2011.

 

42.新井 陽:モーバン症候群.福井次矢,辻省二編「症候群ハンドブック」p116, 2011.

 

43.馬場正之: 神経筋疾患の電気生理学検査.杉本恒明,矢崎義雄編;内科書,朝倉書店,印刷中.

 

44.馬場正之: Thalamic pain.今日の治療指針,2012版,医学書院,印刷中.

 

45.馬場正之: 神経障害.日本糖尿病学会編;糖尿病研修ガイドブック 改訂第5版」,診断と治療社,印刷中.

 

46.馬場正之: 電気生理で捉える糖尿病神経障害.糖尿病学の進歩2012,印刷中.

 

47.馬場正之: タリウム中毒.今日の神経疾患治療指針 第2版,医学書院,印刷中.

 

48.馬場正之: 感覚障害. 今日の神経疾患治療指針 第2版,医学書院,印刷中. 

 

49.馬場正之: 糖尿病神経障害の疾患概念と症候学.糖尿病神経障害のすべて,中山書店,印刷中.

 

【その他】

50.馬場正之: 本邦の定量的EMGことはじめの頃. SFEMG/QEMG 2010 Kobe記念誌,p20-21, 2011.

 

 

学会発表

 

【国際学会】一般演題

6th  International  Symposium on the diabetic foot. May 10-13, 2011, Amsterdam, Holland

○ Baba M, Suzuki C, Arai A, Miki Y, Nishijima H, Haga R, Ueno T, Kon T, Funamizu Y, Tomiyama M: Extensor digitorum brevis muscle atrophy in diabetic patients. 

 

15th International Congress of Parkinson’s Disease and Movement Disorders. June 6, 2011, Toronto, Canada.

 

○Tomiyama M, Ueno T, Haga R, Nishijima H, Suzuki C, Sugimoto K, Baba M: Differences in epidermal nerve fiber density between Parkinson’s disease and multiple sytem atrophy.

 

○Nishijima H, Arai A, Meguro R, Yamada J, Migita K, Ichinohe N, Baba M, Ueno S, Tomiyama M:Differences in density and size of dendritic spines in the striatum of a rat model of L-DOPA-induced dyskineisas.

 

 

Bi-annual meeting of the Peripheral Nerve Society, June 25-29,  Washington DC

○ Baba M, Suzuki C, Arai A, Nishijima H, Miki Y, Tomiyama M: Loss of pin-prick sense revealed by a wooden cooking stick: correlation with nerve conduction abnormalities in diabetic patients.

 

○Mizukami H, Takahashi K, Sugimoto K, Baba M, Yagihashi S: Effects of transplantation with adipose-tissue-derived mesenchymal stem cells on experimental diabetic autonomic neuropathy in chronic streptozotocin diabetic rats.

 

○ Yagihashi S, Yasuda H, Sasaki H, Deguchi T, Aso Y, Sugimoto K, Baba M: Prevalence and clinical staging of diabetic polyneuropathy and its risk factors in Japanese diabetic patients. Validation by electrophysiology and skin biopsy.

 

Neurodiab Meeting:  Satellite symposium, 27th meeting of the European Association for the Study of Diabetes, September 8-11, 2011, Port, Portugal

○ M. Baba, C. Suzuki, M. Tomiyama, Akira Arai, Y. Miki, H. Nishijima, T. Ueno, R.Haga:  Carpal tunnel stress on diabetic nerve.

 

○ Nukada H, Baba M, Ogasawara S, McMorran D, Mizukami H, Yagihashi S: Hypertensive neuropathy and the impact of hypertension on diabetic neuropathy.

 

○ Yagihashi S, Sugimoto K, Murakami H, Suzuki C, Baba M: Loss of epidermal innnervation and its correlation with conduction abnormalities in non-neuropathic diabetic patients and in diabetic patients with milld neuropathy.

 

29th World Congress of Neurology, November 1317, Marrakech, Morocco

○ Baba M, Suzuki C, Miki Y, Arai M, Tomiyama M: Tibial A-wave is in vlue for diagnosis of diabetic polyneuropathy.

 

○Suzuki C, Baba M, Sugimoto K, Yagihashi S: The correlation between loss of interaepidermal nerve fiber densities (IENFD) and nerve conduction abnormalities in diabetes mellitus.

 

国内学会【特別講演】

54回日本糖尿病学会、5月19日~21日、札幌市

○ 馬場正之:教育講演.糖尿病性神経障害における神経伝導検査のありかた:電気生理的重症度分類とその考え方.

 

8回 日本臨床神経生理学会:神経筋電気診断講習会、7月2日、東京

○ 馬場正之:教育講演「神経伝導検査の原理」.

 

国内学会【シンポジウム、ワークショップ】

52回日本神経学会,518日~20日,名古屋市

○ 馬場正之,牛田隆宏:シンポジウム痛みの最新の病態と治療.

 

22回日本末梢神経学会,923日,沖縄県那覇市

○ 額田 均,馬場正之:「シンポジウム糖尿病ニューロパチー」自然発症高血圧ラットにおける末梢神経障害.

 

27回糖尿病合併症学会、10月7日-8日、埼玉県大宮市

○ 馬場正之: シンポジウム「糖尿病神経障害」症候学的考察.

 

○ 馬場正之:ワークショップ「糖尿病性神経障害」 糖尿病患者の手根管部伝導異常.

 

第41回日本臨床神経生理学会、11月10日―12日、静岡市

ワークショップ:問題症例の検討―筋電図・神経伝導

○鈴木千恵子:γグロブリン大量静注療法が奏功した末梢神経障害の兄弟例.

 

国内学会 一般演題】

54回日本糖尿病学会総会 平成235月19日―21日,札幌

○ 額田 均,馬場正之,Denis McMorran,小笠原早織,八木橋操六:STZ糖尿病神経の神経内鞘マクロファージ活性化と虚血に対する形態学的脆弱性.

 

○ 水上浩哉,高橋一徳,稲葉 渉,杉本一博,馬場正之,八木橋操六:自家脂肪織由来間葉系幹細胞移植による実験的糖尿病胃腸障害改善効果.

 

○ 杉本一博,馬場正之,八木橋操六,保嶋 実:血糖値に影響を与えない少量のインスリン投与がSTZ糖尿病ラットの末梢神経インスリンシグナルに与える影響.

 

第52回日本神経学会総会、5月18日―20日,名古屋

○ 冨山誠彦,三木康生,羽賀理恵,上野達哉,西嶌春生,今 智矢,船水章央,新井 陽,鈴木千恵子,馬場正之,若林孝一:パーキンソン病の診断に皮膚生検は有用か?

 

○西嶌春生,冨山誠彦,今 智矢,船水章央,上野達哉,羽賀理恵,三木康生,新井 陽:レボドパ誘発ジスキネジアモデルラットにおける線条体神経細胞樹状突起上のスパインの形態変化.

 

○ 三木康生,森文秋,丹治邦和,柿田明美,冨山誠彦,馬場正之,若林孝一:ヒストン脱アセチル化酵素6の蓄積はレビー小体およびグリア細胞質内封入体に特異的である.

 

○ 馬場正之、鈴木千恵子、新井 陽、三木康生、木村珠喜、布村仁一、冨山誠彦: 糖尿病患者の潜在性手根管症候群.

 

○ 鈴木千恵子,上野達哉,羽賀理恵,西嶌春生,三木康生,冨山誠彦,馬場正之,杉本一博,八木橋操六:糖尿病患者における皮膚無髄感覚神経線維密度と神経伝導検査との相関.

 

○ 船水章央,今 智矢,羽賀理恵,上野達哉,西嶌春生,三木康生,新井 陽,鈴木千恵子,冨山誠彦,馬場正之:青森県におけるパーキンソン病患者の診療状況.

 

52回日本神経病理学会総会,624日,京都市

○今智矢、森文秋、丹治邦和、三木康生、馬場正之、梅原豊、黒滝日出一、若林孝一:動静脈奇形の周囲脳組織にリン酸化タウの蓄積を認めた1剖検例.

 

第26回日本大脳基底核研究会,7月2日,箱根

○西嶌春生、上野達哉、新井陽、山田順子、上野伸哉、馬場正之、冨山誠彦:レボドパ誘発ジスキネジアモデルラットにおける線条体神経細胞樹状突起上のスパインの形態変化.

 

36回日本脳卒中学会総会,730日―81日,京都市

○鈴木千恵子、上野達哉、羽賀理恵、西嶌春生、三木康生、新井陽、冨山誠彦、馬場正之:初診時の診断が脳梗塞であった症例に含まれる てんかん性失語の頻度とその臨床的特徴.

 

○今智矢、船水章央、上野達哉、羽賀理恵、西嶌春生、三木康生、新井陽、鈴木千恵子、冨山誠彦、馬場正之: 体幹にレベルを有する感覚障害を呈した延髄外側梗塞2症例の検討.

 

第17回糖尿病性神経障害を考える会、8月26日―27日,東京

○ 馬場正之:特別発言:糖尿病神経障害における電気生理学的進行度.

 

22回日本末梢神経学会,923日,沖縄県那覇市

○ 水上浩哉、高橋一徳、杉本一博、馬場正之、八木橋操六:自家脂肪織由来間葉系幹細胞の慢性糖尿病ラット胃腸障害に対する移植効果.

 

88回日本神経学会東北地方会,910日(土)盛岡市

○ 三木康生,今 智矢,船水章央,上野達哉,羽賀理恵,西嶌春生,新井 陽,木村珠喜,鈴木千恵子,冨山誠彦,馬場正之:抗Hu抗体,抗GluRε2抗体ががともに陽性であった辺縁系脳炎の1例.

 

○ 今 智矢,船水章央,上野達哉,羽賀理恵,西嶌春生,三木康生,新井 陽,木村珠喜,鈴木千恵子,冨山誠彦,馬場正之:末梢神経,神経根,脳神経に浸潤をきたしたneurolymphomatosisの1例.

 

第34回日本神経科学大会,9月17日(土),横浜市

○Nishijima H, Tomiyama M, Arai A, Meguro R, Yamada J, Migita K, Ichinohe N, Ueno S.: Morphologic changes of spines in the striatum of a rat model of L-DOPA-induced dyskinesis.

 

第5回パーキンソン病運動障害疾患コングレス,10月6-7日,東京

 

○鈴木千恵子、羽賀理恵、上野達哉、西嶌春生、三木康生、新井陽、冨山誠彦、馬場正之:

Fecaloma(便塊)により両側水腎症と深部静脈血栓症をきたした多系統萎縮症の1例.

 

○三木康生、冨山誠彦、羽賀理恵、西嶌春生、鈴木千恵子、馬場正之、瀧山嘉久:6歳で足の変形に気づき、進行性に歩行障害を呈した1例.

 

○西嶌春生,冨山誠彦,今智矢,船水章央,上野達哉,羽賀理恵,三木康生,新井陽,木村珠喜,鈴木千恵子,山田順子,上野伸哉,馬場正之:レボドパ誘発ジスキネジアモデルラットにおける線条体神経細胞樹状突起上のスパインの形態変化.

 

第25回日本糖尿病合併症学会総会、10月22日-23日、滋賀県大津市

○ 馬場正之、村上千恵子、羽賀理恵、新井 陽、西嶌春生、三木康生、冨山誠彦、友常 健、川嶋詳子、田澤康明、小川吉司: 足部痛覚低下糖尿病患者の下肢末梢神経伝導変化.

 

○ 八木橋操六、杉本一博、安田 斎、佐々木秀行、出口尚寿、中村二郎、麻生好正、佐藤 譲、馬場正之: 糖尿病性多発神経障害の臨床分類の疫学調査および進行期神経障害への危険因子の検討。全国多施設共同研究から.

 

○ 水上浩哉、高橋一徳、杉本一博、馬場正之、八木橋操六: 糖尿病ラットにおける糖尿病性胃腸症は自家脂肪織由来間葉系幹細胞移植により改善する.

 

第18回東北神経病理研究会,10月29日,秋田市

○三木康生, 冨山誠彦、今智矢、羽賀理恵、西嶌春生、鈴木千恵子、馬場正之、川口奉洋、西嶌美知春、緑川宏、三戸聖也、黒滝日出一、若林孝一:動脈瘤を形成せずくも膜下出血を呈した侵襲性アスペルギルス血管炎の1剖検例.

 

○今智矢,森文秋,木村珠喜,三木康生,丹治邦和,若林孝一:重症筋無力症と胸腺腫を合併した巨細胞性多発性筋炎・心筋炎の1剖検例.

 

第16回日本神経感染症学会総会,11月5日,東京

○三木康生、冨山誠彦、今智矢、羽賀理恵、西嶌春生、鈴木千恵子、馬場正之、川口奉洋、西嶌美知春、緑川宏、三戸聖也、黒滝日出一、若林孝一:動脈瘤を形成せずくも膜下出血を呈した侵襲性アスペルギルス血管炎の1剖検例.

 

第41回日本臨床神経生理学会,2011年11月10-12日,静岡市

○鈴木千恵子、上野達哉、羽賀理恵、西嶌春生、三木康生、新井陽、冨山誠彦、馬場正之、

杉本一博: 2型糖尿病患者における皮膚無髄感覚神経線維密度と神経伝導との相関.

 

[地域研究会・セミナーでの講演]

エフピー社内勉強会,1月14日(金),青森市

○冨山誠彦:青森県における神経内科医療事情について.

 

平成22年度自治体病院職員研究発表会,114日(金),青森市

○ 三木康生,冨山誠彦,森文秋,鈴木千恵子,若林孝一,馬場正之:パーキンソン病の診断における生検皮膚の有用性について

 

第9回 青森県脳卒中フォーラム,3月5日(土),青森市

○鈴木千恵子 上野達哉 羽賀理恵 西嶌春生 三木康生 新井陽 冨山誠彦 馬場正之:初診時の診断が脳梗塞であった症例に含まれる てんかん性失語の頻度とその臨床的特徴.

 

ノバルティス社内勉強会,3月7日(月),青森市

○冨山誠彦.アルツハイマー病とその他の認知症.

 

川崎市糖尿病研究会, 38(),川崎市

○ 馬場正之:糖尿病神経障害のup to date. 

 

青森けんみん公開講座「脳卒中」,49(),青森市

○ 冨山誠彦:こんな症状が出た時には脳卒中?

 

むつ市医師会講演会, 422日(金),むつ市

○ 馬場正之:神経障害性疼痛の最新治療.

 

グラクソスミスクライン社内研修会,5月21日(土),八戸市

○冨山誠彦:パーキンソン病治療 最新の話題. 

 

2回青森パーキンソン病治療懇話会,527日(金),青森市

○ 船水章央:青森県におけるパーキンソン病治療の実態.

 

沼津糖尿病療養指導講習会,611日(土),沼津市

○ 馬場正之:神経障害性神経障害での足の診方.

 

弘前糖尿病研究会,615日(水),弘前市

○ 馬場正之:糖尿病神経障害:外来での診断法と最新の治療.

 

青森市パーキンソン病勉強会,6月20日(月),青森市

○冨山誠彦.神経難病疾患患者診療の現状・パーキンソン病治療の最近の進歩

 

3回長岡DM関連疾患研究会,630日(木),長岡市

○ 馬場正之:糖尿病性神経障害の診断と治療.

 

39回青森市神経治療懇話会 74日(月),青森市

○ 今 智矢:明日から役立つ頭痛診療のポイント.

 

青森市学術講演会,77日(木),青森市

○ 馬場正之:末梢神経障害性疼痛の診断と治療.

 

17回青函神経疾患フォーラム 79日(土),函館市

○ 三木康生,冨山誠彦,今 智矢,船水章央,上野達哉,羽賀理恵,西嶌春生,新井 陽,木村珠喜,村上千恵子,馬場正之:動脈瘤を形成せずくも膜下出血を来たした侵襲性アスペルギルス血管炎の1剖検例.

 

3回青森市免疫性神経・筋疾患研究会 714日(木),青森市

○船水章央:青森県の重症筋無力症の診療状況について.

 

糖尿病性神経障害懇話会,716日(土),立川市

○ 馬場正之:糖尿病性神経障害の診断と治療:最新の知見から.

 

東北大筋電図講習会, 719日(火),仙台市

○ 馬場正之:神経筋疾患の筋電図診断.

 

秋田ストローク研究会,7月20日(水),秋田市

○冨山誠彦.皮膚から眺めたパーキンソン病.

 

福井県内科医会学術講演会,723日(土),福井市

○ 馬場正之:糖尿病神経障害の診断と治療.

 

289回八戸脳卒中研究会、726日(火),八戸市

○ 馬場正之: 脳とその周辺の炎症性疾患.

 

2回岩手生活習慣病フォーラム.85日(金),盛岡市.

○ 馬場正之:糖尿病神経障害.外来での診断法.

 

39回青森県自治体医学会,817日(土),青森市.

○  上野達哉:超急性期脳梗塞治療に関する啓蒙活動についての考察.脳卒中市民公開講座から.

 

5回長崎県央糖尿病合併症研究会,825日(木),長崎県諫早市

○ 馬場正之:糖尿病神経障害:外来でできる診断法を中心に.

 

青森脊髄末梢神経筋疾患懇話会,826日(金),青森市

○冨樫尚彦:徐雪後の手掌部圧迫性神経障害

 

大塚製薬社内勉強会,9月1日 青森市

○  冨山誠彦.脳卒中の救急医療体制について.

 

上十三医師会学術講演会,9月5日(月),十和田市

○冨山誠彦:青森県の神経難病診療における問題点と地域連携の可能性.

 

2回千葉市糖尿病と合併症を考える会,9月6日(火),千葉市

○  馬場正之:糖尿病神経障害:外来での診断と対策.

 

青森地域医療連携勉強会,913日(火),青森市

○冨山誠彦.TIAの診断と対処法.

 

1回北東北・道南神経筋電気診断セミナー,101日(土),青森市

○  馬場正之: 神経伝導検査の原理と考え方

○  馬場正之: 所見解釈とケーススタディ

○  村上千恵子: 伝導検査実技指導ハンズオン

○  新井 陽: 伝導検査実技指導ハンズオン

 

14回横浜セミナー脳と心を考える,1011日(火),横浜市

○ 馬場正之:糖尿病性ニューロパチーのしびれと痛み.

 

2回岩手地域連携セミナー,1018日(火),盛岡市

○ 馬場正之:神経内科領域の地域連携.

 

40回青森市神経治療懇話会,1031日(月),青森市

○船水章央:認知症について~当院症例を含めた検討~

 

リリカWebシンポジウム糖尿病治療のCureCare1122日(火),東京

○ 馬場正之:神経障害性神経障害の診断と治療のコツ.

 

平成23年度自治体病院職員研究等の顕彰及び発表会11月25日(木),青森市

○西嶌春生:Venous Cerebral Infarction in a Patient with Peripheral Hemodialysis Shunt and Occlusion of the Left Brachiocephalic Vein.

 

川崎市医師会講演会,12月1日(木),川崎市

○ 馬場正之:有痛性糖尿病性神経障害の診断と治療.

 

東京都臨床検査技師会講習会,123日(土),東京都

○ 馬場正之:糖尿病神経障害の臨床徴候.

○ 馬場正之:糖尿病神経障害における電気診断の考え方.

 

Ranirestat研究会,124日(日),東京.

○ 馬場正之:神経伝導検査のポイント.

 

[TV出演,その他]

○馬場正之:ATVテレビ診察室:脳卒中とは.5月7日(土).

○冨山誠彦:ATVテレビ診察室:脳卒中の急性期治療.5月21日(土).

○冨山誠彦:FM青森 ヤクルトヘルシーモーニング「脳卒中」.9月5日(月)~8日(木).

 

[主催・共催研究会]

○青森多発性硬化症セミナー 2月25日(金)

○第2回動画で診る神経症候研究会 3月5日(土)

○けんみん公開講座 【脳卒中:1分が分けるあなたの運命】 4月9日(土)

○青森てんかん治療懇話会 4月18日(月)

○第2回青森パーキンソン病治療懇話会 5月27日(金)

○青森市神経内科座談会 6月9日(木)

○第3回青森パーキンソン病学術講演会 6月17日(金)

○第3回青森市免疫性神経筋疾患研究会 7月14日(木)

○第2回青森MS懇話会 7月21日(木)

○第2回パーキンソン病青森市民公開講座 8月28日(日)

○第1回 北東北・道南神経筋電気診断技術セミナー 10月1日(土)

○第2回まるめろ脳神経セミナー 10月22日(土)

○パーキンソン病非運動症状勉強会 10月28日(金)

○認知症治療を考える会 11月21日(月)

○第3回青森ブレインハートセミナー12月2日(金)

○第1回あおもり痙縮コアミィーティング 12月9日(金)

 

[院内発表]

平成22年度第4回CPC・第6回院内症例検討会, 1月26日(水).

○西嶌春生,村上千恵子,今智矢,船水章央,上野達哉,羽賀理恵,三木康生,新井陽,冨山誠彦,馬場正之:慢性炎症性脱髄性多発根神経炎と筋萎縮性側索硬化症を合併した1剖検例. 

 

平成23年度第2回院内CPC622日(水).

○ 三木康生:抗Hu抗体,抗GluRε2抗体ががともに陽性であった辺縁系脳炎の1例.

 

青森県立中央病院9階西病棟勉強会,7月5日(火).

○西嶌春生:rtPA静注による急性期脳梗塞治療.

 

青森県立中央病院初期研修医勉強会,7月7日(木).

○西嶌春生:「めまい」の診断から治療までー青森県立中央病院SCUでの経験からー.

 

青森県立中央病院救急部勉強会,7月8日(金).

○西嶌春生:rtPA静注による急性期脳梗塞治療.

 

 

[表彰]

平成23年度成績優秀学生 (弘前大学大学院学生,医学研究科医科学専攻),8月1日(月) 

○西嶌春生:弘前大学事務局3階大会議室

 

平成23年度自治体病院職員研究等の顕彰.研究テーマ:11月25日(金)

○西嶌春生:Venous Cerebral Infarction in a Patient with Peripheral Hemodialysis Shunt and Occlusion of the Left Brachiocephalic Vein.

Author: Categories: 研究日記 Tags:

第23回ITB療法講習会

2月 17th, 2012

ITB療法講習会に参加してきました。ITBとは、ギャバロン髄注療法のことで、四肢の痙性やつっぱりに対するあたらしい治療です。神経内科には、様々な病気のせいで足がつっぱってしまい 歩行困難となっている方がたくさんいらっしゃいます。このような患者さんに対してこれまでは内服治療しか方法はなく、治療にも限界がありましたが、ITBは痙性をとるということについては劇的な効果がのぞめる画期的な治療です。全国から関連する科(脳神経外科、整形外科、神経内科、小児科、リハビリテーション科)の医師がたくさん参加されており、関心の高さをうかがわせました。今回私は、埋め込んだポンプ内の薬液を交換するという手技のハンズオンの講師をつとめさせていただきました。やや緊張しましたが、前日に復習していったかいあり、なんとか無事終了することができたと思います。ITBという新しい治療の適応をみきわめながら、徐々に治療をうけられる患者さんがふえればよいなと思いました。(村上)

Author: Categories: 診療日記 Tags:

論文発表 Clinical Neurology and Neurosurgery

2月 10th, 2012

羽賀先生の論文がClinical Neurology and Neurosurgery誌に論文がacceptされました。

Novel compound heterozygous mutations of the SACS gene in autosomal recessive spastic ataxia of Charlevoix-Saguenay.

Clin Neurol Neurosurg. 2011 Dec 30. [Epub ahead of print]

Haga R, Miki Y, Funamizu Y, Kon T, Suzuki C, Ueno T, Nishijima H, Arai A, Tomiyama M, Shimazaki H, Takiyama Y, Baba M.

 

本例は2歳で発症、神経学所には小脳失調症状、上肢遠位筋と下肢の筋力低下、萎縮、下肢の筋トーヌス亢進、振動覚の軽度低下、錐体路徴候を認めた。頭頚部MRIで小脳、脊髄萎縮あり。神経伝導検査で末梢神経障害あり。さらに、腓腹神経生検ではびまん性の有髄神経線維の脱落を認めた。遺伝子検査にてSACS遺伝子のexon6とexon10に新規遺伝子変異を確認し、autosomal recessive spastic ataxia of Charlevoix-Saguenay(ARSACS)と診断した。古典例のほとんどはexon10の単独変異であるが、本症例はexon10の変異に加えてexon6にストップコドンが生成されるナンセンス変異が認められた。exon6の変異はARSACS症候群として初めての報告であった。

Author: Categories: 研究日記 Tags: