第36回日本神経治療学会 優秀演題賞受賞

12月 6th, 2018

有明で開催された 日本神経治療学会で、当科の村上(鈴木)千恵子先生が、優秀演題賞を受賞しました! おめでとうございます。

鈴木千恵子:しびれのある糖尿病性神経障害は重度の神経障害があるといえるのか

Author: Categories: 診療日記 Tags:

日本難病医療ネットワーク学会

11月 30th, 2018

岡山で開催された、日本難病医療ネットワーク学会で、当院の藤田看護師が優秀口演賞を受賞しました!

おめでとうございます。

Author: Categories: 研究日記 Tags:

2017年 業績

11月 27th, 2018

2017年

 

論文

【欧文原著】

Kobori M, Yagihashi S, Shiina N, Shiozawa N, Haginoya A, Ojima M, Douguchi S, Tamasawa A, Saito M, Baba M, Osonoi T: Four year sequential nerve conduction changes since first visit in Japanese patients with early type 2 diabetes.  J Diabetes Investig 8: 369-376, 2017

 

Nishijima H, Ueno T, Ueno S, Mori F, Miki Y, Tomiyama M. Levodopa-Induced Morphologic Changes of Prefrontal Pyramidal Tract-Type Neurons in a Rat Model of Parkinson’s Disease. Neurosci Res 115: 54-58, 2017

 

Nishijima H, Ueno T, Kon T, Haga R, Funamizu Y, Arai A, Suzuki C, Nunomura J, Baba M, Tomiyama M. Effects of duloxetine on motor and mood symptoms in Parkinson’s disease: an open-label clinical experience. J Neurol Sci 375: 186-189, 2017

 

Nishijima H, Ueno T, Funamizu Y, Ueno S, Tomiyama M. Levodopa treatment and dendritic spine pathology. Mov Disord In Press

 

Nishijim H, Ueno T, Kon T, Haga R, Funamizu Y, Arai A, Suzuki C, Nunomura J, Baba M, Tomiyama M. Effects of educational television commercial on pre-hospital delay in patients with ischemic stroke wore off after the end of the campaign. J Neurol Sci 381: 117-118, 2017

 

Ueno T, Nishijima H, Arai A, Tomiyama M. Acute hemorrhagic cerebellar infarction presenting with isolated head titubation. J Neurol Sci. 372: 456-458, 2017.

 

Ueno T, Nishijima H, Kon T, Nunomura JI, Tomiyama M. Acute progressive human T-lymphotropic virus type 1-associated myelopathy with Sjögren’s syndrome: Cause or coincidence?  J Neurol Sci. 373: 33-34, 2017.

 

Ueno T, Sasaki M, Nishijima H, Funamizu Y, Kon T, Haga R, Arai A, Suzuki C, Nunomura JI, Baba M, Tomiyama M. LSVT-BIG Improves UPDRS III Scores at 4 Weeks in Parkinson’s Disease Patients with Wearing Off: A Prospective, Open-Label Study. Parkinsons Dis. 2017; 2017: 8130140.

 

Ueno T, Nishijima H, Ueno S, Tomiyama M. Spine Enlargement of Pyramidal Tract-Type Neurons in the Motor Cortex of a Rat Model of Levodopa-Induced Dyskinesia. Front Neurosci. 11: 206, 2017.

 

Ueno T, Nishizawa H, Suzuki C, Nunomura JI, Tomiyama M. Downbeat nystagmus as an initial clinical sign in spinocerebellar ataxia type 6. Neurol Sci. 38:1543-1545, 2017.

 

Ueno T, Hikichi H, Kon T, Nunomura JI, Tomiyama M. Bacterial meningitis due to Streptococcus pneumoniae following untreated idiopathic hypertrophic pachymeningitis. J Neurol Sci. 380: 44-45, 2017.

 

Ueno T, Saito A., Hikichi H, Kon T, Nunomura, JI, Midorikawa H, Tomiyama M. Unilateral moyamoya disease with ipsilateral carotid canal hypoplasia: A case report. Interdisciplinary Neurosurgery 2017.

 

Ueno T, Nishijima H, Ito J, Tomiyama M. Ossification of the Posterior Atlantoaxial Membrane: An Atypical Presentation. Intern Med. 56: 2689-2690, 2017.

 

Ueno T, Kon T, Kurihara AI, Tomiyama M. Unilateral Oculomotor Nerve Palsy Following Campylobacter Infection: A Mild Form of Miller Fisher Syndrome without Ataxia. Intern Med. 56: 2929-2932, 2017.

 

Ueno T, Kon T, Haga R, Nishijima H, Tomiyama M. Motor vehicle accidents in Parkinson’s disease: A questionnaire study. Acta Neurol Scand. 2017 [Epub ahead of print]

Kon T, Funamizu Y, Ueno T, Haga R, Nishijima H, Arai A, Suzuki C, Nunomura J, Baba M, Tomiyama M. Dermatomal Sensory Manifestations in Opalski Syndrome. J Stroke Cerebrovasc Dis. 26: e18-e19, 2017.

Kon T, Ueno T, Suzuki C, Nunomura J, Igarashi S, Sato T, Tomiyama M. Aquaporin-4 antibody positive neuromyelitis optica spectrum disorder associated with esophageal cancer. J Neuroimmunol. 309: 38-40, 2017.

Kon T, Suzuki C, Hotta R, Funamizu Y, Haga R, Ueno T, Nishijima H, Arai A, Nunomura J, Nukada H, Tomiyama M, Baba M. Utility of nerve conduction studies for diagnosis of injury to the medial branch of the superficial radial nerve. eNeurologicalSci. 8: 38–39, 2017.

Suzuki C, Baba M, Kon T, Funamizu Y, Ueno T, Haga R, Nishijima H, Arai A, Nunomura J, Tomiyama M, Mizukami H, Yagihashi S. An eletrophysiological severity classification system for diabetic polyneuropathy and small fiber dysfunction.Clinical Neurophysiology128: e174, 2017.

 

Nishijima A, Nishijima H, Yanagibayashi S, Hayasaka R, Yoshida R, Takikawa M, Maruyama E, Nishijima J, Yamamoto N. Clinical utility of laser Doppler flowmetry for monitoring digital circulation after replantation: differentiation between tissue ischemia and congestion. J Reconstr Microsurg Open. 02 (01): e69-e71, 2017. DOI: 10.1055/s-0037-1603204.

 

Nishijima A, Yamamoto N, Yoshida R, Hozawa K, Yanagibayashi S, Takikawa M, Hayasaka R, Nishijima J, Gosho M, Nishijima H. Prevalence of coronary artery disease in patients with critical limb ischemia: Retrospective comparison of patients underwent major amputation or not. Plast Reconstr Surg Glob Open. 5: e1377, 2017; doi: 10.1097/

 

Tarakita N, Nishijima H, Yasui-Furukori N. Levodopa-responsive depression associated with corticobasal degeneration: a case report. Neuropsychiatr Dis Treat. 13: 1107-1110, 2017

 

【和文原著】

西嶌春生,船水章央,今智矢,上野達哉,羽賀理恵,新井陽,鈴木千恵子,布村仁一,馬場正之,冨山誠彦.心原性脳塞栓症の発症前の抗凝固療法施行状況について-青森県立中央病院脳神経センター入院患者の現状-.青森県立中央病院医誌.62: 59-64, 2017

 

上野 達哉, 船水 章央, 今 智矢, 布村 仁一, 冨山 誠彦. 青森県における二次医療圏別のParkinson病患者のQOL. 神経内科86 : 386-389, 2017.

 

【和文総説、その他】

馬場正之: 末梢神経・自律神経障害の診察方法。糖尿病診療マスター、15:  947-951, 2017.

 

馬場正之: 有痛性糖尿病神経障害の病態と治療。ペインクリニック、39: 57-68, 2017.

 

冨山誠彦: ジスキネジアの症候と機序 BRAIN and NERVE: 神経研究の進歩69: 1409-1416, 2017.

 

冨山誠彦:【基底核と小脳-その相違と連関】 症状 ジスキネジアと基底核. Clinical Neuroscience 3: 72-74, 2017.

 

鈴木千恵子、馬場正之:下腿を中心としたしびれ感.Clinical neuroscience 36: 491-494, 2017

 

【著 書】

馬場正之: 慢性炎症性多発ニューロパチー.浦上克哉、北村 伸、小川敏英編「図説神経機能解剖テキスト」, 文光堂、p310‐312, 2017.

 

馬場正之:糖尿病神経障害の診断と病期診断のすすめかた。岩本安彦編「糖尿病診療Q&A」中山書店、p158-159, 2017.

 

馬場正之: 糖尿病神経障害。日本糖尿病学会編「糖尿病専門医研修ガイドブック」 改訂第7版、日本糖尿病学会、p299-307, 2017.

 

学会発表

【国際学会】一般演題

  • Movement Disorder Society, 64日―8日、Vancouver, Canada

〇 Tomiyama M, Ueno T, Nishijima H, Funamizu Y, Kon T, Haga R, Arai A, Suzuki C, Nunomura J, Baba M. Driving license and car accidents in patients with Parkinson’s disease.

 

  • Peripheral Nerve Association Annual Meeting78日~12日、Sitges, Spain

〇 Baba M, Suzuki C, Ogawa C, Tomiyama M. Occurrence of diabetic foot by NCS-severeity of diabetic neuropathy: a five-year prospective observation.

 

〇 Suzuki C, Kon T, Funamizu Y, Ueno T, Haga R, Nishijima H, Akira A, Nunomura J, Tomiyama M, baba M. Changes in pain threshold by skin temperature: astudy by intraepidermal electrical stimulation.

 

23rd World Congress of Neurology,  91621、京都, 日本

〇 Baba M, Suzuki C, Ogawa Y, Tomiyama M:  Five-year prospective study on development of diabetic foot with a severity staging system od diabetic neuropathy by nerve conduction study.

 

〇 Tomiyama M, Ueno T, Nishijima H, Funamizu Y, Kon T, Haga R, Arai A, Suzuki C, Nunomura J, Baba M. Driving license and car accidents in patients with Parkinson’s disease.

 

〇 Kurosawa S, Tanaka K, Baba M, et al: Guillain-Barré syndrome-like peripheral nerve injury following allogeneic hematopoietic stem cell transplantation.

 

〇 Nunomura J, Tomiyama M, Suzuki C, Arai A, Nishijima H, Haga R, Ueno T, Kon T, Funamizu Y, Baba M. Current Amyotrophic Lateral Sclerosis Management at the Neurology Department of a Regional Core Hospital.

 

〇 SuzukiC, Baba M, Kon T, Funamizu Y, Ueno T, Haga R, Nishijima H, Arai A, Nunomura J, Tomiyama M, Yagihasihi S. Loss of intraepidermal nerve fibers in Guillain- Barre syndrome

 

〇 Kon T, Suzuki C, Hotta R, Nukada H, Baba M, Tomiyama M. Nerve conduction study for diagnosing injury in the superficial radial nerve.

 

28th Annual Meeting of the Diabetic Neuropathy Study Group of the EASD    

9月 9日~11日,  コインブラ市, ポルトガル

〇 Baba M, Suzuki C, Tomiyama Y: Decline in CMAP amplitude of the tibialis anterior muscle indicates advanced diabetic neuropathy.

 

〇 Nukada H, Baba M, Yagihashi S: Adjuvant effects of diabetic hypertensive neuropathy in spontaneously hypertensive rats.

 

国内学会【特別講演】

 

60回日本糖尿病学会  518日(木)20日(土)、名古屋市

〇 馬場正之: 教育講演「糖尿病神経障害が患者の予後に及ぼすインパクトについて」

 

〇 鈴木千恵子:シンポジウム 糖尿病神経障害の病態理解と治療の進歩 Small fiber neuropathyの臨床と電気生理

 

  • 35回神経治療学会 1116日 大宮

〇 鈴木千恵子:  シンポジウム 難治性ニューロパチーの新規治療展望

糖尿病性ニューロパチー 神経障害性疼痛

 

〇 冨山誠彦 ランチョンセミナー レボドパの代謝と作用発現

 

14回 日本臨床神経生理学会 神経筋電気診断セミナー 71日~2日、東京

〇 馬場正之: ケーススタディ「糖尿病神経障害」

 

〇 鈴木千恵子:小径線維の機能評価

 

〇  鈴木千恵子:ハンズオン講師

 

国内学会【一般演題】

 

 16回日本正常圧水頭症学会 24日 北九州市

〇 布村仁一、冨山誠彦、鈴木千恵子、新井陽、西嶌春生、羽賀理恵、上野達哉、船水章央、今智矢、馬場正之:進行性核上性麻痺と特発性正常圧水頭症の関係

 

 99回日本神経学会東北地方会、311日、仙台市

〇 引地浩基,今智矢,船水章央,上野達哉,羽賀理恵,西嶌春生,新井陽,鈴木千恵子,布村仁一,馬場正之,冨山誠彦、金子仁彦、高橋利幸:抗MOG抗体陽性の視神経周囲炎の一例

 

〇 新井陽、引地浩基、今智也、船水章央、上野達哉、羽賀理恵、西嶌春生、新井陽、鈴木千恵子、布村仁一、馬場正之、冨山誠彦:町議会議員の顔がわからなくなり失職したタクシー運転手の一例.

 

 42回日本脳卒中学会学術集会、316日~19日、大阪市

〇 今智矢、上野達哉、船水章央、羽賀理恵、西嶌春生、新井陽、鈴木千恵子、布村仁一、馬場正之、冨山誠彦:Foix-Alajouanine症候群をきたした脊髄血管奇形の4例、

 

〇 布村仁一、冨山誠彦、鈴木千恵子、新井陽、西嶌春生、羽賀理恵、上野達哉、船水章央、今智矢、馬場正之:睡眠中に発症した脳卒中症例の検討

 

〇 上野達哉、今智矢、船水章央、西嶌春生、羽賀理恵、鈴木千恵子、布村仁一、馬場正之、冨山誠彦: Head titubation を呈した出血性小脳梗塞

 

〇 布村仁一、冨山誠彦、鈴木千恵子、新井陽、西嶌春生、羽賀理恵、上野達哉、船水章央、今智矢、馬場正之:心原性脳塞栓症急性期の再発予防治療

 

 60回日本糖尿病学会  51820日、名古屋市

〇 馬場正之、鈴木千恵子、小川吉司、冨山誠彦: 神経伝導検査による糖尿病神経障害重症度と足病変形成の関連について.

 

〇 神谷 英紀、渡会 敦子、馬場 正之、西村 理明、田嶼 尚子、中村 二郎:JDCP study:

ベースライン調査における糖尿病神経障害の有病率とその特徴に関する検討 。

 

  • 100回日本神経学会東北地方会 930日 盛岡市

〇 冨山誠彦 引地浩基 今智矢 船水章央 上野達哉 羽賀理恵 西嶌春生 新井陽 鈴木千恵子 布村仁一 馬場正之 脳卒中啓発テレビコマーシャルの脳梗塞発症-受診時間への効果

 

 24回東北神経病理研究会、107日、仙台市

〇 今智矢、船水章央、鈴木千恵子、栗原愛一郎、佐藤次生、黒滝日出一、若林孝一、冨山誠彦:脊髄障害で発症した7年後に精神状態変化を来した原発性中枢神経系血管炎の一例.

 

  • 22回日本神経感染症学会総会、1014日、福岡

〇 出崎莉恵, 上野達哉, 船水章央, 今智矢, 羽賀理恵, 西嶌春生, 新井陽, 鈴木千恵子, 布村仁一, 馬場正之, 村上謙介,佐藤次生,冨山誠彦.神経サルコイドーシスによる慢性髄膜炎の1例~脳生検部位選定におけるGd造影FLAIRの有用性~

 

 40回 日本高血圧学会総会 1019日(木)~21日、松山市

〇 額田 均、馬場正之、堀田亮太郎、八木橋操六:高血圧性末梢神経障害に対する糖尿病の影響:高血圧自然発症ラット(SHR)での検討

 

 11回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス, 1026日、東京

〇 上野達哉、今智矢、船水章央、西嶌春生、羽賀理恵、鈴木千恵子、布村仁一、馬場正之、冨山誠彦:パーキンソン病患者の自動車運転事故の予測因子

 

〇 今智矢、上野達哉、船水章央、羽賀理恵、西嶌春生、新井陽、鈴木千恵子、布村仁一、馬場正之、冨山誠彦:衝動制御障害を発症する

 

〇 布村仁一、冨山誠彦、鈴木千恵子、新井陽、西嶌春生、羽賀理恵、上野達哉、船水章央、今智矢、馬場正之;Shy-Drager症候群再考

 

 31 日本糖尿病合併症学会 1027日(金)~29日(日)、東京

〇 馬場正之、鈴木千恵子、小川吉司、冨山誠彦:ワークショップ「糖尿病神経障害は虚血性脳卒中の発症リスクである」

 

  • 日本難病医療ネットワーク学会 1116―17日 岡山

〇 鳴海洋子 鈴木千恵子:筋萎縮性側索硬化症患者は胃瘻増設後に栄養状態が改善しているのか

 

 47回 日本臨床神経生理学会 1129日~121日、横浜市

〇 馬場正之、鈴木千恵子、小川吉司、冨山誠彦:神経伝導検査による糖尿病神経障害の重症度分類からみた足病変・虚血性心/脳イベント発生頻度について。

 

〇 鈴木千恵子、今智矢、船水章央、上野達哉、羽賀理恵、西嶌春生、新井陽、布村仁一、馬場正之、冨山誠彦:体表面温度の低下により痛覚閾値は上昇する

 

【研究会、セミナーなど】

◎ 日本製薬社内勉強会 1月17日 青森市

〇 鈴木千恵子:ギラン・バレー症候群

 

  • 第53回日本運動障害研究会、1月21日、東京

〇 上野 達哉, 佐々木 萌, 今 智矢, 船水 章央, 羽賀 理恵, 西嶌 春生, 新井 陽, 鈴木 千恵子,  布村仁一 , 馬場 正之, 冨山 誠彦:Wearing-offを有するパーキンソン病に対してのLSVT-BIGの効果:prospective open-label study

 

◎ 函館神経障害性疼痛セミナー 1月27日 函館市

〇 馬場正之:糖尿病神経障害の診断と治療 アップデート

 

  • 平成27年度青森県難病指定医研修プログラム 1月29日 青森市

〇 冨山誠彦:神経筋疾患の診断等について

 

◎ 青森市認知症ケアパス懇話会 1月30日 青森市

〇 新井陽:青森市の認知症治療の現状

 

  • 東北 Anticoagulation Expert Meeting in Morioka 2月4日 盛岡市

〇 冨山誠彦:アジア人への抗凝固療法

 

  • 沖縄パーキンソン病講演会 2月10日 那覇市

〇 冨山誠彦 進行期のパーキンソン病治療

 

  • 第16回高松国際パーキンソン病シンポジウム 2月19日 高松市

〇 冨山誠彦 ドパミンアゴニストがないパーキンソン病治療は可能か? Noの立場から

 

◎ かかりつけ医のための糖尿病性神経障害診療セミナー、2月20日、東京

〇 馬場正之:糖尿病神経障害の重症度と予後のかかわり

 

◎ 津軽地区かかりつけ医等認知症研修会、2月23日、青森市

〇 新井陽:認知症の内科治療~認知症非専門/神経内科専門医が考える認知症の内科的治療方針~

 

◎ 青森ドパミン研究会,2月24日 青森市

〇 西嶌春生,上野達哉,船水章央,今智矢,羽賀理恵,新井陽,鈴木千恵子,布村仁一,馬場正之,上野伸哉,冨山誠彦:デュロキセチンは進行期パーキンソン病の運動症状を改善する.

 

◎ ラジカットALS病診連携セミナー 2月25日 青森市

〇 布村仁一:今後の青森県における神経難病治療の展望

 

  • 協和発酵キリン勉強会 2月23日 青森市

〇 上野 達哉:

 

  • 第6回MDSJ教育研修会 3月11日 東京

〇 冨山誠彦:パーキンソン病の非運動症状の治療と運動症状の新しい薬物治療

 

  • 八戸パーキンソン病友の会 3月25日 八戸市

〇 冨山誠彦:パーキンソン病とともに

 

◎ 第41回 道央鵬桜会、4月1日、札幌市

〇 馬場正之: アラブの社会と糖尿病問題、医学教育

 

  • 第7回脳卒中けんみん公開講座 4月23日 青森市

〇 冨山誠彦:胸のときめきは危険信号?

 

  • 東北エリアBG12アドバイザリーボード 5月12日 仙台

〇 鈴木千恵子:青森県のMS診療の現状

 

  • 動画で学ぶ神経症候研究会、5月13日、青森

〇 上野達哉、今智矢、船水章央、西嶌春生、羽賀理恵、鈴木千恵子、布村仁一、馬場正之、冨山誠彦: 症例呈示

 

◎ 第15回青森県脳卒中フォーラム 5月27日 青森市

〇 布村仁一、冨山誠彦、鈴木千恵子、新井陽、西嶌春生、羽賀理恵、上野達哉、船水章央、今智矢、馬場正之、佐々木達也、村上謙介、斎藤敦、中村太源、油川大輝、緑川宏:初診時に見逃されたくも膜下出血症例

 

  • 大日本住友社内勉強会 2017年5月30日 青森市

〇 冨山誠彦:パーキンソン病非運動症状の治療とジスキネジア

 

  • 北東北神経疾患講演会 6月17日 盛岡

〇 冨山誠彦:症例検討

 

  • MDSJ第3回PDナース研修会 6月18日 仙台

〇 冨山誠彦:パーキンソン病の診断と運動症状

 

◎ 平内町認知症勉強会 6月28日 平内町

〇 新井陽:平内町で認知症の早期発見と介入が可能になるためには?

 

  • 青森エリア大腿骨頸部骨折ネットワーク研究会 (第33回) 青森エリア脳卒中診療ネットワーク研究会 (第12回) 第4回合同研究会,6月30日 青森市

〇 西嶌春生,柳谷留美,荒内詠子:脳卒中連携パス症例検討 (急性期病院からの症例提示).

 

  • 高松パーキンソン病市民公開講座 7月8日 高松市

〇 冨山誠彦:ウェアリング・オフについて

 

  • Abbie社内勉強会 7月11日 青森市

〇 冨山誠彦:レボドパの代謝と作用発現

 

  • Parkinson’s Disease Symposium 7月26日 仙台市

〇 冨山誠彦:パーキンソン病進行期治療の考え方

 

  • 座談会 9月5日 東京

〇 冨山誠彦:パーキンソン病患者さんのよりよい治療のために

 

  • おひさまクリニック研修会 9月14日 青森市

〇 冨山誠彦:パーキンソン病を知る

 

  • おひさまクリニックさんさん会 9月14日 青森市

〇 冨山誠彦:認知症かもと思ったら

 

  • 第28回東邦大学大橋神経を考える会 9月28日 東京

〇 馬場正之:糖尿病神経障害の神経学

 

  • 2nd Mirogabalin Steering Committee Meeting, 10月1日 東京

〇 馬場正之: Publication plan of mirogabalin

 

  • 第16回 城北ニューロフォーラム 10月5日 東京

〇 馬場正之:糖尿病患者における神経伝導所見の読み取り方

 

  • 第26回島根糖尿病セミナー 10月14日 出雲市

〇 馬場正之:神経機能低下が及ぼす糖尿病患者のイベント発生と予後

 

  • 第52回 東京女子医大糖尿病センター病診連携の会 11月2日 東京

〇 馬場正之:糖尿病神経障害が患者さまの予後に及ぼすインパクト

 

  • Osaka Neurology Colloquium 12月1日、大阪市

〇 冨山誠彦:大脳基底核回路とジスキネジア

 

  • JB社内勉強会 12月4日 青森市

〇 鈴木千恵子:炎症性ニューロパチー GBSとCIDP

 

  • 第168回旭川神経疾患勉強会 12月5日 旭川市

〇 冨山誠彦:大脳基底核回路とジスキネジア

 

  • 青森県DBS研究会 12月9日 青森市

〇 冨山誠彦:DBS/LCIG/薬剤の棲み分け

 

  • エーザイ社内勉強会 12月19日 青森市

〇 冨山誠彦:AMPA受容体について知っておくと得するかもしれないこと

 

院内研修会

  • 院内研修会、1月27日

〇 新井陽:認知症について

 

  • 青森県立中央病院9階西病棟勉強会,2月28日

〇 西嶌春生:心電図について

 

  • 平成29年度第一回研修医による症例報告会.4月26日

〇 海老名徹,西嶌春生,上野達哉,今智矢,船水章央,羽賀理恵,新井陽,鈴木千恵子,布村仁一,馬場正之,冨山誠彦:ステロイド治療が奏功した亜急性進行性HTLV-1関連脊髄症の1例.

 

  • 認知症・せん妄サポートチーム研修会.9月29日

〇 新井陽:病棟で出会う認知症

 

  • 第3回院内CPC 10月25日

〇 新井陽:大脳皮質基底核症候群を呈したglobular glial tauopathyの85歳女性

 

Author: Categories: 研究日記 Tags:

第48回日本臨床神経生理学会

11月 26th, 2018

日本臨床神経生理学会が有明で開催されました。当院は市中病院ですので、なんでも一通りは診れなくてはいけませんが、一応私自身の専門は、電気生理診断学にあると思っていますので、この学会にはなにをおいても参加しなくてはなりません。今年も一応演題なんとかだすことができてとりあえずよかったです。当科からは、いつものように馬場、村上(鈴木)で参加してきました。学会は実践的な教育講演も多く準備されており、知識の整理に大変役にたちました。

学会を通じて、普段日常的にやっている検査の理解をもっと深めていく必要があるのだなあと感じました。そんなにアクティブに学会活動をしているわけではない私ですが、長年学会に参加しているので、すこしづつ顔見知りの先生も増えてきています。いろんな先生方と情報交換をしたり、がんばってるなあと思ったり。学会ならではの刺激をうけて帰ってきました。

学会の合間に、有明からすぐの今話題の豊洲市場までいってきました。ものすごい人で驚きました。

Author: Categories: 研究日記 Tags:

Movement Disorder Society 2018

10月 26th, 2018

MDSに参加してきました。今年は香港。誰も一緒にいってくれず、一人旅です。といっても4−5時間の近場です。学会は朝から、晩まで、よく勉強させてくれます。ジストニアとか、遅発性ジスキネジアなど普段聞かない話を、楽しく聞いてきました。不思議なことは、面白い!知的好奇心を啓発してくれる学会です。来年はニース!みんなで行きましょう! 冨山誠彦記 

Author: Categories: 研究日記 Tags:

第102回日本神経学会東北地方会

10月 20th, 2018

神経免疫学会がおわった翌日9月22日は、仙台で、東北地方会でした。今回も当科からは2題の演題を発表しました。うち一題は初期研修医2年目の中村先生に発表してもらいました。準備万端で大変おちついた発表でした。中村先生は以前から神経内科を将来の進路として考えてくれているようでしたが、地方会前日に来春から当科に参入してくれることを正式に表明してくれました!当科期待の新人です。みなさまどうぞお見知りおきを。

 

中村崇志:腰部脊柱管狭窄症による神経近障害で持続性高CK血症を示した1例

羽賀理恵:微熱意識障害を主症状としたリウマチ性髄膜炎の1例

Author: Categories: 研究日記 Tags:

第30回日本神経免疫学会 

10月 14th, 2018

郡山で開催された日本神経免疫学会に参加してきました。例年一人で参加していますが、今年は、引地先生に発表をしてもらいました。以下引地先生の感想です。

日本神経免疫学会学術集会に参加してきました。諸先生方の講演を拝聴し、もっと病態や生理学を深いところで理解した上で診療にあたらなければいけないな、と身が引き締まりした。また、神経内科領域は他の科に比べ、治療戦略が少ない印象が今までありましたが、免疫の治療はこれからもどんどん発展すると思わせる、夢のある話をたくさん聞けました。どの分野もそうだと思いますが、免疫の世界もまた、奥が深いです。

引地浩基:当科における抗MOG抗体関連脱髄疾患の検討

Author: Categories: 研究日記 Tags:

第29回日本末梢神経学会

10月 9th, 2018

日本末梢神経学会に参加するためはるばる下関までいってきました。下関、初めて行きましたが、イメージしていたより大分遠く時間もかなりかかりました。これまで この学会に参加したことはありませんでしたが、今回は、痛みの神経生理というテーマでシンポジウムにご指名いただいたので、よい機会と思い、学会にも入会し、一般演題でも発表してきました。この学会は、神経内科、整形外科、基礎系の先生方が参加している学会で、とくに、普段あまりお話を伺う機会のない整形外科の先生からの発表、コメントが、とても新鮮で勉強になりました。シンポジウムといったすこし長い時間の発表は、私にはちょっと難しく感じますが貴重な機会をいただいたと思っております。関係の皆様に感謝申し上げます。

さて、学会前日には、会長招宴があり、春帆楼という下関条約を締結したという歴史的な料亭で下関名物のフグのお料理をいただく機会がありました。 人見知りな私は、いつものように緊張して会場に向かいましたが、隣の先生は、お話している間に高校の同窓であることがわかり、地元の話などで結構盛り上がってしまいました。

会期中は、あまりお天気がよくなかったのですが、初日の朝は曇り空ではあるものの雨はふっていなかったので、早起きして下関駅前から、壇ノ浦古戦場を通過、関門海峡の人道トンネルをとおり、対岸の門司まで走ってきました。帰りは門司から船です。関門海峡がすごく狭くて、下関ー門司間がものすごく近い(船だと5分!)ことにかなり驚きました。左の写真は関門海峡人道トンネルの山口県と福岡県の県境です。(村上=鈴木)

鈴木千恵子:シンポジウム 痛みの神経生理

鈴木千恵子:しびれのある糖尿病性神経障害は、重度の神経障害を有するといえるのか

Author: Categories: 研究日記 Tags:

総説論文がMovement Disorders誌に掲載され表紙を飾りました

9月 12th, 2018

私 (西嶌)、羽賀理恵、上野達哉、船水章央、今智矢の5人は、青森県立中央病院脳神経内科に勤務しながら社会人学生として弘前大学大学院医学研究科に入学、病院勤務のかたわら基礎実験または臨床研究にも取り組み、2014年~2017年にかけて5人全員が学位を取得しました。このうち私、上野達哉、船水章央の3人は、パーキンソン病モデル動物の神経細胞の形態変化に関する研究を行いました。先日、私たち3人の研究成果及び他の研究所からの関連する報告をまとめた総説論文がMovement Disorders誌に掲載されました。Motor Complications in Parkinson’s Diseaseという特集の一部になっており、パーキンソン病研究の大御所の先生方の総説に並んで掲載されており、大変光栄に思いました。また、論文中で使用した神経細胞の図が、雑誌の表紙に採用されました。内容も、見た目の美しさも、注目に値するような研究であると認められた気がして、とても嬉しく思っています。

 

臨床だけでなく基礎研究にも取り組むことができたのはとても貴重な経験で、研究期間中にご協力いただいた脳神経内科スタッフの皆様に大変感謝しています。有難うございました。

 

(西嶌春生)

 

 

論文:

著者:Nishijima H, Ueno T, Funamizu Y, Ueno S, Tomiyama M.

題名:Levodopa treatment and dendritic spine pathology.

雑誌:Movement Disorders

巻号ページ掲載年:33: 877-888, 2018

 

Author: Categories: 研究日記 Tags:

第54回脊髄・末梢神経・筋疾患懇話会

8月 31st, 2018

8月24日 脊髄 末梢神経 筋疾患懇話会が開催されました。この会は、整形外科と神経内科合同の会です。当科からは一般演題として、研修医の中村先生に 脊柱管狭窄症による神経根障害で持続性高CK血症を示した症例 という演題を発表してもらいました。今回がはじめての発表ということでしたが、大変おちついて発表していました。特別講演には、国立病院機構新潟病院の中島孝先生をお招きし、HALの最新のおはなし これからの展望などについてご講演いただきました。動画をたくさんみせていただきましたが、HALを使用したリハビリの効果に大変おどろきました。

Author: Categories: 研究日記 Tags: