Archive

Author Archive

第60回日本糖尿病学会

6月 11th, 2017

名古屋で開催された糖尿病学会に参加してきました。当神経内科からは、馬場先生が教育講演、私が糖尿病性ニューロパチーのシンポジウムで発表をしてきました。ここ数年取り組んでいるsmall fiberの機能評価についてのおはなしをさせていただきました。

糖尿病学会は、名古屋国際会議場をメイン会場とし、市内3か所の会場で開催される大変巨大な学会です。ポスターのメイン会場は、なんと国際会議場の地下駐車場で、はしからはじまで、びっちりポスターが展示してあり、やや薄暗いなか、目当てのポスターをさがすのにも一苦労です。どこの会場もたくさんの人であふれていましたが、ここに集っているすべての人が「糖尿病」という一つの病気に関心があるのかと思うと、ちょっと驚くべきものがあります。看護師さん、栄養士さんなどのコメディカルの方の発表も、神経学会と比べてかなり多く、コメディカルを対象としたシンポジウムもあったようです。コメディカルの方の学会参加といった点で 糖尿病学会はだいぶ進んでいるという印象をもちました。神経学会と同じように英語のプログラムも多くありましたが、英語での教育講演やシンポジウムにはすべて同時通訳がついていたようです。私の発表したシンポジウムでは外国からの演者が2人日本人4人という構成でしたが、これにも同時通訳がついていました。英語が重要であることには異論はありませんが、英語の不得手な聴衆にも十分に理解してもらうという点で、同時通訳は、大変よい試みであると思いました。神経学会でも是非採用していただきたいです。

糖尿病学会では、毎年Morning Runというイベントがあるそうで、参加してみました。今年は名古屋城のまわりを早朝4km弱はしるというコースで、ゲストランナーは 金メダリストの高橋尚子さんでした。Qちゃんよんでくるとは、糖尿病学会なかなかやります。開会式のあと、Qちゃんと一緒に準備体操をして、コース中2か所でハイタッチもしてもらったし、大満足です。

同じ医学系の学会ですが、神経学会とは結構雰囲気がちがう感じでなかなか興味深かったです。シンポジウムの発表は、この分野のご高名な先生方とご一緒させていただくこととなり、とても緊張しましたが、貴重な経験をさせていただきました。関係の皆様に感謝申し上げます。(村上)

 

Author: Categories: 研究日記 Tags:

青森けんみん公開講座ー脳卒中ー

4月 13th, 2017

4月23日 脳卒中のけんみん公開講座が開催されます。皆様ふるってご参加ください。入場無料です。

Author: Categories: 診療日記 Tags:

新メンバーです

4月 9th, 2017

春になって、脳神経センターに、新しいメンバーを迎えました。皆様よろしくおねがいいたします。

 

Author: Categories: 診療日記 Tags:

第42回 日本脳卒中学会

3月 27th, 2017

2017年3月16-19日に大阪国際会議場で第42回日本脳卒中学術集会があり参加してきました。当科からは冨山先生、布村先生、今先生、私の4名が演題発表をしてきました。学会では、椎骨動脈解離やDOAC、stroke mimicsの発表などを見てきました。特に、3月18日のランチョンセミナーであったASLとstroke mimicsの話は、実際に私たちも通常の業務で使用しているMRIの撮像法でしたので、病態の解釈の仕方など興味深く拝聴しました。

当院ではリハビリ専門のDrが不在のため、今回リハビリの先生方の発表を少しだけお手伝いさせて頂きました。左半球脳卒中で失語・失行、右半球脳卒中で半側空間無視・病態失認・身体失認がある症例で最終的に麻痺の改善がどうなるのかといった発表をしてきました。私自信リハビリの知識が不足していましたので、リハビリ関連の文献などを一緒に読み、リハビリの先生方の考え方をきくことができて大変勉強になりました。そして、リハビリの先生方が次に向けて新たな発想が生まれてきていたことに感心しました。当日の発表では、二人とも相当緊張されているようでしたが、練習通りに発表をし、想定内の質問もあり、固まってしまうこともなく無事に発表を終えていました。

臨床での疑問⇒臨床研究⇒学会発表⇒論文作成といった一連の過程をとることでさらに、学会発表のスキルが向上し、今回以上に良い研究ができ、臨床へもfeedbackされるかと思います。今後は今回の発表した演題を、質問であった内容も踏まえて、青森県立中央病院医誌に論文投稿できるような形で是非まとめていただき、来年も継続して頂きたいと思います。(上野記)

 

 

Author: Categories: 研究日記 Tags:

神経学会東北地方会―引地先生デビュー

3月 21st, 2017

この週末は、仙台で恒例の春の神経学会東北地方会があり、今回は研修医の引地浩基Drが初舞台を踏みました。発表症例は「抗MOG抗体陽性の視神経周囲炎」。例によって神内医局で2度のリハーサルを経て臨んだ引地Drの発表は簡潔かつ明快なもので、とても初めての演壇とは思えない堂々たるものでした。プレゼン後のフロアからの質問に対しても、質問者の方をしっかりと見据えて明快に説明、万が一の補足に備えてフロアに陣取った先輩たちの微かな危惧さえも完全に吹き飛ばす素晴らしい出来栄えでした。一方、新井Drによる「町議会議員の顔が分からなくなり失職したタクシー運転手」の発表は引地Drの発表と完全に同一時刻の別会場。小生は引地Drの発表の後に急いで移動したのでしたが、新井Drの姿はすでに演壇上になく、聴きそびれました。残念。(馬場記)

新井先生の久しぶりの地方会発表は、さすがベテラン。おちついた発表ぶりでした。(村上記)

 

Author: Categories: 研究日記 Tags:

ファン故障!

2月 27th, 2017

先週はじめに講演のために東京に出かけ、講師控室でパワーポイントを試写中に、突然「ファンが不調です! 性能を十分発揮できない可能性があります!」との警告が画面に現れました。「え~っ」とビックリ仰天。冷却ファンが止まってPCの底がどんどん熱くなってくる中、慌てて講演データをUSBメモリーにコピーして、会場のPCで講演を無事終了した次第でした。病院に帰って直ぐに新しいPC購入の手続きをしましたが、公費購入では新PCが手元に来るまで日時がかかる(泣)。その間は何としても現PCに頑張ってもらわないと! そこで「今日の治療指針」の上においたPCの下からミニ扇風機による送風を試みました! (写真)こんな応急処置で我がヨタリPCは何とか無事に動いてます~が、いつご昇天なさるのかは神のみぞ知る。早く来い来い、新PC~。(2/24,ババ記)

Author: Categories: 診療日記 Tags:

県民公開講座開催しますーてんかんー

2月 17th, 2017

てんかんに関する県民公開講座を開催します。ご興味のある方はぜひおこしください。

Author: Categories: 診療日記 Tags:

院内クリスマスコンサート

12月 13th, 2016

212月15日木曜日 午後6時30分から院内クリスマスコンサートが開催されます。今年も当神経内科の 馬場先生 上野先生が出演します!皆様ふるってご参加ください。

Author: Categories: 診療日記 Tags:

第6回北東北道南神経筋電気診断技術セミナー

12月 7th, 2016

10月15日 北東北道南神経筋電気診断セミナーを当神経内科主催で開催しました。このセミナーも今年で6回目です。当日は秋晴れの大変良いお天気でしたが、皆様朝から夕方まで熱心に実習にとりくんでいただけました。今年もありがたいことに、多くの方のお申込みをいただきました。小人数のハンズオンセミナーですので、すぐに定員に達してしまい、お申込みをお断りせざるを得ないところは、大変心苦しくおもっているところです。人もお金もものすごく節約して運営してますので、セミナー当日までいろいろ気がもめますが、始まってしまえば、一日があっ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

という間にすぎ、時間がちょっとたらなかったかなと思うくらいでした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

馬場先生はほとんどの講義を担当し、例年のように、のりのりでお話をされていました。SEP担当の尾崎先生は、今年はテキストを大幅に改定し、大量のイラスト、参考文献をつけた、立派なものを作っていただきました。尾崎先生によると、まだまだ理想の完成形には程遠いのだそうです。私は十分立派なテキストと思いましたが。初級コース担当の新井先生は、前日に腰を痛めるというアクシデントがあり、当日の登板が危ぶまれましたが、腰をかばいつつ、一日がんばっていただきました。また日本光電さんには、今年も、多大なサポートをしていただきました。皆様のご協力に深く感謝いたします。ありがとうございました。

Author: Categories: 研究日記 Tags:

平成28年度自治体病院・診療所職員研究等顕彰 西嶌先生が表彰されました

11月 15th, 2016

平成28年度自治体病院・診療所職員研究等顕彰に臨床医学部門で選ばれました。11月11日に賞状と記念品の授与式があり、研究内容を発表させていただきました。受賞対象となった論文は以下のものです。

 

 

題名:Effect of educational television commercial on pre-hospital delay in patients with ischemic stroke (虚血性脳卒中患者の発症から来院までにかかる時間の短縮に対する市民教育のためのテレビコマーシャルの効果)

掲載雑誌:Neurological Sciences 37巻 105~109ページ (2016年1月号)

筆頭著者:西嶌春生

共同研究者:今智矢、上野達哉、羽賀理恵、山﨑啓史、八木橋恵、船水章央、新井陽、鈴木千恵子、布村仁一、馬場正之、冨山誠彦

dscn4941

当科には2010年度~2013年度の4年間で約1200人の急性期虚血性脳卒中患者の入院がありましたが、そのデータを青森県の脳卒中教育テレビコマーシャル放映と関連付けて解析した論文です。得られた知見を今後の脳卒中診療や脳卒中市民教育に役立てていきたいと思います。検査、治療等に関わった当院の多くの皆様、また急性期治療終了後の入院管理、回復期リハビリテーションをお願いした他病院の諸先生方、スタッフの皆様に心より感謝申し上げます。今回の受賞を大変光栄に存じますが、授賞式では近年この研究顕彰への応募数が少なくさびしいとのお話がありました。皆様お忙しい中と存じますが来年度は是非ふるってご応募お願いします。私も臨床に役立つような研究をしてまた応募できるよう努力していきたいと思います。

本研究顕彰では、青森県立中央病院から放射線部門で泊公之先生、看護部門で山崎喜子先生、薬剤部門で平野龍一先生も受賞されました。どのご研究も臨床に直接役立つ内容で大変感銘を受けました。今後のご活躍も期待しております。この度はおめでとうございました。

 

 

(西嶌 記)

 

Author: Categories: 研究日記, 診療日記 Tags: