Archive

Archive for the ‘研究日記’ Category

2016年 神経内科業績

9月 3rd, 2017

2016年 

 

論文

【欧文原著】

Nishijima H, Kon T, Ueno T, Haga R, Yamazaki K, Yagihashi K, Funamizu Y, Arai A, Suzuki C, Nunomura J, Baba M, Tomiyama M. Effect of educational television commercial on pre-hospital delay in patients with ischemic stroke. Neurol Sci 37:105-9, 2016.

 

Nishijima H, Ueno T, Ueno S, Tomiyama M. Duloxetine increases the effects of levodopa in a rat model of Parkinson’s disease. Neurol Clin Neurosci 4: 129-133, 2016.

 

Nishijima H, Ueno T, Ueno S, Mori F, Miki Y, Tomiyama M. Levodopa-Induced Morphologic Changes of Prefrontal Pyramidal Tract-Type Neurons in a Rat Model of Parkinson’s Disease. Neurosci Res.115: 54-58, 2017.

Nishijima H, Tomiyama M. What mechanisms are responsible for the reuptake of levodopa-derived dopamine in parkinsonian striatum? Front Neurosci. 10: 575, 2016.

 

Suzuki C, Kon T, Funamizu Y, Ueno T, Haga R, Nishijima H, Arai A, Tomiyama M, Baba M. Elevated pain threshold in patients with asymptomatic diabetic neuropathy: an intraepidermal electrical stimulation study. Muscle Nerve 54:146-9, 2016.

 

Nukada H, Baba M, Ogasawara S, McMorran D, Yagihashi S. Neuropathy in the spontaneously hypertensive rat: An electrophysiological and histological study. Muscle Nerve. 54: 756-62, 2016.

 

Ueno T, Nishijima H, Funamizu Y, Kon T, Haga R, Arai A, Suzuki C, Nunomura J,  Baba M, Midorikawa H, Tomiyama M. Intramedullary spinal cord abscess associated with spinal dural arteriovenous fistula. J Neurol Sci 368:94-96, 2016.

Ueno T, Nishijima H, Arai A, Tomiyama M. Acute hemorrhagic cerebellar infarction presenting with isolated head titubation. J Neurol Sci. 372: 456-458, 2017.

 

Ueno T, Nishijima H, Haga R, Tomiyama M. Central skull base osteomyelitis involving cavernous sinus and meninges of the skull base: Successful treatment with antibiotic and antifungal combination therapy. Clin Neurol Neurosurg. 150: 190-193, 2016.

 

Ueno T, Nishijima H, Kurotaki H, Kurose A, Tomiyama M. An unusual case of chronic meningitis due to histiocytic sarcoma of the central nervous system with meningeal dissemination. Neurol Sci.37: 1875-1877, 2016.

 

Kobori M, Yagihashi S, Shiina N, Shiozawa N, Haginoya A, Ojima M, Douguchi S, Tamasawa A, Saito M, Baba M, Osonoi T: Four year sequential nerve conduction changes since first visit in Japanese patients with early type 2 diabetes. J Diabetes Investig 8: 369-376, 2017.

 

Kon T, Funamizu Y, Ueno T, Haga R, Nishijima H, Arai A, Suzuki C, Nunomura J, Baba M, Tomiyama M: Dermatomal sensory manifestations in Opalski syndrome.

J Stroke Cerebrovasc Dis. 26: e18-19, 2017.

Nakamura K, Mori F, Kon T, Tanji K, Miki Y, Tomiyama M, Kurotaki H, Toyoshima Y, Kakita A, Takahashi H, Yamada M, Wakabayashi K. Accumulation of phosphorylated α-synuclein in subpial and periventricular astrocytes in multiple system atrophy of long duration. Neuropathology. 36: 157-67, 2016.

 

【和文原著】

尾﨑勇、神成一哉、馬場正之:パーキンソン病と農薬ばく露に関するアンケート調査.青森県立保健大学雑誌 16:31-36, 2016.

 

西嶌春生,太田香純,鈴木友香理,船水章央,今智矢,上野達哉,羽賀理恵,新井陽,鈴木千恵子,布村仁一,馬場正之,冨山誠彦.ステロイド,免疫グロブリン大量静注,及びタクロリムスの併用療法が奏功した抗SRP抗体陽性壊死性ミオパチーの一例.青森県立中央病院医誌.61: 75-79, 2016.

 

高林杏奈,船水章央,西嶌春生,布村仁一,今智矢,上野達哉,羽賀理恵,新井陽,鈴木千恵子,馬場正之,冨山誠彦.抗利尿ホルモン不適合分泌症候群を呈した抗アクアポリン4抗体陽性視神経脊髄炎関連疾患の一例.青森県立中央病院医誌.61: 109-113, 2016.

 

新井陽:第43回青森市医療最前線「青森市認知症ケアパス」青森医師会報 2016年4月号(第556号)

 

【和文総説、その他】

馬場正之:糖尿病神経障害の神経伝導検査、自律神経機能検査. 日本臨床 74(増刊1号): 413-17, 2016.

 

馬場正之、鈴木千恵子: 糖尿病神経障害の診断と治療. 診断と治療 104S: 150-155, 2016.

 

馬場正之: ベッドサイドでの糖尿病神経障害の臨床的診断. 月刊糖尿病8: 22-28, 2016.

 

馬場正之: 手のシビレの初期対応. メディカルプラクティス33: 1641, 2016.

 

馬場正之、鈴木千恵子、小川吉司: 糖尿病性神経障害に伴う突然死. 臨床神経生理学、印刷中、2016.

 

冨山誠彦: イストラデフィリン. 脳21 19: 392 -395, 2016.

 

冨山誠彦:遅発性ジスキネジア. 今日の臨床サポート.

 

大熊泰之, 前田哲也, 永井将弘, 冨山誠彦, 斎木英資: MDS2015からみる今後のパーキンソン病領域の基礎臨床の方向性. MDS記録集.

 

【著 書】

馬場正之: 糖尿病神経障害.日本糖尿病学会編「糖尿病診療ガイドライン2016」, 南江堂、p221-232, 2016.

 

馬場正之: 多発ニューロパチー.土屋弘行、紺野慎一ほか編「今日の整形外科治療指針」第7版、医学書院、p289-290.

 

馬場正之: 糖尿病神経障害.土屋弘行、紺野慎一ほか「今日の整形外科治療指針」第7版、医学書院、p291-292.

 

馬場正之: 糖尿病神経障害の診断と病期診断のすすめかた. 岩本安彦編「糖尿病診療Q&A」中山書店、印刷中。

 

馬場正之: 糖尿病神経障害. 日本糖尿病学会編「糖尿病専門医研修ガイドブック」 改訂第7版、日本糖尿病学会、印刷中.

 

 

学会発表

 

[国際学会]特別講演

 

済南神経学術交流会618日、済南市、中華人民共和国

Baba M: New physiologic markers for diagnosis of diabetic neuropathy.

 

Mirogabalin Life Cycle Management Advisory Board Meeting, July 15-16, 

New Arc, NJ, USA.

Baba M: Discussion on Mirogabalin Phase 2 data (DPNP U201/J202).

 

Grobal Mirogabalin Steering Committee Meeting, Sep 25, Yokohama.

Baba M: Mirogabalin Global Publication Plan.

 

 

【国際学会】一般演題

 

20th International Congress OF Parkinson’s Disease and Movement Disorders, June 19-23, 2016, Berlin, Germany.

Tomiyama M, Nishijima H, Ueno T, Funamizu Y, Kon T, Haga R, Arai A, Suzuki C, Nunomura J, Baba M: Duloxetine, a serotonin and norepinephrine reuptake inhibitor, reduces daily OFF time in Parkinson’s Disease

 

27th Annual Meeting of the Diabetic Neuropathy Study Group of the EASD    

Sep 8-11, Bucharest, Romania

Baba M, Suzuki C, Ogawa Y, Tomiyama Y: Occurrence of diabetic foot by NCS-  severity of diabetic neuropathy: A 5-year prospective observation.

 

16th World Congress on Pain, Sep 2630, Yokohama, Japan

Matsui N, Kuroha M, Kakehi Y, Murayama E, Wasaki Y, Ohwada S, Kato J, Baba M:   Mirogabalin in Asian patients with diabetic peripheral Nneuropathic pain or postherpetic neuralgia: Two Phase 3, randomized, double-blind, placebo- controlled clinical studies.

 

Inflammatory Neuropathy Consortium 2016, June 22-24, 2016, Glasgow, UK.

Suzuki C, Kon T, Funamizu Y, Ueno T, Haga R, Nishijima H, Arai A, Nunomura J, Tomiyama M, Baba M, Yagihashi S, Mizukami H. Loss of intraepidermal nerve fibers in Guillain- Barre syndrome

 

国内学会【特別講演】

 

50回糖尿病学の進歩.219日-20日,東京

馬場正之:シンポジウム「電気生理学的検査から見た糖尿病神経障害の進展機序」

 

59回日本糖尿病学会,520日.大阪市

馬場正之:教育講演「糖尿病足病変の診断と予防」

 

◎第57回日本神経学会学術大会,520日.神戸市

冨山誠彦:ランチョンセミナー「ジスキネジアの発現機序と対処・予防 間歇的ドパミン受容体刺激と神経可塑性」

 

鈴木千恵子:教育コース「糖尿病性神経障害」

 

◎第57回日本神経病理学会.63日,弘前市 

冨山誠彦:ランチョンセミナー「レボドパ誘発ジスキネジアの発症機序解明に向けて」

 

13回日本臨床神経生理学会 神経筋電気診断セミナー.72日-3日,東京

馬場正之:ケーススタディ「糖尿病神経障害」

 

◎第10回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス.106, 京都

上野達哉:オープニングセミナー「パーキンソン病における大脳皮質の可塑性 動物モデルにおける知見」

 

冨山誠彦:オープニングセミナー Lewy pathology in biopsied tissue: Reliable diagnostic biomarker for PD?

 

6回北東北・道南神経筋電気診断セミナー.1015日,青森市.

馬場正之: レクチャー1「広範病変か局所病変か」

馬場正之: レクチャー2「糖尿病神経障害の重症度診断と予後」

 

◎第46回日本臨床神経生理学会,1028日,郡山市.

冨山誠彦:ランチョンセミナー「大脳基底核とジスキネジア」

 

◎第34回神経治療学会総会,114日.米子市.

冨山誠彦:ランチョンセミナー 「大脳基底核とレボドパ誘発ジスキネジア」

 

 

国内学会【一般演題】

◎第97回日本神経学会東北地方会,35日,仙台市.

西嶌春生,今智矢,船水章央,上野達哉,羽賀理恵,新井陽,鈴木千恵子,布村仁一,馬場正之,冨山誠彦:ステロイド,大量γグロブリン静注療法とタクロリムスの3剤併用が奏功した抗SRP抗体陽性壊死性ミオパチーの1例.

 

高林 杏奈,船水 章央,今 智矢,上野 達哉,西嶌 春生,新井 陽,鈴木 千恵子,布村 仁一,冨山 誠彦,馬場正之:SIADHによる低ナトリウム 血症で発症したNMO spectrum disorderの一例.

 

カテコールアミンと神経疾患研究会2016423日,東京都.

西嶌春生,上野達哉,船水章央,今智矢,羽賀理恵,新井陽,鈴木千恵子,布村仁一,馬場正之,上野伸哉,冨山誠彦:デュロキセチンとレボドパの併用は進行期パーキンソン病の運動症状を改善する.

 

◎第57回日本神経学会学術大会,51821, 神戸市.

Nishijima H, Funamizu Y, Kon T, Ueno T, Haga R, Arai A, Suzuki C, Nunomura J, Baba M, Ueno S, Tomiyama M. Zonisamide enhances effects of levodopa in a rat model of Parkinson’s disease.

 

布村仁一, 今智矢、船水章央、羽賀理恵、上野達哉、西嶌春生、新井陽、鈴木千恵子、馬場正之、冨山誠彦;睡眠中に発症した脳卒中症例.

 

鈴木千恵子、今智矢、船水章央、羽賀理恵、上野達哉、西嶌春生、新井陽、鈴木千恵子、布村仁一、馬場正之、冨山誠彦:糖尿病性神経障害では自覚症状の有無で電気生理学的重症度 病理学的変化に差はない.

 

今智矢、船水章央、西嶌春生、羽賀理恵、上野達哉、新井陽、鈴木千恵子、布村仁一、馬場正之、冨山誠彦:Foix-Alajouanine症候群をきたした脊髄血管奇形の4例.

 

◎第57回日本神経病理学会総会,613日,弘前市.

今智矢、鈴木千恵子、昆博之,渡辺みか,冨山誠彦:神経内視鏡下生検で診断したErdheim-Chester病の一例.

 

98回日本神経学会東北地方会910日、山形市

海老名徹,西嶌春生,上野達哉,今智矢,船水章央,羽賀理恵,新井陽,鈴木千恵子,布村仁一,馬場正之,冨山誠彦.ステロイド治療が奏功した亜急性進行性HTLV-1関連脊髄症の1例.

 

◎第2回MDSJビデオフォーラム,9月19日,青森市.

冨山誠彦:ビデオチャレンジ 症例呈示.

 

◎平成28年度糖尿病性神経障害を考える会.924日,東京都.

鈴木千恵子:アルコール性ニューロパチー.

 

◎第28回神経免疫学会学術大会.929日,長崎市

鈴木千恵子、今智也、船水章央、上野達哉、羽賀理恵、西嶌春生、新井陽、布村仁一、馬場正之、冨山誠彦 八木橋操六 水上浩哉:ギラン・バレー症候群における表皮内神経線維密度.

 

◎第14回神経科学研究会.101日,東京都

西嶌春生,上野達哉,船水章央,今智矢,羽賀理恵,新井陽,鈴木千恵子,布村仁一,馬場正之,上野伸哉,冨山誠彦.デュロキセチンは進行期パーキンソン病の運動症状を改善する.

 

◎第10回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス.1068日,京都市

今智矢、船水章央、西嶌春生、羽賀理恵、上野達哉、新井陽、鈴木千恵子、布村仁一、馬場正之、冨山誠彦:青森県における多系統萎縮症診療実態調査.

 

上野達哉, 船水章央, 今智矢, 羽賀理恵, 西嶌春生, 新井陽, 鈴木千恵子, 馬場正之, 布村仁一,  冨山誠彦.青森県における二次医療圏別のパーキンソン病患者のQOL評価.

 

布村仁一、今智矢、船水章央、上野達哉、羽賀理恵 西嶌春生、新井陽、鈴木千恵子、馬場正之、冨山誠彦.進行性核上性麻痺と特発性正常圧水頭症の関係.

 

◎第21回日本神経感染症学会総会・学術大会.1021, 金沢市.

上野達哉 , 海老名徹, 西嶌春生, 今智矢, 船水章央, 羽賀理恵, 新井陽, 鈴木千恵子, 布村仁一, 馬場正之, 冨山誠彦.長大な脊髄病変を伴う急速進行性HTLV-1 associated myelopathyの1例.

 

46回日本臨床神経生理学会.102729郡山市.

馬場正之、鈴木千恵子、小川吉司、冨山誠彦:神経伝導検査による糖尿病神経障害の重症度分類からみた足病変・虚血性心/脳イベント発生頻度について.

 

鈴木千恵子、今智矢、船水章央、上野達哉、羽賀理恵、西嶌春生、新井陽、布村仁一、冨山誠彦:糖尿病性神経障害では自覚症状の有無で電気生理学的重症度 病理学的変化に差はない.

 

◎第34回神経治療学会総会.113日,米子市.

冨山誠彦,西嶌春生,上野達哉,船水章央,今智矢,羽賀理恵,新井陽,鈴木千恵子,布村仁一,馬場正之.デュロキセチンはパーキンソン病患者のオフ時間を短縮する.

 

◎日本難病医療ネットワーク学会.111819日,名古屋市.

藤田香央里,斎藤智恵,山内一広,冨山誠彦.青森県における神経難病受け入れに関する調査結果.

 

【研究会、セミナーなど】

 

◎茨城神経疾患カンファレンス.18日,つくば市.

冨山誠彦:ジスキネジアの発症機序とパーキンソン病進行期の治療について.

 

◎ハッピーフェイスセミナー in  城東.114日,東京.

冨山誠彦:ジスキネジアの発症機序とパーキンソン病進行期の治療について.

 

◎ハッピーフェイスセミナー in 青森.121日,青森市.

西嶌春生,冨山誠彦:パーキンソン病モデルラットにおいてゾニサミドはレボドパの効果を増強する.

 

◎青森市パーキンソン病医療スタッフ研修会.119日,青森市.

布村仁一:パーキンソン病の薬物治療.

 

◎平成27年度青森地域保健・医療・福祉包括ケアシステム推進会議.22日,青森市.

新井陽:地域で認知症をみるために.

 

◎ハッピーフェイスセミナー in  多摩.1月28日,多摩市.

冨山誠彦:ジスキネジアの発症機序とパーキンソン病進行期の治療について.

 

◎第1回 MDSJビデオフォーラムin 愛媛.214日,松山市.

冨山誠彦:What is it ?

 

◎平成27年度青森県難病指定医研修プログラム.221日,青森市.

冨山誠彦:神経筋疾患の診断等について.

 

◎ラジカットALS病診連携セミナー.227日,青森市.

鈴木千恵子:筋萎縮性側索硬化症の治療戦略.

 

◎青森市・平内町の認知症を考える会.315日,青森市.

新井陽:もの忘れ外来への紹介タイミング~現状と今後の展望~

 

◎青森県動画で学ぶ神経症候研究会.326日,青森市.

冨山誠彦:独歩できなかった48歳女性.

 

◎青森市地域連携研修会.328日,青森市

新井陽:『青森市認知症ケアパス』~認知症早期診断と医療連携への利用~

 

◎第14回 青森県脳卒中フォーラム.42日,青森市.

布村仁一;睡眠中に発症した脳卒中症例の検討.

 

◎第6回 脳卒中けんみん公開講座.49日,青森市.

冨山誠彦:あたらないのが当たり前の時代を目指して.

 

◎第8回 城南PD治療懇話会.420日,東京都.

冨山誠彦:パーキンソン病治療の問題点 ジスキネジアの発症機序について.

 

◎パーキンソン病セミナー in  和歌山.425日,和歌山市.

冨山誠彦:ジスキネジアの発症機序とパーキンソン病進行期の治療について.

 

◎おひさまクリニック さんさん会.514日,青森市.

冨山誠彦:ひょっとして認知症?

 

◎ノウリアスト発売3周年記念講演会.525日,千葉市

冨山誠彦:ジスキネジアの発症機序とパーキンソン病進行期の治療について.

 

43回 湘南糖尿病懇話会.528日,藤沢市.

馬場正之:特別講演「糖尿病神経障害の診断と治療 アップデート」

 

◎糖尿病性末梢神経障害性疼痛患者を対象としたDS-5565III相試験中間研究会.65日 東京.

鈴木千恵子:表皮内神経線維と疼痛.

 

PD Doctor’s Meeting in Aomori ホテル青森.610日,青森市.

冨山誠彦:レボドパ誘発ジスキネジアの発症機序.

 

8回 青森糖尿病合併症研究会.623日,青森市.

馬場正之:教育講演「糖尿病神経障害の評価法」

 

◎平内町地域ケア会議.624日,平内町.

新井陽:認知症をみる体制づくり~平内町~

 

◎アルツハイマー型認知症について考える会.78日,青森市. 

新井陽:青森市が診断する認知症.

 

Abbie社内勉強会.711日,青森市.

冨山誠彦:レボドパの代謝と作用発現.

 

道北糖尿病合併症フォーラム2016722日,旭川市.

馬場正之:特別講演「しびれる手、痛む足」

 

グループ医療のための神経筋電気診断セミナー 727日,名古屋市.

馬場正之: 電気生理検査の有用性:CIDPとDPNを中心に.

 

◎平成28年度第1回青森県難病医療ネットワーク研修会.730日,青森市.

冨山誠彦:ALS患者の在宅人工呼吸器管理における問題点.

 

◎日本製薬社内勉強会.826日,青森市.

鈴木千恵子:慢性炎症性脱髄性多発根神経炎.

 

◎第52回 脊髄・末梢神経・筋疾患懇話会.91日,青森市.

海老名徹,上野達哉,西嶌春生,今智矢,船水章央,羽賀理恵,新井陽,鈴木千恵子,布村仁一,馬場正之,冨山誠彦.ステロイド治療が奏功した亜急性進行性HTLV-1関連脊髄症の1例.

 

Meet the Expert in 青森.912日,青森市.

鈴木千恵子:神経内科治療の実際.

 

◎協和発酵キリン 社内勉強会.9月27日,仙台市.

冨山誠彦:レボドパ誘発ジスキネジアの発症機序.

 

青森けんみん公開講座「みんなで学ぼう糖尿病」.101日,青森市.

馬場正之:家族でチェック、神経障害:しびれても、しびれなくてもチクチクト

ントン.

 

◎第3回PD診療を考える会.103日,土浦市.

冨山誠彦:レボドパ誘発ジスキネジアの発症機序.

 

◎平成28年度青森県自治体病院・診療所職員研究等の顕彰及び発表会.1111日,青森市.

西嶌春生.(共同研究者:今智矢,上野達哉,羽賀理恵,山崎啓史,八木橋恵,船水章央,新井陽,鈴木千恵子,布村仁一,馬場正之,冨山誠彦):Effect of educational television commercial on pre-hospital delay in patients with ischemic stroke (虚血性脳卒中患者の発症から来院までにかかる時間の短縮に対する市民教育のためのテレビコマーシャルの効果)」.

 

武田薬品社内勉強会.117日,青森市.

鈴木千恵子:多発性硬化症.

 

むつ下北薬剤師会・青森県病院薬剤師会むつ下北地区研修会.1119日,むつ市.

馬場正之:特別講演「しびれる手、痛む足」

 

ODYSSEI研究キックオフミーティング.1127日,東京都.

冨山誠彦:パーキンソン病患者におけるイストラデフィリンのジスキネジア発現に対する臨床研究.

 

◎南大阪Parkinson’s Disease Forum128日,堺市.

冨山誠彦:レボドパ誘発ジスキネジアの発症機序.

 

◎平成28年度青森地域介護専門員連絡協議会第3回研修会.1212日,青森市.

冨山誠彦:脳卒中の病態とその後の対応〜医療・介護の連携のために〜

 

◎ライブ配信講演会 パーキンソン病の運動症状と運動合併症.1215日.

冨山誠彦:大脳基底核とジスキネジア.

 

◎救急医療及び脳卒中キャンペーン.青森市

布村仁一:脳卒中の予防、対処法.

 

【院内研修会】

 

◎平成28年第2CPC及び第3回院内症例検討会.727.

西嶌春生,布村仁一,羽賀理恵,今智矢,船水章央,上野達哉,新井陽,村上千恵子,馬場正之,冨山誠彦:出血性脳梗塞の経過中に急性肺血栓塞栓症を発症した1剖検例.

 

◎青森県立中央病院 研修医勉強会.817日.

今智矢:研修医のための脳梗塞診療in ER

 

 

【表彰】

 

◎平成27年度青森県立中央病院医誌 ベスト論文賞 

今智矢 他:青森県における多系統萎縮症診療の実態,青森県立中央病院医誌 60: 55-61, 2015.

 

◎平成28年度青森県自治体病院・診療所職員研究論文顕彰

Nishijima H, Kon T, Ueno T, Haga R, Yamazaki K, Yagihashi K, Funamizu Y, Arai A, Suzuki C, Nunomura J, Baba M, Tomiyama M. Effect of educational television commercial on pre-hospital delay in patients with ischemic stroke. Neurol Sci 37:105-9, 2016.

 

 

【その他】

 

ATV テレビ診察室.313

新井陽:二次性認知症.

 

◎ライブ配信講演会 パーキンソン病の運動症状と運動合併症.1215日.

冨山誠彦:大脳基底核とジスキネジア.

 

◎第57回日本神経学会学術大会,518日―21, 神戸市

鈴木千恵子:ハンズオン講師 神経伝導検査.

 

◎第13回臨床神経生理学会神経筋電気診断技術セミナー.723日,東京

鈴木千恵子:ハンズオン講師 神経伝導検査.

 

◎第6回北東北・道南神経筋電気診断セミナー.1015日,青森市.

馬場正之,鈴木千恵子,新井陽:ハンズオン講師

 

◎第3回青森ICLS指導者養成ワークショップ.1123日,青森市

今智矢:講師

 

◎第6回県病ISLS/ PSLSコース,1127.

上野達哉,今智矢,船水章央:講師

2016年 

 

論文

【欧文原著】

Nishijima H, Kon T, Ueno T, Haga R, Yamazaki K, Yagihashi K, Funamizu Y, Arai A, Suzuki C, Nunomura J, Baba M, Tomiyama M. Effect of educational television commercial on pre-hospital delay in patients with ischemic stroke. Neurol Sci 37:105-9, 2016.

 

Nishijima H, Ueno T, Ueno S, Tomiyama M. Duloxetine increases the effects of levodopa in a rat model of Parkinson’s disease. Neurol Clin Neurosci 4: 129-133, 2016.

 

Nishijima H, Ueno T, Ueno S, Mori F, Miki Y, Tomiyama M. Levodopa-Induced Morphologic Changes of Prefrontal Pyramidal Tract-Type Neurons in a Rat Model of Parkinson’s Disease. Neurosci Res.115: 54-58, 2017.

Nishijima H, Tomiyama M. What mechanisms are responsible for the reuptake of levodopa-derived dopamine in parkinsonian striatum? Front Neurosci. 10: 575, 2016.

 

Suzuki C, Kon T, Funamizu Y, Ueno T, Haga R, Nishijima H, Arai A, Tomiyama M, Baba M. Elevated pain threshold in patients with asymptomatic diabetic neuropathy: an intraepidermal electrical stimulation study. Muscle Nerve 54:146-9, 2016.

 

Nukada H, Baba M, Ogasawara S, McMorran D, Yagihashi S. Neuropathy in the spontaneously hypertensive rat: An electrophysiological and histological study. Muscle Nerve. 54: 756-62, 2016.

 

Ueno T, Nishijima H, Funamizu Y, Kon T, Haga R, Arai A, Suzuki C, Nunomura J,  Baba M, Midorikawa H, Tomiyama M. Intramedullary spinal cord abscess associated with spinal dural arteriovenous fistula. J Neurol Sci 368:94-96, 2016.

Ueno T, Nishijima H, Arai A, Tomiyama M. Acute hemorrhagic cerebellar infarction presenting with isolated head titubation. J Neurol Sci. 372: 456-458, 2017.

 

Ueno T, Nishijima H, Haga R, Tomiyama M. Central skull base osteomyelitis involving cavernous sinus and meninges of the skull base: Successful treatment with antibiotic and antifungal combination therapy. Clin Neurol Neurosurg. 150: 190-193, 2016.

 

Ueno T, Nishijima H, Kurotaki H, Kurose A, Tomiyama M. An unusual case of chronic meningitis due to histiocytic sarcoma of the central nervous system with meningeal dissemination. Neurol Sci.37: 1875-1877, 2016.

 

Kobori M, Yagihashi S, Shiina N, Shiozawa N, Haginoya A, Ojima M, Douguchi S, Tamasawa A, Saito M, Baba M, Osonoi T: Four year sequential nerve conduction changes since first visit in Japanese patients with early type 2 diabetes. J Diabetes Investig 8: 369-376, 2017.

 

Kon T, Funamizu Y, Ueno T, Haga R, Nishijima H, Arai A, Suzuki C, Nunomura J, Baba M, Tomiyama M: Dermatomal sensory manifestations in Opalski syndrome.

J Stroke Cerebrovasc Dis. 26: e18-19, 2017.

Nakamura K, Mori F, Kon T, Tanji K, Miki Y, Tomiyama M, Kurotaki H, Toyoshima Y, Kakita A, Takahashi H, Yamada M, Wakabayashi K. Accumulation of phosphorylated α-synuclein in subpial and periventricular astrocytes in multiple system atrophy of long duration. Neuropathology. 36: 157-67, 2016.

 

【和文原著】

尾﨑勇、神成一哉、馬場正之:パーキンソン病と農薬ばく露に関するアンケート調査.青森県立保健大学雑誌 16:31-36, 2016.

 

西嶌春生,太田香純,鈴木友香理,船水章央,今智矢,上野達哉,羽賀理恵,新井陽,鈴木千恵子,布村仁一,馬場正之,冨山誠彦.ステロイド,免疫グロブリン大量静注,及びタクロリムスの併用療法が奏功した抗SRP抗体陽性壊死性ミオパチーの一例.青森県立中央病院医誌.61: 75-79, 2016.

 

高林杏奈,船水章央,西嶌春生,布村仁一,今智矢,上野達哉,羽賀理恵,新井陽,鈴木千恵子,馬場正之,冨山誠彦.抗利尿ホルモン不適合分泌症候群を呈した抗アクアポリン4抗体陽性視神経脊髄炎関連疾患の一例.青森県立中央病院医誌.61: 109-113, 2016.

 

新井陽:第43回青森市医療最前線「青森市認知症ケアパス」青森医師会報 2016年4月号(第556号)

 

【和文総説、その他】

馬場正之:糖尿病神経障害の神経伝導検査、自律神経機能検査. 日本臨床 74(増刊1号): 413-17, 2016.

 

馬場正之、鈴木千恵子: 糖尿病神経障害の診断と治療. 診断と治療 104S: 150-155, 2016.

 

馬場正之: ベッドサイドでの糖尿病神経障害の臨床的診断. 月刊糖尿病8: 22-28, 2016.

 

馬場正之: 手のシビレの初期対応. メディカルプラクティス33: 1641, 2016.

 

馬場正之、鈴木千恵子、小川吉司: 糖尿病性神経障害に伴う突然死. 臨床神経生理学、印刷中、2016.

 

冨山誠彦: イストラデフィリン. 脳21 19: 392 -395, 2016.

 

冨山誠彦:遅発性ジスキネジア. 今日の臨床サポート.

 

大熊泰之, 前田哲也, 永井将弘, 冨山誠彦, 斎木英資: MDS2015からみる今後のパーキンソン病領域の基礎臨床の方向性. MDS記録集.

 

【著 書】

馬場正之: 糖尿病神経障害.日本糖尿病学会編「糖尿病診療ガイドライン2016」, 南江堂、p221-232, 2016.

 

馬場正之: 多発ニューロパチー.土屋弘行、紺野慎一ほか編「今日の整形外科治療指針」第7版、医学書院、p289-290.

 

馬場正之: 糖尿病神経障害.土屋弘行、紺野慎一ほか「今日の整形外科治療指針」第7版、医学書院、p291-292.

 

馬場正之: 糖尿病神経障害の診断と病期診断のすすめかた. 岩本安彦編「糖尿病診療Q&A」中山書店、印刷中。

 

馬場正之: 糖尿病神経障害. 日本糖尿病学会編「糖尿病専門医研修ガイドブック」 改訂第7版、日本糖尿病学会、印刷中.

 

 

学会発表

 

[国際学会]特別講演

 

済南神経学術交流会618日、済南市、中華人民共和国

Baba M: New physiologic markers for diagnosis of diabetic neuropathy.

 

Mirogabalin Life Cycle Management Advisory Board Meeting, July 15-16, 

New Arc, NJ, USA.

Baba M: Discussion on Mirogabalin Phase 2 data (DPNP U201/J202).

 

Grobal Mirogabalin Steering Committee Meeting, Sep 25, Yokohama.

Baba M: Mirogabalin Global Publication Plan.

 

 

【国際学会】一般演題

 

20th International Congress OF Parkinson’s Disease and Movement Disorders, June 19-23, 2016, Berlin, Germany.

Tomiyama M, Nishijima H, Ueno T, Funamizu Y, Kon T, Haga R, Arai A, Suzuki C, Nunomura J, Baba M: Duloxetine, a serotonin and norepinephrine reuptake inhibitor, reduces daily OFF time in Parkinson’s Disease

 

27th Annual Meeting of the Diabetic Neuropathy Study Group of the EASD    

Sep 8-11, Bucharest, Romania

Baba M, Suzuki C, Ogawa Y, Tomiyama Y: Occurrence of diabetic foot by NCS-  severity of diabetic neuropathy: A 5-year prospective observation.

 

16th World Congress on Pain, Sep 2630, Yokohama, Japan

Matsui N, Kuroha M, Kakehi Y, Murayama E, Wasaki Y, Ohwada S, Kato J, Baba M:   Mirogabalin in Asian patients with diabetic peripheral Nneuropathic pain or postherpetic neuralgia: Two Phase 3, randomized, double-blind, placebo- controlled clinical studies.

 

Inflammatory Neuropathy Consortium 2016, June 22-24, 2016, Glasgow, UK.

Suzuki C, Kon T, Funamizu Y, Ueno T, Haga R, Nishijima H, Arai A, Nunomura J, Tomiyama M, Baba M, Yagihashi S, Mizukami H. Loss of intraepidermal nerve fibers in Guillain- Barre syndrome

 

国内学会【特別講演】

 

50回糖尿病学の進歩.219日-20日,東京

馬場正之:シンポジウム「電気生理学的検査から見た糖尿病神経障害の進展機序」

 

59回日本糖尿病学会,520日.大阪市

馬場正之:教育講演「糖尿病足病変の診断と予防」

 

◎第57回日本神経学会学術大会,520日.神戸市

冨山誠彦:ランチョンセミナー「ジスキネジアの発現機序と対処・予防 間歇的ドパミン受容体刺激と神経可塑性」

 

鈴木千恵子:教育コース「糖尿病性神経障害」

 

◎第57回日本神経病理学会.63日,弘前市 

冨山誠彦:ランチョンセミナー「レボドパ誘発ジスキネジアの発症機序解明に向けて」

 

13回日本臨床神経生理学会 神経筋電気診断セミナー.72日-3日,東京

馬場正之:ケーススタディ「糖尿病神経障害」

 

◎第10回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス.106, 京都

上野達哉:オープニングセミナー「パーキンソン病における大脳皮質の可塑性 動物モデルにおける知見」

 

冨山誠彦:オープニングセミナー Lewy pathology in biopsied tissue: Reliable diagnostic biomarker for PD?

 

6回北東北・道南神経筋電気診断セミナー.1015日,青森市.

馬場正之: レクチャー1「広範病変か局所病変か」

馬場正之: レクチャー2「糖尿病神経障害の重症度診断と予後」

 

◎第46回日本臨床神経生理学会,1028日,郡山市.

冨山誠彦:ランチョンセミナー「大脳基底核とジスキネジア」

 

◎第34回神経治療学会総会,114日.米子市.

冨山誠彦:ランチョンセミナー 「大脳基底核とレボドパ誘発ジスキネジア」

 

 

国内学会【一般演題】

◎第97回日本神経学会東北地方会,35日,仙台市.

西嶌春生,今智矢,船水章央,上野達哉,羽賀理恵,新井陽,鈴木千恵子,布村仁一,馬場正之,冨山誠彦:ステロイド,大量γグロブリン静注療法とタクロリムスの3剤併用が奏功した抗SRP抗体陽性壊死性ミオパチーの1例.

 

高林 杏奈,船水 章央,今 智矢,上野 達哉,西嶌 春生,新井 陽,鈴木 千恵子,布村 仁一,冨山 誠彦,馬場正之:SIADHによる低ナトリウム 血症で発症したNMO spectrum disorderの一例.

 

カテコールアミンと神経疾患研究会2016423日,東京都.

西嶌春生,上野達哉,船水章央,今智矢,羽賀理恵,新井陽,鈴木千恵子,布村仁一,馬場正之,上野伸哉,冨山誠彦:デュロキセチンとレボドパの併用は進行期パーキンソン病の運動症状を改善する.

 

◎第57回日本神経学会学術大会,51821, 神戸市.

Nishijima H, Funamizu Y, Kon T, Ueno T, Haga R, Arai A, Suzuki C, Nunomura J, Baba M, Ueno S, Tomiyama M. Zonisamide enhances effects of levodopa in a rat model of Parkinson’s disease.

 

布村仁一, 今智矢、船水章央、羽賀理恵、上野達哉、西嶌春生、新井陽、鈴木千恵子、馬場正之、冨山誠彦;睡眠中に発症した脳卒中症例.

 

鈴木千恵子、今智矢、船水章央、羽賀理恵、上野達哉、西嶌春生、新井陽、鈴木千恵子、布村仁一、馬場正之、冨山誠彦:糖尿病性神経障害では自覚症状の有無で電気生理学的重症度 病理学的変化に差はない.

 

今智矢、船水章央、西嶌春生、羽賀理恵、上野達哉、新井陽、鈴木千恵子、布村仁一、馬場正之、冨山誠彦:Foix-Alajouanine症候群をきたした脊髄血管奇形の4例.

 

◎第57回日本神経病理学会総会,613日,弘前市.

今智矢、鈴木千恵子、昆博之,渡辺みか,冨山誠彦:神経内視鏡下生検で診断したErdheim-Chester病の一例.

 

98回日本神経学会東北地方会910日、山形市

海老名徹,西嶌春生,上野達哉,今智矢,船水章央,羽賀理恵,新井陽,鈴木千恵子,布村仁一,馬場正之,冨山誠彦.ステロイド治療が奏功した亜急性進行性HTLV-1関連脊髄症の1例.

 

◎第2回MDSJビデオフォーラム,9月19日,青森市.

冨山誠彦:ビデオチャレンジ 症例呈示.

 

◎平成28年度糖尿病性神経障害を考える会.924日,東京都.

鈴木千恵子:アルコール性ニューロパチー.

 

◎第28回神経免疫学会学術大会.929日,長崎市

鈴木千恵子、今智也、船水章央、上野達哉、羽賀理恵、西嶌春生、新井陽、布村仁一、馬場正之、冨山誠彦 八木橋操六 水上浩哉:ギラン・バレー症候群における表皮内神経線維密度.

 

◎第14回神経科学研究会.101日,東京都

西嶌春生,上野達哉,船水章央,今智矢,羽賀理恵,新井陽,鈴木千恵子,布村仁一,馬場正之,上野伸哉,冨山誠彦.デュロキセチンは進行期パーキンソン病の運動症状を改善する.

 

◎第10回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス.1068日,京都市

今智矢、船水章央、西嶌春生、羽賀理恵、上野達哉、新井陽、鈴木千恵子、布村仁一、馬場正之、冨山誠彦:青森県における多系統萎縮症診療実態調査.

 

上野達哉, 船水章央, 今智矢, 羽賀理恵, 西嶌春生, 新井陽, 鈴木千恵子, 馬場正之, 布村仁一,  冨山誠彦.青森県における二次医療圏別のパーキンソン病患者のQOL評価.

 

布村仁一、今智矢、船水章央、上野達哉、羽賀理恵 西嶌春生、新井陽、鈴木千恵子、馬場正之、冨山誠彦.進行性核上性麻痺と特発性正常圧水頭症の関係.

 

◎第21回日本神経感染症学会総会・学術大会.1021, 金沢市.

上野達哉 , 海老名徹, 西嶌春生, 今智矢, 船水章央, 羽賀理恵, 新井陽, 鈴木千恵子, 布村仁一, 馬場正之, 冨山誠彦.長大な脊髄病変を伴う急速進行性HTLV-1 associated myelopathyの1例.

 

46回日本臨床神経生理学会.102729郡山市.

馬場正之、鈴木千恵子、小川吉司、冨山誠彦:神経伝導検査による糖尿病神経障害の重症度分類からみた足病変・虚血性心/脳イベント発生頻度について.

 

鈴木千恵子、今智矢、船水章央、上野達哉、羽賀理恵、西嶌春生、新井陽、布村仁一、冨山誠彦:糖尿病性神経障害では自覚症状の有無で電気生理学的重症度 病理学的変化に差はない.

 

◎第34回神経治療学会総会.113日,米子市.

冨山誠彦,西嶌春生,上野達哉,船水章央,今智矢,羽賀理恵,新井陽,鈴木千恵子,布村仁一,馬場正之.デュロキセチンはパーキンソン病患者のオフ時間を短縮する.

 

◎日本難病医療ネットワーク学会.111819日,名古屋市.

藤田香央里,斎藤智恵,山内一広,冨山誠彦.青森県における神経難病受け入れに関する調査結果.

 

【研究会、セミナーなど】

 

◎茨城神経疾患カンファレンス.18日,つくば市.

冨山誠彦:ジスキネジアの発症機序とパーキンソン病進行期の治療について.

 

◎ハッピーフェイスセミナー in  城東.114日,東京.

冨山誠彦:ジスキネジアの発症機序とパーキンソン病進行期の治療について.

 

◎ハッピーフェイスセミナー in 青森.121日,青森市.

西嶌春生,冨山誠彦:パーキンソン病モデルラットにおいてゾニサミドはレボドパの効果を増強する.

 

◎青森市パーキンソン病医療スタッフ研修会.119日,青森市.

布村仁一:パーキンソン病の薬物治療.

 

◎平成27年度青森地域保健・医療・福祉包括ケアシステム推進会議.22日,青森市.

新井陽:地域で認知症をみるために.

 

◎ハッピーフェイスセミナー in  多摩.1月28日,多摩市.

冨山誠彦:ジスキネジアの発症機序とパーキンソン病進行期の治療について.

 

◎第1回 MDSJビデオフォーラムin 愛媛.214日,松山市.

冨山誠彦:What is it ?

 

◎平成27年度青森県難病指定医研修プログラム.221日,青森市.

冨山誠彦:神経筋疾患の診断等について.

 

◎ラジカットALS病診連携セミナー.227日,青森市.

鈴木千恵子:筋萎縮性側索硬化症の治療戦略.

 

◎青森市・平内町の認知症を考える会.315日,青森市.

新井陽:もの忘れ外来への紹介タイミング~現状と今後の展望~

 

◎青森県動画で学ぶ神経症候研究会.326日,青森市.

冨山誠彦:独歩できなかった48歳女性.

 

◎青森市地域連携研修会.328日,青森市

新井陽:『青森市認知症ケアパス』~認知症早期診断と医療連携への利用~

 

◎第14回 青森県脳卒中フォーラム.42日,青森市.

布村仁一;睡眠中に発症した脳卒中症例の検討.

 

◎第6回 脳卒中けんみん公開講座.49日,青森市.

冨山誠彦:あたらないのが当たり前の時代を目指して.

 

◎第8回 城南PD治療懇話会.420日,東京都.

冨山誠彦:パーキンソン病治療の問題点 ジスキネジアの発症機序について.

 

◎パーキンソン病セミナー in  和歌山.425日,和歌山市.

冨山誠彦:ジスキネジアの発症機序とパーキンソン病進行期の治療について.

 

◎おひさまクリニック さんさん会.514日,青森市.

冨山誠彦:ひょっとして認知症?

 

◎ノウリアスト発売3周年記念講演会.525日,千葉市

冨山誠彦:ジスキネジアの発症機序とパーキンソン病進行期の治療について.

 

43回 湘南糖尿病懇話会.528日,藤沢市.

馬場正之:特別講演「糖尿病神経障害の診断と治療 アップデート」

 

◎糖尿病性末梢神経障害性疼痛患者を対象としたDS-5565III相試験中間研究会.65日 東京.

鈴木千恵子:表皮内神経線維と疼痛.

 

PD Doctor’s Meeting in Aomori ホテル青森.610日,青森市.

冨山誠彦:レボドパ誘発ジスキネジアの発症機序.

 

8回 青森糖尿病合併症研究会.623日,青森市.

馬場正之:教育講演「糖尿病神経障害の評価法」

 

◎平内町地域ケア会議.624日,平内町.

新井陽:認知症をみる体制づくり~平内町~

 

◎アルツハイマー型認知症について考える会.78日,青森市. 

新井陽:青森市が診断する認知症.

 

Abbie社内勉強会.711日,青森市.

冨山誠彦:レボドパの代謝と作用発現.

 

道北糖尿病合併症フォーラム2016722日,旭川市.

馬場正之:特別講演「しびれる手、痛む足」

 

グループ医療のための神経筋電気診断セミナー 727日,名古屋市.

馬場正之: 電気生理検査の有用性:CIDPとDPNを中心に.

 

◎平成28年度第1回青森県難病医療ネットワーク研修会.730日,青森市.

冨山誠彦:ALS患者の在宅人工呼吸器管理における問題点.

 

◎日本製薬社内勉強会.826日,青森市.

鈴木千恵子:慢性炎症性脱髄性多発根神経炎.

 

◎第52回 脊髄・末梢神経・筋疾患懇話会.91日,青森市.

海老名徹,上野達哉,西嶌春生,今智矢,船水章央,羽賀理恵,新井陽,鈴木千恵子,布村仁一,馬場正之,冨山誠彦.ステロイド治療が奏功した亜急性進行性HTLV-1関連脊髄症の1例.

 

Meet the Expert in 青森.912日,青森市.

鈴木千恵子:神経内科治療の実際.

 

◎協和発酵キリン 社内勉強会.9月27日,仙台市.

冨山誠彦:レボドパ誘発ジスキネジアの発症機序.

 

青森けんみん公開講座「みんなで学ぼう糖尿病」.101日,青森市.

馬場正之:家族でチェック、神経障害:しびれても、しびれなくてもチクチクト

ントン.

 

◎第3回PD診療を考える会.103日,土浦市.

冨山誠彦:レボドパ誘発ジスキネジアの発症機序.

 

◎平成28年度青森県自治体病院・診療所職員研究等の顕彰及び発表会.1111日,青森市.

西嶌春生.(共同研究者:今智矢,上野達哉,羽賀理恵,山崎啓史,八木橋恵,船水章央,新井陽,鈴木千恵子,布村仁一,馬場正之,冨山誠彦):Effect of educational television commercial on pre-hospital delay in patients with ischemic stroke (虚血性脳卒中患者の発症から来院までにかかる時間の短縮に対する市民教育のためのテレビコマーシャルの効果)」.

 

武田薬品社内勉強会.117日,青森市.

鈴木千恵子:多発性硬化症.

 

むつ下北薬剤師会・青森県病院薬剤師会むつ下北地区研修会.1119日,むつ市.

馬場正之:特別講演「しびれる手、痛む足」

 

ODYSSEI研究キックオフミーティング.1127日,東京都.

冨山誠彦:パーキンソン病患者におけるイストラデフィリンのジスキネジア発現に対する臨床研究.

 

◎南大阪Parkinson’s Disease Forum128日,堺市.

冨山誠彦:レボドパ誘発ジスキネジアの発症機序.

 

◎平成28年度青森地域介護専門員連絡協議会第3回研修会.1212日,青森市.

冨山誠彦:脳卒中の病態とその後の対応〜医療・介護の連携のために〜

 

◎ライブ配信講演会 パーキンソン病の運動症状と運動合併症.1215日.

冨山誠彦:大脳基底核とジスキネジア.

 

◎救急医療及び脳卒中キャンペーン.青森市

布村仁一:脳卒中の予防、対処法.

 

【院内研修会】

 

◎平成28年第2CPC及び第3回院内症例検討会.727.

西嶌春生,布村仁一,羽賀理恵,今智矢,船水章央,上野達哉,新井陽,村上千恵子,馬場正之,冨山誠彦:出血性脳梗塞の経過中に急性肺血栓塞栓症を発症した1剖検例.

 

◎青森県立中央病院 研修医勉強会.817日.

今智矢:研修医のための脳梗塞診療in ER

 

 

【表彰】

 

◎平成27年度青森県立中央病院医誌 ベスト論文賞 

今智矢 他:青森県における多系統萎縮症診療の実態,青森県立中央病院医誌 60: 55-61, 2015.

 

◎平成28年度青森県自治体病院・診療所職員研究論文顕彰

Nishijima H, Kon T, Ueno T, Haga R, Yamazaki K, Yagihashi K, Funamizu Y, Arai A, Suzuki C, Nunomura J, Baba M, Tomiyama M. Effect of educational television commercial on pre-hospital delay in patients with ischemic stroke. Neurol Sci 37:105-9, 2016.

 

 

【その他】

 

ATV テレビ診察室.313

新井陽:二次性認知症.

 

◎ライブ配信講演会 パーキンソン病の運動症状と運動合併症.1215日.

冨山誠彦:大脳基底核とジスキネジア.

 

◎第57回日本神経学会学術大会,518日―21, 神戸市

鈴木千恵子:ハンズオン講師 神経伝導検査.

 

◎第13回臨床神経生理学会神経筋電気診断技術セミナー.723日,東京

鈴木千恵子:ハンズオン講師 神経伝導検査.

 

◎第6回北東北・道南神経筋電気診断セミナー.1015日,青森市.

馬場正之,鈴木千恵子,新井陽:ハンズオン講師

 

◎第3回青森ICLS指導者養成ワークショップ.1123日,青森市

今智矢:講師

 

◎第6回県病ISLS/ PSLSコース,1127.

上野達哉,今智矢,船水章央:講師

 

 

 

 

 

Author: Categories: 研究日記 Tags:

2017 Peripeheral nerve society annual meeting

8月 29th, 2017

 


バルセロナ近郊のSitgesで開催された、Peripheral Nerve Societyに参加してきました。

当神経内科からは、馬場先生とわたくし村上が参加してきました。この学会にはじめて参加したのは2003年のBanffで開催されたときでしたが、そのころと比べると年々規模が大きくなってきています。また日本からの参加者も年々ふえており、今年は、いくつかの学会賞を日本人が受賞しました。学会プログラムは朝7時から夜7時過ぎまでびっちり組まれており、基礎的な内容から、各国でおこなわれている治験の報告まで、末梢神経に関する話題が幅広くとりあげられていました。

Sitgesはバルセロナから電車で1時間弱のとてもきれいなビーチのある町でした。夏のスペインは毎日晴れていて、水着をもっていかなかったのが悔やまれるほどでした。国際学会は準備などそれなりに大変ではありますが、学会の内容だけではなく、日本から参加されている、他施設の先生方と親しくお話する機会をもてたり、他では得難い経験をすることができます。今年も大いに刺激をうけて帰国しました。この学会はこれまで2年毎に開催されておりましたが、来年からは、毎年の開催になるそうですので、来年もがんばってぜひ演題をもって参加したいと思います(村上)

Sitges:

当科からの発表は下記のとおり:

Baba M. et al. Occurrence of diabetic foot by NCS-severity of diabetic neuropathy: A 5-year prospective observation.

 

Suzuki C. et al. Changes in Pain Threshold by skin temperature: A study by intra-epidermal electrical stimulation.

 

Author: Categories: 研究日記 Tags:

第14回日本臨床神経生理学会神経筋診断セミナー

7月 19th, 2017

今年も7月はじめに暑い東京で、日本臨床神経生理学会主催神経筋診断セミナーが開催されました。当科からは、私村上と馬場が、講師として参加しました。若干受講料は高めですが、木村淳先生はじめ、神経筋電気診断の大御所の先生方が、講師として多数参加し、直接指導していただけるということを考えると、大変お得な会だと思います。今年は、講師の先生みずからの病歴を披露し、そこから推察される筋電図所見を考え、さらに、自ら被験者となり、その所見を提示するという企画もあり、大変もりあがりました。講師の先生方が、喜々として、参加されているのが大変印象的でした。

いつもは、筋電図室で、黙々と行っている検査を、受講者の皆様に説明しながら行いかつ教えるというのは、私にとってはなかなか難しく、例年のことではありますが、大変緊張します。今年も、東京の暑さと緊張で、汗だくになって2日間が終了しました。

例年 参加申し込みがはじまるとすぐに定員に達してしまうようですが、ご興味のある方のご参加をおまちしています。

Author: Categories: 研究日記 Tags:

21st INTERNATIONAL CONGRESS OF PARKINSON’S DISEASE AND MOVEMENT DISORDERS

6月 20th, 2017

カナダ、バンクーバー市にて6/4-6/8まで開催された第21回国際パーキンソン病運動障害コングレスに冨山部長と今が参加してきました。この学会は年に一回パーキンソン病及びその類縁疾患に関する最新の知見について世界中の臨床医、研究者が一同に会して意見交換する大きな学会です。正確な人数はわかりませんが、おそらく5000-6000人くらい参加していたものと思います。当科からは冨山部長が「Driving license and car accidents in patients with Parkinson’s disease」という題で演題発表されました。青森県内でパーキンソン病特定疾患認定を受けている1417人の患者さんにアンケートをお願いして、回答の得られた576人の運転状況と日中の眠気、内服状況について調べた研究です。結果、麦角系のドパミンアゴニストを内服している患者さんが運転事故をより起こしていたという、これまで一般的に言われていたこととは逆の結果でした。そのため、様々な国のDrと活発な議論が行われました。青森のように車がないと生活できない田舎と大都会、その国の医療状況(薬の販売状況)などで状況は変わるのかもしれず、面白い研究結果だと思います。

学会は内容が興味深いものが多く、朝8時から夜10時過ぎまでスケジュールがあり、ハードでしたが、勉強になりました。御高名な先生や若手の先生など様々な先生とお話しする機会が持てて良かったです。みっちり学会に参加したため、あまり観光はしませんでしたが、学会場が街の中心部にあり大型客船の寄港する港のすぐそばでしたので、学会場からきれいなバンク―バーの街並みを楽しむことができました。懇親会ではオリンピックの聖火台に火をつけてくれました。今回私は演題を出せませんでしたが次回は是非!と思いました。(文責 今)

 

Author: Categories: 研究日記 Tags:

第60回日本糖尿病学会

6月 11th, 2017

名古屋で開催された糖尿病学会に参加してきました。当神経内科からは、馬場先生が教育講演、私が糖尿病性ニューロパチーのシンポジウムで発表をしてきました。ここ数年取り組んでいるsmall fiberの機能評価についてのおはなしをさせていただきました。

糖尿病学会は、名古屋国際会議場をメイン会場とし、市内3か所の会場で開催される大変巨大な学会です。ポスターのメイン会場は、なんと国際会議場の地下駐車場で、はしからはじまで、びっちりポスターが展示してあり、やや薄暗いなか、目当てのポスターをさがすのにも一苦労です。どこの会場もたくさんの人であふれていましたが、ここに集っているすべての人が「糖尿病」という一つの病気に関心があるのかと思うと、ちょっと驚くべきものがあります。看護師さん、栄養士さんなどのコメディカルの方の発表も、神経学会と比べてかなり多く、コメディカルを対象としたシンポジウムもあったようです。コメディカルの方の学会参加といった点で 糖尿病学会はだいぶ進んでいるという印象をもちました。神経学会と同じように英語のプログラムも多くありましたが、英語での教育講演やシンポジウムにはすべて同時通訳がついていたようです。私の発表したシンポジウムでは外国からの演者が2人日本人4人という構成でしたが、これにも同時通訳がついていました。英語が重要であることには異論はありませんが、英語の不得手な聴衆にも十分に理解してもらうという点で、同時通訳は、大変よい試みであると思いました。神経学会でも是非採用していただきたいです。

糖尿病学会では、毎年Morning Runというイベントがあるそうで、参加してみました。今年は名古屋城のまわりを早朝4km弱はしるというコースで、ゲストランナーは 金メダリストの高橋尚子さんでした。Qちゃんよんでくるとは、糖尿病学会なかなかやります。開会式のあと、Qちゃんと一緒に準備体操をして、コース中2か所でハイタッチもしてもらったし、大満足です。

同じ医学系の学会ですが、神経学会とは結構雰囲気がちがう感じでなかなか興味深かったです。シンポジウムの発表は、この分野のご高名な先生方とご一緒させていただくこととなり、とても緊張しましたが、貴重な経験をさせていただきました。関係の皆様に感謝申し上げます。(村上)

 

Author: Categories: 研究日記 Tags:

第42回 日本脳卒中学会

3月 27th, 2017

2017年3月16-19日に大阪国際会議場で第42回日本脳卒中学術集会があり参加してきました。当科からは冨山先生、布村先生、今先生、私の4名が演題発表をしてきました。学会では、椎骨動脈解離やDOAC、stroke mimicsの発表などを見てきました。特に、3月18日のランチョンセミナーであったASLとstroke mimicsの話は、実際に私たちも通常の業務で使用しているMRIの撮像法でしたので、病態の解釈の仕方など興味深く拝聴しました。

当院ではリハビリ専門のDrが不在のため、今回リハビリの先生方の発表を少しだけお手伝いさせて頂きました。左半球脳卒中で失語・失行、右半球脳卒中で半側空間無視・病態失認・身体失認がある症例で最終的に麻痺の改善がどうなるのかといった発表をしてきました。私自信リハビリの知識が不足していましたので、リハビリ関連の文献などを一緒に読み、リハビリの先生方の考え方をきくことができて大変勉強になりました。そして、リハビリの先生方が次に向けて新たな発想が生まれてきていたことに感心しました。当日の発表では、二人とも相当緊張されているようでしたが、練習通りに発表をし、想定内の質問もあり、固まってしまうこともなく無事に発表を終えていました。

臨床での疑問⇒臨床研究⇒学会発表⇒論文作成といった一連の過程をとることでさらに、学会発表のスキルが向上し、今回以上に良い研究ができ、臨床へもfeedbackされるかと思います。今後は今回の発表した演題を、質問であった内容も踏まえて、青森県立中央病院医誌に論文投稿できるような形で是非まとめていただき、来年も継続して頂きたいと思います。(上野記)

 

 

Author: Categories: 研究日記 Tags:

神経学会東北地方会―引地先生デビュー

3月 21st, 2017

この週末は、仙台で恒例の春の神経学会東北地方会があり、今回は研修医の引地浩基Drが初舞台を踏みました。発表症例は「抗MOG抗体陽性の視神経周囲炎」。例によって神内医局で2度のリハーサルを経て臨んだ引地Drの発表は簡潔かつ明快なもので、とても初めての演壇とは思えない堂々たるものでした。プレゼン後のフロアからの質問に対しても、質問者の方をしっかりと見据えて明快に説明、万が一の補足に備えてフロアに陣取った先輩たちの微かな危惧さえも完全に吹き飛ばす素晴らしい出来栄えでした。一方、新井Drによる「町議会議員の顔が分からなくなり失職したタクシー運転手」の発表は引地Drの発表と完全に同一時刻の別会場。小生は引地Drの発表の後に急いで移動したのでしたが、新井Drの姿はすでに演壇上になく、聴きそびれました。残念。(馬場記)

新井先生の久しぶりの地方会発表は、さすがベテラン。おちついた発表ぶりでした。(村上記)

 

Author: Categories: 研究日記 Tags:

第6回北東北道南神経筋電気診断技術セミナー

12月 7th, 2016

10月15日 北東北道南神経筋電気診断セミナーを当神経内科主催で開催しました。このセミナーも今年で6回目です。当日は秋晴れの大変良いお天気でしたが、皆様朝から夕方まで熱心に実習にとりくんでいただけました。今年もありがたいことに、多くの方のお申込みをいただきました。小人数のハンズオンセミナーですので、すぐに定員に達してしまい、お申込みをお断りせざるを得ないところは、大変心苦しくおもっているところです。人もお金もものすごく節約して運営してますので、セミナー当日までいろいろ気がもめますが、始まってしまえば、一日があっ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

という間にすぎ、時間がちょっとたらなかったかなと思うくらいでした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

馬場先生はほとんどの講義を担当し、例年のように、のりのりでお話をされていました。SEP担当の尾崎先生は、今年はテキストを大幅に改定し、大量のイラスト、参考文献をつけた、立派なものを作っていただきました。尾崎先生によると、まだまだ理想の完成形には程遠いのだそうです。私は十分立派なテキストと思いましたが。初級コース担当の新井先生は、前日に腰を痛めるというアクシデントがあり、当日の登板が危ぶまれましたが、腰をかばいつつ、一日がんばっていただきました。また日本光電さんには、今年も、多大なサポートをしていただきました。皆様のご協力に深く感謝いたします。ありがとうございました。

Author: Categories: 研究日記 Tags:

平成28年度自治体病院・診療所職員研究等顕彰 西嶌先生が表彰されました

11月 15th, 2016

平成28年度自治体病院・診療所職員研究等顕彰に臨床医学部門で選ばれました。11月11日に賞状と記念品の授与式があり、研究内容を発表させていただきました。受賞対象となった論文は以下のものです。

 

 

題名:Effect of educational television commercial on pre-hospital delay in patients with ischemic stroke (虚血性脳卒中患者の発症から来院までにかかる時間の短縮に対する市民教育のためのテレビコマーシャルの効果)

掲載雑誌:Neurological Sciences 37巻 105~109ページ (2016年1月号)

筆頭著者:西嶌春生

共同研究者:今智矢、上野達哉、羽賀理恵、山﨑啓史、八木橋恵、船水章央、新井陽、鈴木千恵子、布村仁一、馬場正之、冨山誠彦

dscn4941

当科には2010年度~2013年度の4年間で約1200人の急性期虚血性脳卒中患者の入院がありましたが、そのデータを青森県の脳卒中教育テレビコマーシャル放映と関連付けて解析した論文です。得られた知見を今後の脳卒中診療や脳卒中市民教育に役立てていきたいと思います。検査、治療等に関わった当院の多くの皆様、また急性期治療終了後の入院管理、回復期リハビリテーションをお願いした他病院の諸先生方、スタッフの皆様に心より感謝申し上げます。今回の受賞を大変光栄に存じますが、授賞式では近年この研究顕彰への応募数が少なくさびしいとのお話がありました。皆様お忙しい中と存じますが来年度は是非ふるってご応募お願いします。私も臨床に役立つような研究をしてまた応募できるよう努力していきたいと思います。

本研究顕彰では、青森県立中央病院から放射線部門で泊公之先生、看護部門で山崎喜子先生、薬剤部門で平野龍一先生も受賞されました。どのご研究も臨床に直接役立つ内容で大変感銘を受けました。今後のご活躍も期待しております。この度はおめでとうございました。

 

 

(西嶌 記)

 

Author: Categories: 研究日記, 診療日記 Tags:

2015年業績

11月 9th, 2016

2015年 

 

論文

【欧文原著】

Kondo T, Mizuno Y, et al: A long-term study of istradefylline safety and efficacy in patients with Parkinson disease. Clin Neuropharmacol 38:41-6, 2015.

 

Murata M, Hasegawa K, Kanazawa I, et al: Zonisamide improves wearing-off in Parkinson’s disease: A randomized, double-blind study. Mov Disord 30:1343-50, 2015.

 

Tsuboi K, Mizukami H, Inaba W, Baba M, Yagihashi S: The dipeptidyl peptidase IV inhibitor vildagliptin suppresses development of neuropathy in diabetic rodents: Effects on peripheral sensory nerve function, structure and molecular changes. J Neurochem. 2015 Nov 25. [Epub ahead of print]

 

Nishijima H, Haga R, Suzuki C, Tomiyama M. Asymmetric Posterior Reversible Encephalopathy Syndrome due to Hypertensive Encephalopathy. Intern Med 54: 993-994, 2015.

 

Nishijima H, Ueno T, Suzuki C, Masayuki B, Tomiyama M. Eyelid ptosis enhanced after steroid pulse therapy in ocular myasthenia gravis: a case report. Neurol Sci 36: 1055-1056, 2015.

 

Nishijima H, Suzuki C, Nunomura J, Tomiyama M. Bifrontal Cortical Lesions in Marchiafava-Bignami Disease. Neurol Clin Neurosci 3: 159-160, 2015.

 

Nishijima H, Suzuki C, Tomiyama M. Bilateral episcleritis followed by right optic perineuritis with severe visual loss: a case report. Neurol Sci 36: 2139-2140, 2015.

 

Nishijima H, Kon T, Ueno T, Haga R, Yamazaki K, Yagihashi K, Funamizu Y, Arai A, Suzuki C, Nunomura J, Baba M, Tomiyama M. Effect of educational television commercial on pre-hospital delay in patients with ischemic stroke. Neurol Sci. 37: 105-9, 2016.

 

Kon T, Miki Y, Arai A, Funamizu Y, Ueno T, Haga R, Nishijima H, Suzuki C, Nunomura JI, Baba M, Oyama Y, Shiga Y, Kitamoto T, Tomiyama M. Creutzfeldt-Jakob disease with homozygous M232R mutation: A case report. J Neurol Sci. 352: 108-109, 2015.

 

Kon T, Misumi Y, Nishijima H, Honda M, Suzuki C, Baba M, Inomata Y, Obayashi K, Ando Y, Tomiyama M. Effects of liver transplantation and tafamidis in hereditary transthyretin amyloidosis caused by transthyretin Leu55Pro mutation: a case report. Amyloid. 22: 203-204, 2015.

 

Kon T, Nishijima H, Haga R, Funamizu Y, Ueno T, Arai A, Suzuki C, Nunomura JI, Baba M, Tomiyama M. Lateral medullary infarction masquerading as involvement of spinal cord. Neurol Sci. 36: 1937-1938, 2015.

 

Kon T, Nishijima H, Haga R, Funamizu Y, Ueno T, Arai A, Suzuki C, Nunomura JI, Baba M, Takahashi T, Tomiyama M. Hypertrophic pachymeningitis accompanying neuromyelitis optica spectrum disorder: A case report. J Neuroimmunol. 287: 27-28, 2015.

 

Kon T, Nishijima H, Kon H, Watanabe M, Tomiyama M. Erdheim-Chester disease: yellow-tinge appearance on neuroendoscopic imaging. Neurol Sci. 36: 2159-2160, 2015.

 

Kon T, Miki Y, Tanji K, Mori F, Tomiyama M, Toyoshima Y, Kakita A, Takahashi H, Utsumi J, Sasaki H, Wakabayashi K. Localization of nuclear receptor subfamily 4, group A, member 3 (NR4A3) in Lewy body disease and multiple system atrophy. Neuropathology. 35: 503-509, 2015.

 

Higashi M, Hirano K, Kobayashi K, Ikeda Y, Issiki A, Otsuka T, Suzuki A, Yamaguchi S, Zaima N, Hamada S, Hanada H, Suzuki C, Nakamura H, Nagasaka H, Miyata T, Miyamoto Y, Kobayashi K, Naito H, Toda T. Distinct cardiac phenotype between two homozygotes born in a village with accumulation of a genetic deficiency of adipose triglyceride lipase. Int J Cardiol. 192: 30-2, 2015.

 

Nakamura K, Mori F, Kon T, Tanji K, Miki Y, Tomiyama M, Kurotaki H, Toyoshima Y, Kakita A, Takahashi H, Yamada M, Wakabayashi K. Filamentous aggregations of phosphorylated α-synuclein in Schwann cells (Schwann cell cytoplasmic inclusions) in multiple system atrophy. Acta Neuropathol Commun. 3: 29, 2015.

 

Nakamura K, Mori F, Kon T, Tanji K, Miki Y, Tomiyama M, Kurotaki H, Toyoshima Y, Kakita A, Takahashi H, Yamada M, Wakabayashi K. Accumulation of phosphorylated α-synuclein in subpial and periventricular astrocytes in multiple system atrophy of long duration. Neuropathology. 35: 432-440, 2015.

 

Nishijima A, Shiotani S, Hayakawa H, Nishijima H. Pseudo-Hirschsprung’s disease with rectal hypoganglionosis: an autopsied case of circulatory failure due to severe constipation. Leg Med (Tokyo). 17: 177-179, 2015.

 

Haga R, Sugimoto K, Nishijima H, Miki Y, Suzuki C, Wakabayashi K, Baba M, Yagihashi S, Tomiyama M. Clinical Utility of Skin Biopsy in Differentiating between Parkinson’s Disease and Multiple System Atrophy. Parkinsons Dis. 2015; 2015: 167038.

 

【和文原著】

岩下充宏, 上野達哉, 鈴木千恵子, 布村仁一, 冨山 誠彦: 長大な脊髄病変を呈したFoix-Alajouanine症候群の 3 例. 神経内科 83:428-433, 2015.

 

今智矢, 鈴木千恵子, 西嶌春生, 船水章央,山崎啓史, 上野達哉, 羽賀理恵, 新井陽, 布村仁一,馬場正之冨山誠彦:青森県における多系統萎縮症診療の実態,青森県立中央病院医誌 60: 55-61, 2015.

 

【和文総説、その他】

馬場正之:神経障害の早期把握と重症度診断. 糖尿病合併症 29: 38-40, 2015.

 

馬場正之:糖尿病末梢神経障害の早期診断と介入. 最新医学70: 1429-35,2015.

 

馬場正之、鈴木千恵子:糖尿病患者における表皮内神経線維の痛覚閾値(PINT)測定.日本医事新報 47: 49, 2015.

 

馬場正之:糖尿病神経障害の診断と治療の実際. メディカルプラクティス32: 65-70, 2015.

 

馬場正之:糖尿病神経障害の早期診断と進行予防. ディーエムアンサンブル4: 42-5, 2015.

 

馬場正之:他科が気にする糖尿病・神経内科. Diet, Exercise, Medicine 9: 6-7, 2015.

 

馬場正之:他科受診スマートサポート: 神経内科. 糖尿病ケア 12: 938-42, 2015.

 

馬場正之:糖尿病患者の神経伝導検査結果をどう読み取るか. Diabetes Frontier 26: 454-9, 2015.

 

冨山誠彦:基底核での可塑性の画像化 クリニカルニューロサイエンス 33:345-347,2015.

 

冨山誠彦:脳の可塑性とジスキネジア発症のメカニズム 日本医師会雑誌 144: 1584, 2015.

 

宇川義一、花島律子、榎本博之,冨山誠彦.パーキンソン病における大脳皮質の可塑性.Frontiers in Parkinson’s disease 8, 5-13, 2015

 

西嶌春生、馬場正之:糖尿病患者の瞳孔. 神経内科82: 71-5, 2015.

 

森文秋,今智矢,若林孝一: ALSとFIG4, 神経内科 2015; 82: 388-393.

 

新井 陽, 馬場正之:低血糖昏睡、低血糖脳症. 糖尿病診療マスター 13: 142-6, 2015.

 

鈴木千恵子, 馬場正之:CIDPの検査・診断・鑑別診断. 日本臨床73(S7): 408-13, 2015.

 

【著 書】

馬場正之:有痛性糖尿病神経障害。痛みのメカニズムとこれからの治療薬の開発. 技術情報協会、東京、p190-195, 2015.

 

馬場正之:神経障害性疼痛の薬物治療と治療薬への臨床ニーズ:糖尿病性ニューロパチー。痛みのメカニズムとこれからの治療薬の開発。技術情報協会、東京、p457-63, 2015.

 

馬場正之:薬剤性ニューロパチー.神経疾患最新の治療2015-2017, 南江堂、東京、p220-1、2015.

 

馬場正之:ビタミンB1欠乏症.神経内科研修ノート、診断と治療社、東京、p405-8, 2015.

 

馬場正之:慢性炎症性脱髄性多発ニューロパチー.今日の治療指針2015、医学書院、東京、p913-4, 2015.

 

馬場正之、鈴木千恵子:糖尿病神経障害の電気診断:表皮内神経線維痛覚閾値検査による早期診断と神経伝導検査による重症度分類について.Annual Review糖尿病・代謝・内分泌、中外医学社、東京、p64-8, 2015.

 

馬場正之:Post-treatment neuropathy.貴田岡正史・豊田雅夫編「糖尿病・血糖管理コンサルタント」金芳堂、東京、p241-6, 2015.

 

馬場正之:重度末梢神経障害への対応.貴田岡正史・豊田雅夫編「糖尿病・血糖管理コンサルタント」金芳堂、東京、p247-53, 2015.

 

馬場正之:神経障害(自律神経).糖尿病研修ノート、診断と治療社、東京、p392-5, 2015

 

馬場正之:放射線神経障害. 今日の診断指針 第7版、医学書院、東京、p665-7, 2015.

 

今智矢,若林孝一,冨山誠彦:巨細胞性多発筋炎・心筋炎,胸腺腫を伴う重症筋無力症, 日本臨牀別冊 骨格筋症候群 第2版(下)389-392, 2015.

 

【その他】

Baba M: DVD [Neurological Examination in neuropathic pain]、Daiichi-Sankyo Co.,Ltd. 2015

 

学会発表

【国際学会】特別講演

DS5565 Asian Investigators Meeting  117日、神戸

Baba M: [Plenary lecture] Neuropathic pain and neurological assessment

 

3rd Tokyo Super EMG seminar  718日-19日、東京

Baba M: [Hands On] Near-nerve neurography.

 

19th Internation Congress of Parkinson’s disease and Movement Disordes, Jene 14-18, 2015, SanDiego, CA, USA

Tomiyama M: Morphological basis of levodopa-induced dyskinesia.

 

【国際学会】一般演題

The Peripheral Nerve Society 627日-71日、Quebec市、カナダ

Baba M, Suzuki C, Tomiyama M: Staging system of diabetic neuropathy by nerve conduction study in the lower limb.

 

26th Annual Meeting of the Diabetic Neuropathy Study Group of the EASD 9 11日~13, Hersingor, デンマーク

Baba M, Suzuki C, Yagihashi S:Staging system of diabetic neuropathy by sural and tibial nerve conduction study.

 

Suzuki C, Kon T, Funamizu Y, Ueno T, Haga R, Nishijima H, Akira A, Tomiyama M, Baba M. Elevated pain threshold in painful diabetic neuropathy: a study by intraepidrmal electrical stimulation.

 

XXII World Congress of Neurology, Oct 31-Nov 5, 2015, Santigao, Chile

Tomiyama M, Funamizu Y, Kon T, Haga R, Ueno T, Nishijima H, Arai A, Suzuki C, Nunomura J, Baba M. Duloxetine, a serotonin and norepinephrine reuptake inhibitor, reduces daily OFF time in Parkinson’s Disease.

 

Funamizu Y, Nishijima H, Ueno T, Ueno S, Yagihashi S, Tomiyama M:Morphologic changes of dendritic spines of medium spiny neurons in nucleus accumbens in 6-OHDA-lesioned rats treated with levodopa

 

XXI World Congress on Parkinson’s Disease and Related Disorders  127日 ミラノJ. Nunomura et al; Dyskinesia and L-Dopa treatment

 

国内学会【特別講演】

第14回高松国際パーキンソン病シンポジウム,3月1日,香川国際ホール,高松市.

冨山誠彦.ジスキネジアの予防は可能か?

 

第35回日本脳神経外科コングレス,ランチョンセミナー 5月9日,パシフィコ横浜,横浜市 冨山誠彦.基底核回路から診るパーキンソン病治療.

 

第56回日本神経学会,イブニングセミナー5月22日,朱鷺メッセ新潟,新潟市

冨山誠彦.ジスキネジア発現機序の解明に向けて.

 

JPA北海道・東北ブロック交流会青森大会 8月29日 アップルパレス青森

冨山誠彦:シンポジウム「地域で診る」新しい難病法におけるこれからの諸問題ー医療の立場からー

 

JSBET & 宮古島神経科学研究会11月21-22日 ホテルブリーズベイマリーナ 宮古市.冨山誠彦:L-ドパ誘発ジスキネジアの発症機序   

 

第3回日本難病医療ネットワーク学会. 11月14日 仙台国際センター

冨山誠彦:ドパミンアゴニスト貼付剤のメリット

 

第33回日本神経治療学会11月26日 名古屋国際会議場、名古屋市

冨山誠彦 基底核回路を考えたパーキンソン病治療

 

第57回日本糖尿病学会5月23日、小倉市

馬場正之:ランチョンセミナー講演「糖尿病神経障害の感覚機能検査:最近の動向とPINT検査について」

 

第12回 臨床神経生理学会電気診断技術セミナー7月18日~19日、東京

馬場正之: ランチョンセミナー「NCSによる糖尿病神経障害の重症度診断」

馬場正之: 基礎コース講義「まとめ・電気診断による患者アプローチ法」

馬場正之: 神経筋傍電極による神経電位記録の実習

 

国内学会【一般演題】

日本神経学会東北地方会3月14日 仙台市

船水章央,今智矢,三木康生,冨山誠彦,上野達哉,羽賀理恵,西嶌春生,新井陽,鈴木千恵子,馬場正之,栗原愛一郎,後藤雄一:脊髄障害で発症した中枢神経限局性血管炎の一例.

 

第40回日本脳卒中学会総会3月26日 広島市

布村仁一他:脳動脈瘤を見いだせなかったくも膜下出血症例

 

山川瑞恵,村上美保,今千尋,柳谷智美,森田要,布村仁一,佐々木達也,冨山誠彦:脳卒中後の経鼻胃管栄養患者への粘度調整食品の効果.

 

八木橋恵,船水章央,今智矢,上野達哉,羽賀理恵,西嶌春生,新井陽,馬場正之,冨山誠彦:青森県が行った脳卒中CMは脳梗塞患者の発症-来院時間を短縮した.

 

第56回日本神経学会学術大会5月20日-23日 朱鷺メッセ 新潟市

布村仁一,松永宗雄,冨山誠彦,尾崎勇,鈴木千恵子,西嶌春生,上野達哉,羽賀理恵,今智矢,船水章央,馬場正之:進行性核上性麻痺と小脳症状

 

鈴木千恵子,今智矢,船水章央,上野達哉,羽賀理恵,西嶌春生,新井陽,布村仁一,馬場正之,冨山誠彦:糖尿病性神経障害の最小痛覚閾値法と電気生理学的重症度分類(馬場分類)の相関.

 

Nishijima H, Ueno T, Yamazaki K, Funamizu Y, Kon T, Haga R, Arai A, Suzuki C, Nunomura J, Baba M, Ueno S, Tomiyama M. Duloxetine increases effects of levodopa in a rat model of Parkinson’s disease.

 

今智矢、船水章央、西嶌春生、羽賀理恵、上野達哉、新井陽、鈴木千恵子、布村仁一、馬場正之、冨山誠彦:青森県における多系統萎縮症診療の実態調査

 

56回日本神経病理学会総会63-5日 福岡市

今智矢,三木康生,丹治邦和,森文秋,冨山誠彦,豊島靖子,柿田明美,高橋均,内海潤,佐々木秀直,若林孝一:Neuron derived orphan receptor-1はシヌクレイノパチーの封入体に局在する.

 

大脳基底核研究会7月18日 犬山市

船水章央,西嶌春生,上野達哉,上野伸哉,八木橋操六,冨山誠彦:レボドパ反復投与を行ったパーキンソン病モデルラットにおける側坐核ニューロンのスパイン形態変化

 

第96回日本神経学会東北地方会9月26日 福島テルサ 福島市

鈴木千恵子,今智矢,船水章央,上野達哉,羽賀理恵,西嶌春生,新井陽,布村仁一,馬場正之,冨山誠彦,大和田真玄,今田篤: IFN-β使用中に心筋症を発症した多発性硬化症の一例

 

今智矢、船水章央、西嶌春生、羽賀理恵、上野達哉、新井陽、鈴木千恵子、布村仁一、馬場正之、冨山誠彦:肥厚性硬膜炎を合併したneuromyelitis optica spectrum disorder の一例.

 

第9回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス10月17日 品川プリンスホテル 東京都

布村仁一他:L-Dopa治療とジスキネジア

 

西嶌春生,上野達哉,船水章央,今智矢,羽賀理恵,新井陽,鈴木千恵子,布村仁一,馬場正之,上野伸哉,冨山誠彦:デュロキセチンはパーキンソン病モデルラットにおいてレボドパの効果を増強する.

 

第20回日本神経感染症学会総会・学術総会10月22日

上野達哉, 船水章央, 今智矢, 羽賀理恵, 西嶌春生, 新井陽, 村上千恵子, 布村仁一, 馬場正之, 冨山誠彦: 脊髄硬膜動静脈瘻に合併した脊髄膿瘍・細菌性髄膜炎の1例

 

平成27年度糖尿病性神経障害を考える会10月24日 都市センターホテル 東京

鈴木千恵子,馬場正之,水上浩哉,八木橋操六: 糖尿病性神経障害における電気生理学的重症度分類(馬場分類)の特徴についての検討

 

第3回日本難病医療ネットワーク学会11月13−14日

藤田香央里,斎藤智恵,冨山誠彦: 青森県における神経難病患者受け入れに関するアンケート結果

 

22回東北神経病理研究会1114日 盛岡市

今智矢,船水章央,西嶌春生,羽賀理恵,上野達哉,新井陽,鈴木千恵子,布村仁一,馬場正之,昆博之,渡辺みか,冨山誠彦:神経内視鏡下生検で診断したErdheim-Chester病の一例、

 

第45回日本臨床神経生理学会11月5日-7日 大阪国際会議場 大阪市

鈴木千恵子,馬場正之,今智矢,船水章央,上野達哉,羽賀理恵,西嶌春生,新井陽,布村仁一,冨山誠彦:糖尿病性神経障害における最小痛覚閾値測定法と、電気生理学的重症度分類(馬場分類)との関係

 

第30回日本糖尿病性合併症学会11月28日 ウインクあいち 名古屋市

鈴木千恵子,馬場正之,今智矢,船水章央,上野達哉,羽賀理恵,西嶌春生,新井陽,布村仁一,冨山誠彦,水上浩哉,八木橋操六: 糖尿病性神経障害における電気生理学的重症度分類(馬場分類)と表皮内神経密度、最小痛覚閾値の相関.

 

33回日本神経治療学会総会1128日 名古屋国際会議場 名古屋市

岩下充宏, 鈴木千恵子, 布村仁一, 冨山 誠彦: Foix-Alajouanine症候群をきたした脊髄血管奇形の3例

 

【研究会、セミナーなど】

DS5565国内開発会議125日、東京

馬場正之:特別講演「糖尿病神経障害の病態と神経学的診断」

 

東北大学神経筋電気診断講習会130日 仙台市

馬場正之:圧迫性神経障害の神経伝導検査、運動ニューロン病のEMG.

 

鷹巣DLB勉強会.130日.ホテルニュー松尾.北秋田市

冨山誠彦:パーキンソン病とレビー小体型認知症.

 

クリニカルカンファレンスセミナー2月23日 アップルパレス青森,青森市  

新井陽:認知症を診断する

 

パーキンソン病フォーラム.25日.三重県総合文化センター,津

冨山誠彦:ジスキネジアの発症機序とパーキンソン病進行期の治療について.

 

糖尿病神経障害AS3201 電気生理判定会215日、東京

馬場正之:糖尿病神経障害の神経伝導

 

166回南空知臨床研究会219日、岩見沢市

馬場正之: しびれる手、痛む足:感覚異常へのアプローチ

 

青森県DBS研究会2月21日 青森国際ホテル、青森市

冨山誠彦:パーキンソン病治療におけるDBSのこれからの立ち位置.

 

第7回東播磨糖尿病教育セミナー2月21日 加古川市

馬場正之:特別講演「糖尿病神経障害の診断と治療アップデート」

 

痛みとしびれのプライマリーケアセミナー2月25日 長岡市

馬場正之:特別講演「手足のしびれと痛み:外来でのアプローチ」

 

第6回岩手県北・八戸神経疾患研究会2月28日 八戸市

布村仁一:パーキンソン病治療のわき道

 

東日本リリカ スピーカーミィーティング3月1日、東京

馬場正之:基調講演「神経障害性疼痛: 我が国の現状」

 

パーキンソン病治療を考える会 3月17日 ANAクラウンプラザホテル 大阪市

冨山誠彦:基底核回路から診るパーキンソン病治療

 

西日本リリカ スピーカーミィーティング3月22日、東京

馬場正之:神経障害性疼痛: 我が国の現状

 

医師の勤務環境に関する勉強会3月14日 秋田ビューホテル.秋田市

冨山誠彦:医師の働きやすい環境づくり-私たちのチャレンジと躓き-.

 

病院勤務の医療従事者向け認知症対応力向上研修3月21日 青森県医師会館 青森市

新井陽:認知症

 

糖尿病神経障害AS3201 電気生理判定会4月19日、東京

馬場正之:糖尿病神経障害の神経伝導.

 

Meet the Expert in長久手4月21日、名古屋市

馬場正之:特別講演「糖尿病神経障害の電気診断と治療」

 

パーキンソン病治療懇話会6月6日 室蘭市

布村仁一:CDSを考えたドパミンアゴニスト治療の経験

 

糖尿病神経障害AS3201 研究会6月14日、東京

馬場正之:糖尿病神経障害の神経伝導.

 

山形糖尿病性神経障害懇話会6月19日、山形市

馬場正之:特別講演「糖尿病神経障害の診断と治療アップデート」

 

多職種連携クリニカルカンファレンスセミナー6月22日 アピアあおもり 青森市

新井陽:脳の病気としてとらえる『認知症』

 

かかりつけ医のための神経障害性疼痛7月7日 ホテル青森 青森市

村上千恵子:神経障害性疼痛のマネジメント

 

第21回青函神経疾患フォーラム7月11日 八戸市

上野達哉, 船水章央, 今智矢, 羽賀理恵, 西嶌春生, 新井陽, 村上千恵子, 布村仁一, 馬場正之, 冨山誠彦:当科におけるパーキンソン病患者の眠気の評価

 

第1回青森県難病医療ネットワーク研修会7月18日 青森市

布村仁一:コミュニケーションが勝負を分ける?

 

トレリーフライブ配信講演会7月23日

冨山誠彦:パーキンソン病治療を再考するーパーキンソン病を疑ったときの検査の流れー

 

ノウリアストm3配信講演2015年7月

冨山誠彦:ジスキネジアへの対処法と非ドパミン系薬剤の位置付け

 

糖尿病神経障害AS3201 研究会7月26日、東京

馬場正之:糖尿病神経障害の神経伝導。

 

第296回 八戸脳卒中研究会7月30日、八戸市

馬場正之:糖尿病と脳卒中

 

第49回弘前地区精神科医会7月31日、弘前市

馬場正之:神経疾患の診断と治療~パーキンソン病を中心に~

 

秋田ストローク研究会8月24日 秋田県立脳研センター 秋田市

冨山誠彦:パーキンソン病治療に伴うジスキネジアの発現機序

 

ノウリアスト学術講演会in八戸9月2日 八戸パークホテル 八戸市

冨山誠彦:ジスキネジアの最先端 これであなたもジスキネジアマニア

 

むつ下北薬剤師会講演会9月3日、むつ市

馬場正之:特別講演「パーキンソン病治療の実際」

 

1st Kyoto Neurology Forum 29月5日 新都ホテル 京都市

冨山誠彦:基底核回路を考えたパーキンソン病治療 ドパミンアゴニスト貼付剤のメリット

 

パーキンソン病友の会室蘭ブロック西胆振地区医療講演会9月5日 室蘭市

布村仁一:パーキンソン病の画像診断

 

ハッピーフェイスセミナー in 横浜9月25日 ロイヤルパークホテル横浜 横浜市

冨山誠彦:ジスキネジアの発症機序とパーキンソン病進行期の治療について

 

痛みとしびれのプライマリーケアセミナーイン新潟9月30日、新潟市

馬場正之:しびれる手、痛む足

 

鈴木千恵子:糖尿病治療研究会MITO10月2日 フェリヴェールサンシャイン 水戸市

最新の糖尿病性神経障害の知見

 

平内町認知症オレンジネットミーティング10月21日 平内中央病院 平内町

新井陽:地域で認知症をみるために

 

第3回パーキンソン病港カンファレンス11月16日 ホテルヴィラフォンテーヌ汐留

冨山誠彦:パーキンソン病進行期の問題点

 

青森ドパミン研究会11月18日 ホテルJALシティ青森.青森市.

西嶌春生,上野達哉,上野伸哉,冨山誠彦:パーキンソン病モデルラットにおけるレボドパ反復投与後の前頭前野神経細胞の樹状突起上スパインの形態変化.

 

五所川原保育所勉強会11月19日 五所川原市

布村仁一:子供にみられる神経系の疾患

 

上十三医師会七戸地区勉強会11月24日 公立七戸病院 七戸町 

新井陽:地域で認知症をみるために

 

南房総Parkinson’s Diseae up to date12月4日 亀田総合病院 

冨山誠彦:進行期パーキンソン病の治療管理

 

青森認知症オレンジミーティング12月2日 ホテルクラウンパレス青森 

新井陽:地域で認知症をみるために

 

青森市地域包括支援センター連絡会研修会12月22日 アピオあおもり 青森市

新井陽:認知症の理解

 

【公開講座】

第5回脳卒中けんみん公開講座4月19日,青森市民ホール 青森市

冨山誠彦:血管がつまらない話.

 

青森市難病医療相談事業7月31日 元気プラザ 青森市

冨山誠彦:パーキンソン病とともに

 

青森市難病医療講演会10月21日 元気プラザ 青森市

村上千恵子:多発性硬化症について

 

パーキンソン病健康教室in岡山8月1日 岡山衛生会館三木記念ホール 岡山市 

冨山誠彦:パーキンソン病との付き合い方

 

宮古島市市民公開講座11月22日 宮古島合同庁舎 宮古市

冨山誠彦:知って長生き脳卒中予防大作戦

 

【その他】

大塚製薬社内勉強会2月17日 大塚製薬青森営業所 青森市

冨山誠彦:ロチゴチンの利点と欠点,

 

協和発酵キリン社内勉強会4月6日,ホテル青森 青森市

冨山誠彦:パーキンソン病診療のポイント

 

協和発酵キリン社内勉強会4月23日 , 協和発酵キリン東京支社

冨山誠彦:パーキンソン病診療のポイント,

 

青森県健康福祉部病院局合同会議.2月12日,つくしが丘病院 青森市

冨山誠彦:青森県における認知症の状況について

 

ATVテレビ診察室3月7日

冨山誠彦:パーキンソン病とレビー小体型認知症

 

青森県健康福祉部病院局合同会議9月1日,青森県立中央病院 青森市

冨山誠彦:青森県における神経疾患診療の問題点.

 

平成27年度バイエル社内勉強会10月19日 青森市

今智矢:脳梗塞初期診療の実際

 

三共製薬社内勉強10月27日 青森市

馬場正之:中枢性疼痛の病態と治療ニーズ

 

MDS2015からみる今後のパーキンソン病領域の基礎・臨床の方向性記録集

大熊泰之、前田哲也、永井将弘、冨山誠彦、斎木英資.

 

おひさまクリニックさんさん会10月3日 浅虫観光温泉ホテル 

冨山誠彦:中らない人生を送るために

 

協和発酵キリン社内勉強会10月26日 協和発酵キリン東京支社

冨山誠彦:パーキンソン病における日中の眠気

 

青森県立中央病院研修医勉強会1月20日 青森市

今智矢:研修医のための脳梗塞診療in ER

 

第2回青森ICLS指導者養成ワークショップ1月25日 青森市

今智矢:講師

 

県病ICLSコース3月1日 青森市

今智矢:講師

 

第56回日本神経学会学術集会5月23日 新潟市

鈴木千恵子:神経伝導検査 ハンズオン 講師

 

第12回臨床神経生理学会電気診断技術セミナー7月18日~19日、東京

鈴木千恵子:ベーシックコース 神経伝導検査 誘発筋電図 ハンズオン 講師

 

第2回青森県立中央病院院内CPC7月22日 青森市

今智矢:末梢神経系シュワン細胞にαシヌクレインの沈着を認めた多系統萎縮症の一例、

 

第5回県病ISLS/PSLSコース9月27日

今智矢: 講師

 

第5回北東北道南神経筋電気診断セミナー.10月17日 青森市

馬場正之 講師

鈴木千恵子 講師

新井陽 講師

 

青森県立中央病院研修医勉強会11月17日 青森市

今智矢:研修医のための脳梗塞診療

 

【表彰】

青森県立中央病院平成26年度医誌優秀論文賞 ベスト論文賞

西嶌春生 他:青森県における筋萎縮性側索硬化症治療の実態」青森県立中央病院医誌.59巻 8-13, 2014

 

日本臨床神経生理学会 優秀ポスター賞

鈴木千恵子 他:糖尿病性神経障害における最小痛覚閾値測定法と、電気生理学的重症度分類(馬場分類)との関係

 

Author: Categories: 研究日記 Tags: