第6回北東北道南神経筋電気診断技術セミナー

12月 7th, 2016

10月15日 北東北道南神経筋電気診断セミナーを当神経内科主催で開催しました。このセミナーも今年で6回目です。当日は秋晴れの大変良いお天気でしたが、皆様朝から夕方まで熱心に実習にとりくんでいただけました。今年もありがたいことに、多くの方のお申込みをいただきました。小人数のハンズオンセミナーですので、すぐに定員に達してしまい、お申込みをお断りせざるを得ないところは、大変心苦しくおもっているところです。人もお金もものすごく節約して運営してますので、セミナー当日までいろいろ気がもめますが、始まってしまえば、一日があっ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

という間にすぎ、時間がちょっとたらなかったかなと思うくらいでした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

馬場先生はほとんどの講義を担当し、例年のように、のりのりでお話をされていました。SEP担当の尾崎先生は、今年はテキストを大幅に改定し、大量のイラスト、参考文献をつけた、立派なものを作っていただきました。尾崎先生によると、まだまだ理想の完成形には程遠いのだそうです。私は十分立派なテキストと思いましたが。初級コース担当の新井先生は、前日に腰を痛めるというアクシデントがあり、当日の登板が危ぶまれましたが、腰をかばいつつ、一日がんばっていただきました。また日本光電さんには、今年も、多大なサポートをしていただきました。皆様のご協力に深く感謝いたします。ありがとうございました。

Author: Categories: 研究日記 Tags:

平成28年度自治体病院・診療所職員研究等顕彰 西嶌先生が表彰されました

11月 15th, 2016

平成28年度自治体病院・診療所職員研究等顕彰に臨床医学部門で選ばれました。11月11日に賞状と記念品の授与式があり、研究内容を発表させていただきました。受賞対象となった論文は以下のものです。

 

 

題名:Effect of educational television commercial on pre-hospital delay in patients with ischemic stroke (虚血性脳卒中患者の発症から来院までにかかる時間の短縮に対する市民教育のためのテレビコマーシャルの効果)

掲載雑誌:Neurological Sciences 37巻 105~109ページ (2016年1月号)

筆頭著者:西嶌春生

共同研究者:今智矢、上野達哉、羽賀理恵、山﨑啓史、八木橋恵、船水章央、新井陽、鈴木千恵子、布村仁一、馬場正之、冨山誠彦

dscn4941

当科には2010年度~2013年度の4年間で約1200人の急性期虚血性脳卒中患者の入院がありましたが、そのデータを青森県の脳卒中教育テレビコマーシャル放映と関連付けて解析した論文です。得られた知見を今後の脳卒中診療や脳卒中市民教育に役立てていきたいと思います。検査、治療等に関わった当院の多くの皆様、また急性期治療終了後の入院管理、回復期リハビリテーションをお願いした他病院の諸先生方、スタッフの皆様に心より感謝申し上げます。今回の受賞を大変光栄に存じますが、授賞式では近年この研究顕彰への応募数が少なくさびしいとのお話がありました。皆様お忙しい中と存じますが来年度は是非ふるってご応募お願いします。私も臨床に役立つような研究をしてまた応募できるよう努力していきたいと思います。

本研究顕彰では、青森県立中央病院から放射線部門で泊公之先生、看護部門で山崎喜子先生、薬剤部門で平野龍一先生も受賞されました。どのご研究も臨床に直接役立つ内容で大変感銘を受けました。今後のご活躍も期待しております。この度はおめでとうございました。

 

 

(西嶌 記)

 

Author: Categories: 研究日記, 診療日記 Tags:

2015年業績

11月 9th, 2016

2015年 

 

論文

【欧文原著】

Kondo T, Mizuno Y, et al: A long-term study of istradefylline safety and efficacy in patients with Parkinson disease. Clin Neuropharmacol 38:41-6, 2015.

 

Murata M, Hasegawa K, Kanazawa I, et al: Zonisamide improves wearing-off in Parkinson’s disease: A randomized, double-blind study. Mov Disord 30:1343-50, 2015.

 

Tsuboi K, Mizukami H, Inaba W, Baba M, Yagihashi S: The dipeptidyl peptidase IV inhibitor vildagliptin suppresses development of neuropathy in diabetic rodents: Effects on peripheral sensory nerve function, structure and molecular changes. J Neurochem. 2015 Nov 25. [Epub ahead of print]

 

Nishijima H, Haga R, Suzuki C, Tomiyama M. Asymmetric Posterior Reversible Encephalopathy Syndrome due to Hypertensive Encephalopathy. Intern Med 54: 993-994, 2015.

 

Nishijima H, Ueno T, Suzuki C, Masayuki B, Tomiyama M. Eyelid ptosis enhanced after steroid pulse therapy in ocular myasthenia gravis: a case report. Neurol Sci 36: 1055-1056, 2015.

 

Nishijima H, Suzuki C, Nunomura J, Tomiyama M. Bifrontal Cortical Lesions in Marchiafava-Bignami Disease. Neurol Clin Neurosci 3: 159-160, 2015.

 

Nishijima H, Suzuki C, Tomiyama M. Bilateral episcleritis followed by right optic perineuritis with severe visual loss: a case report. Neurol Sci 36: 2139-2140, 2015.

 

Nishijima H, Kon T, Ueno T, Haga R, Yamazaki K, Yagihashi K, Funamizu Y, Arai A, Suzuki C, Nunomura J, Baba M, Tomiyama M. Effect of educational television commercial on pre-hospital delay in patients with ischemic stroke. Neurol Sci. 37: 105-9, 2016.

 

Kon T, Miki Y, Arai A, Funamizu Y, Ueno T, Haga R, Nishijima H, Suzuki C, Nunomura JI, Baba M, Oyama Y, Shiga Y, Kitamoto T, Tomiyama M. Creutzfeldt-Jakob disease with homozygous M232R mutation: A case report. J Neurol Sci. 352: 108-109, 2015.

 

Kon T, Misumi Y, Nishijima H, Honda M, Suzuki C, Baba M, Inomata Y, Obayashi K, Ando Y, Tomiyama M. Effects of liver transplantation and tafamidis in hereditary transthyretin amyloidosis caused by transthyretin Leu55Pro mutation: a case report. Amyloid. 22: 203-204, 2015.

 

Kon T, Nishijima H, Haga R, Funamizu Y, Ueno T, Arai A, Suzuki C, Nunomura JI, Baba M, Tomiyama M. Lateral medullary infarction masquerading as involvement of spinal cord. Neurol Sci. 36: 1937-1938, 2015.

 

Kon T, Nishijima H, Haga R, Funamizu Y, Ueno T, Arai A, Suzuki C, Nunomura JI, Baba M, Takahashi T, Tomiyama M. Hypertrophic pachymeningitis accompanying neuromyelitis optica spectrum disorder: A case report. J Neuroimmunol. 287: 27-28, 2015.

 

Kon T, Nishijima H, Kon H, Watanabe M, Tomiyama M. Erdheim-Chester disease: yellow-tinge appearance on neuroendoscopic imaging. Neurol Sci. 36: 2159-2160, 2015.

 

Kon T, Miki Y, Tanji K, Mori F, Tomiyama M, Toyoshima Y, Kakita A, Takahashi H, Utsumi J, Sasaki H, Wakabayashi K. Localization of nuclear receptor subfamily 4, group A, member 3 (NR4A3) in Lewy body disease and multiple system atrophy. Neuropathology. 35: 503-509, 2015.

 

Higashi M, Hirano K, Kobayashi K, Ikeda Y, Issiki A, Otsuka T, Suzuki A, Yamaguchi S, Zaima N, Hamada S, Hanada H, Suzuki C, Nakamura H, Nagasaka H, Miyata T, Miyamoto Y, Kobayashi K, Naito H, Toda T. Distinct cardiac phenotype between two homozygotes born in a village with accumulation of a genetic deficiency of adipose triglyceride lipase. Int J Cardiol. 192: 30-2, 2015.

 

Nakamura K, Mori F, Kon T, Tanji K, Miki Y, Tomiyama M, Kurotaki H, Toyoshima Y, Kakita A, Takahashi H, Yamada M, Wakabayashi K. Filamentous aggregations of phosphorylated α-synuclein in Schwann cells (Schwann cell cytoplasmic inclusions) in multiple system atrophy. Acta Neuropathol Commun. 3: 29, 2015.

 

Nakamura K, Mori F, Kon T, Tanji K, Miki Y, Tomiyama M, Kurotaki H, Toyoshima Y, Kakita A, Takahashi H, Yamada M, Wakabayashi K. Accumulation of phosphorylated α-synuclein in subpial and periventricular astrocytes in multiple system atrophy of long duration. Neuropathology. 35: 432-440, 2015.

 

Nishijima A, Shiotani S, Hayakawa H, Nishijima H. Pseudo-Hirschsprung’s disease with rectal hypoganglionosis: an autopsied case of circulatory failure due to severe constipation. Leg Med (Tokyo). 17: 177-179, 2015.

 

Haga R, Sugimoto K, Nishijima H, Miki Y, Suzuki C, Wakabayashi K, Baba M, Yagihashi S, Tomiyama M. Clinical Utility of Skin Biopsy in Differentiating between Parkinson’s Disease and Multiple System Atrophy. Parkinsons Dis. 2015; 2015: 167038.

 

【和文原著】

岩下充宏, 上野達哉, 鈴木千恵子, 布村仁一, 冨山 誠彦: 長大な脊髄病変を呈したFoix-Alajouanine症候群の 3 例. 神経内科 83:428-433, 2015.

 

今智矢, 鈴木千恵子, 西嶌春生, 船水章央,山崎啓史, 上野達哉, 羽賀理恵, 新井陽, 布村仁一,馬場正之冨山誠彦:青森県における多系統萎縮症診療の実態,青森県立中央病院医誌 60: 55-61, 2015.

 

【和文総説、その他】

馬場正之:神経障害の早期把握と重症度診断. 糖尿病合併症 29: 38-40, 2015.

 

馬場正之:糖尿病末梢神経障害の早期診断と介入. 最新医学70: 1429-35,2015.

 

馬場正之、鈴木千恵子:糖尿病患者における表皮内神経線維の痛覚閾値(PINT)測定.日本医事新報 47: 49, 2015.

 

馬場正之:糖尿病神経障害の診断と治療の実際. メディカルプラクティス32: 65-70, 2015.

 

馬場正之:糖尿病神経障害の早期診断と進行予防. ディーエムアンサンブル4: 42-5, 2015.

 

馬場正之:他科が気にする糖尿病・神経内科. Diet, Exercise, Medicine 9: 6-7, 2015.

 

馬場正之:他科受診スマートサポート: 神経内科. 糖尿病ケア 12: 938-42, 2015.

 

馬場正之:糖尿病患者の神経伝導検査結果をどう読み取るか. Diabetes Frontier 26: 454-9, 2015.

 

冨山誠彦:基底核での可塑性の画像化 クリニカルニューロサイエンス 33:345-347,2015.

 

冨山誠彦:脳の可塑性とジスキネジア発症のメカニズム 日本医師会雑誌 144: 1584, 2015.

 

宇川義一、花島律子、榎本博之,冨山誠彦.パーキンソン病における大脳皮質の可塑性.Frontiers in Parkinson’s disease 8, 5-13, 2015

 

西嶌春生、馬場正之:糖尿病患者の瞳孔. 神経内科82: 71-5, 2015.

 

森文秋,今智矢,若林孝一: ALSとFIG4, 神経内科 2015; 82: 388-393.

 

新井 陽, 馬場正之:低血糖昏睡、低血糖脳症. 糖尿病診療マスター 13: 142-6, 2015.

 

鈴木千恵子, 馬場正之:CIDPの検査・診断・鑑別診断. 日本臨床73(S7): 408-13, 2015.

 

【著 書】

馬場正之:有痛性糖尿病神経障害。痛みのメカニズムとこれからの治療薬の開発. 技術情報協会、東京、p190-195, 2015.

 

馬場正之:神経障害性疼痛の薬物治療と治療薬への臨床ニーズ:糖尿病性ニューロパチー。痛みのメカニズムとこれからの治療薬の開発。技術情報協会、東京、p457-63, 2015.

 

馬場正之:薬剤性ニューロパチー.神経疾患最新の治療2015-2017, 南江堂、東京、p220-1、2015.

 

馬場正之:ビタミンB1欠乏症.神経内科研修ノート、診断と治療社、東京、p405-8, 2015.

 

馬場正之:慢性炎症性脱髄性多発ニューロパチー.今日の治療指針2015、医学書院、東京、p913-4, 2015.

 

馬場正之、鈴木千恵子:糖尿病神経障害の電気診断:表皮内神経線維痛覚閾値検査による早期診断と神経伝導検査による重症度分類について.Annual Review糖尿病・代謝・内分泌、中外医学社、東京、p64-8, 2015.

 

馬場正之:Post-treatment neuropathy.貴田岡正史・豊田雅夫編「糖尿病・血糖管理コンサルタント」金芳堂、東京、p241-6, 2015.

 

馬場正之:重度末梢神経障害への対応.貴田岡正史・豊田雅夫編「糖尿病・血糖管理コンサルタント」金芳堂、東京、p247-53, 2015.

 

馬場正之:神経障害(自律神経).糖尿病研修ノート、診断と治療社、東京、p392-5, 2015

 

馬場正之:放射線神経障害. 今日の診断指針 第7版、医学書院、東京、p665-7, 2015.

 

今智矢,若林孝一,冨山誠彦:巨細胞性多発筋炎・心筋炎,胸腺腫を伴う重症筋無力症, 日本臨牀別冊 骨格筋症候群 第2版(下)389-392, 2015.

 

【その他】

Baba M: DVD [Neurological Examination in neuropathic pain]、Daiichi-Sankyo Co.,Ltd. 2015

 

学会発表

【国際学会】特別講演

DS5565 Asian Investigators Meeting  117日、神戸

Baba M: [Plenary lecture] Neuropathic pain and neurological assessment

 

3rd Tokyo Super EMG seminar  718日-19日、東京

Baba M: [Hands On] Near-nerve neurography.

 

19th Internation Congress of Parkinson’s disease and Movement Disordes, Jene 14-18, 2015, SanDiego, CA, USA

Tomiyama M: Morphological basis of levodopa-induced dyskinesia.

 

【国際学会】一般演題

The Peripheral Nerve Society 627日-71日、Quebec市、カナダ

Baba M, Suzuki C, Tomiyama M: Staging system of diabetic neuropathy by nerve conduction study in the lower limb.

 

26th Annual Meeting of the Diabetic Neuropathy Study Group of the EASD 9 11日~13, Hersingor, デンマーク

Baba M, Suzuki C, Yagihashi S:Staging system of diabetic neuropathy by sural and tibial nerve conduction study.

 

Suzuki C, Kon T, Funamizu Y, Ueno T, Haga R, Nishijima H, Akira A, Tomiyama M, Baba M. Elevated pain threshold in painful diabetic neuropathy: a study by intraepidrmal electrical stimulation.

 

XXII World Congress of Neurology, Oct 31-Nov 5, 2015, Santigao, Chile

Tomiyama M, Funamizu Y, Kon T, Haga R, Ueno T, Nishijima H, Arai A, Suzuki C, Nunomura J, Baba M. Duloxetine, a serotonin and norepinephrine reuptake inhibitor, reduces daily OFF time in Parkinson’s Disease.

 

Funamizu Y, Nishijima H, Ueno T, Ueno S, Yagihashi S, Tomiyama M:Morphologic changes of dendritic spines of medium spiny neurons in nucleus accumbens in 6-OHDA-lesioned rats treated with levodopa

 

XXI World Congress on Parkinson’s Disease and Related Disorders  127日 ミラノJ. Nunomura et al; Dyskinesia and L-Dopa treatment

 

国内学会【特別講演】

第14回高松国際パーキンソン病シンポジウム,3月1日,香川国際ホール,高松市.

冨山誠彦.ジスキネジアの予防は可能か?

 

第35回日本脳神経外科コングレス,ランチョンセミナー 5月9日,パシフィコ横浜,横浜市 冨山誠彦.基底核回路から診るパーキンソン病治療.

 

第56回日本神経学会,イブニングセミナー5月22日,朱鷺メッセ新潟,新潟市

冨山誠彦.ジスキネジア発現機序の解明に向けて.

 

JPA北海道・東北ブロック交流会青森大会 8月29日 アップルパレス青森

冨山誠彦:シンポジウム「地域で診る」新しい難病法におけるこれからの諸問題ー医療の立場からー

 

JSBET & 宮古島神経科学研究会11月21-22日 ホテルブリーズベイマリーナ 宮古市.冨山誠彦:L-ドパ誘発ジスキネジアの発症機序   

 

第3回日本難病医療ネットワーク学会. 11月14日 仙台国際センター

冨山誠彦:ドパミンアゴニスト貼付剤のメリット

 

第33回日本神経治療学会11月26日 名古屋国際会議場、名古屋市

冨山誠彦 基底核回路を考えたパーキンソン病治療

 

第57回日本糖尿病学会5月23日、小倉市

馬場正之:ランチョンセミナー講演「糖尿病神経障害の感覚機能検査:最近の動向とPINT検査について」

 

第12回 臨床神経生理学会電気診断技術セミナー7月18日~19日、東京

馬場正之: ランチョンセミナー「NCSによる糖尿病神経障害の重症度診断」

馬場正之: 基礎コース講義「まとめ・電気診断による患者アプローチ法」

馬場正之: 神経筋傍電極による神経電位記録の実習

 

国内学会【一般演題】

日本神経学会東北地方会3月14日 仙台市

船水章央,今智矢,三木康生,冨山誠彦,上野達哉,羽賀理恵,西嶌春生,新井陽,鈴木千恵子,馬場正之,栗原愛一郎,後藤雄一:脊髄障害で発症した中枢神経限局性血管炎の一例.

 

第40回日本脳卒中学会総会3月26日 広島市

布村仁一他:脳動脈瘤を見いだせなかったくも膜下出血症例

 

山川瑞恵,村上美保,今千尋,柳谷智美,森田要,布村仁一,佐々木達也,冨山誠彦:脳卒中後の経鼻胃管栄養患者への粘度調整食品の効果.

 

八木橋恵,船水章央,今智矢,上野達哉,羽賀理恵,西嶌春生,新井陽,馬場正之,冨山誠彦:青森県が行った脳卒中CMは脳梗塞患者の発症-来院時間を短縮した.

 

第56回日本神経学会学術大会5月20日-23日 朱鷺メッセ 新潟市

布村仁一,松永宗雄,冨山誠彦,尾崎勇,鈴木千恵子,西嶌春生,上野達哉,羽賀理恵,今智矢,船水章央,馬場正之:進行性核上性麻痺と小脳症状

 

鈴木千恵子,今智矢,船水章央,上野達哉,羽賀理恵,西嶌春生,新井陽,布村仁一,馬場正之,冨山誠彦:糖尿病性神経障害の最小痛覚閾値法と電気生理学的重症度分類(馬場分類)の相関.

 

Nishijima H, Ueno T, Yamazaki K, Funamizu Y, Kon T, Haga R, Arai A, Suzuki C, Nunomura J, Baba M, Ueno S, Tomiyama M. Duloxetine increases effects of levodopa in a rat model of Parkinson’s disease.

 

今智矢、船水章央、西嶌春生、羽賀理恵、上野達哉、新井陽、鈴木千恵子、布村仁一、馬場正之、冨山誠彦:青森県における多系統萎縮症診療の実態調査

 

56回日本神経病理学会総会63-5日 福岡市

今智矢,三木康生,丹治邦和,森文秋,冨山誠彦,豊島靖子,柿田明美,高橋均,内海潤,佐々木秀直,若林孝一:Neuron derived orphan receptor-1はシヌクレイノパチーの封入体に局在する.

 

大脳基底核研究会7月18日 犬山市

船水章央,西嶌春生,上野達哉,上野伸哉,八木橋操六,冨山誠彦:レボドパ反復投与を行ったパーキンソン病モデルラットにおける側坐核ニューロンのスパイン形態変化

 

第96回日本神経学会東北地方会9月26日 福島テルサ 福島市

鈴木千恵子,今智矢,船水章央,上野達哉,羽賀理恵,西嶌春生,新井陽,布村仁一,馬場正之,冨山誠彦,大和田真玄,今田篤: IFN-β使用中に心筋症を発症した多発性硬化症の一例

 

今智矢、船水章央、西嶌春生、羽賀理恵、上野達哉、新井陽、鈴木千恵子、布村仁一、馬場正之、冨山誠彦:肥厚性硬膜炎を合併したneuromyelitis optica spectrum disorder の一例.

 

第9回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス10月17日 品川プリンスホテル 東京都

布村仁一他:L-Dopa治療とジスキネジア

 

西嶌春生,上野達哉,船水章央,今智矢,羽賀理恵,新井陽,鈴木千恵子,布村仁一,馬場正之,上野伸哉,冨山誠彦:デュロキセチンはパーキンソン病モデルラットにおいてレボドパの効果を増強する.

 

第20回日本神経感染症学会総会・学術総会10月22日

上野達哉, 船水章央, 今智矢, 羽賀理恵, 西嶌春生, 新井陽, 村上千恵子, 布村仁一, 馬場正之, 冨山誠彦: 脊髄硬膜動静脈瘻に合併した脊髄膿瘍・細菌性髄膜炎の1例

 

平成27年度糖尿病性神経障害を考える会10月24日 都市センターホテル 東京

鈴木千恵子,馬場正之,水上浩哉,八木橋操六: 糖尿病性神経障害における電気生理学的重症度分類(馬場分類)の特徴についての検討

 

第3回日本難病医療ネットワーク学会11月13−14日

藤田香央里,斎藤智恵,冨山誠彦: 青森県における神経難病患者受け入れに関するアンケート結果

 

22回東北神経病理研究会1114日 盛岡市

今智矢,船水章央,西嶌春生,羽賀理恵,上野達哉,新井陽,鈴木千恵子,布村仁一,馬場正之,昆博之,渡辺みか,冨山誠彦:神経内視鏡下生検で診断したErdheim-Chester病の一例、

 

第45回日本臨床神経生理学会11月5日-7日 大阪国際会議場 大阪市

鈴木千恵子,馬場正之,今智矢,船水章央,上野達哉,羽賀理恵,西嶌春生,新井陽,布村仁一,冨山誠彦:糖尿病性神経障害における最小痛覚閾値測定法と、電気生理学的重症度分類(馬場分類)との関係

 

第30回日本糖尿病性合併症学会11月28日 ウインクあいち 名古屋市

鈴木千恵子,馬場正之,今智矢,船水章央,上野達哉,羽賀理恵,西嶌春生,新井陽,布村仁一,冨山誠彦,水上浩哉,八木橋操六: 糖尿病性神経障害における電気生理学的重症度分類(馬場分類)と表皮内神経密度、最小痛覚閾値の相関.

 

33回日本神経治療学会総会1128日 名古屋国際会議場 名古屋市

岩下充宏, 鈴木千恵子, 布村仁一, 冨山 誠彦: Foix-Alajouanine症候群をきたした脊髄血管奇形の3例

 

【研究会、セミナーなど】

DS5565国内開発会議125日、東京

馬場正之:特別講演「糖尿病神経障害の病態と神経学的診断」

 

東北大学神経筋電気診断講習会130日 仙台市

馬場正之:圧迫性神経障害の神経伝導検査、運動ニューロン病のEMG.

 

鷹巣DLB勉強会.130日.ホテルニュー松尾.北秋田市

冨山誠彦:パーキンソン病とレビー小体型認知症.

 

クリニカルカンファレンスセミナー2月23日 アップルパレス青森,青森市  

新井陽:認知症を診断する

 

パーキンソン病フォーラム.25日.三重県総合文化センター,津

冨山誠彦:ジスキネジアの発症機序とパーキンソン病進行期の治療について.

 

糖尿病神経障害AS3201 電気生理判定会215日、東京

馬場正之:糖尿病神経障害の神経伝導

 

166回南空知臨床研究会219日、岩見沢市

馬場正之: しびれる手、痛む足:感覚異常へのアプローチ

 

青森県DBS研究会2月21日 青森国際ホテル、青森市

冨山誠彦:パーキンソン病治療におけるDBSのこれからの立ち位置.

 

第7回東播磨糖尿病教育セミナー2月21日 加古川市

馬場正之:特別講演「糖尿病神経障害の診断と治療アップデート」

 

痛みとしびれのプライマリーケアセミナー2月25日 長岡市

馬場正之:特別講演「手足のしびれと痛み:外来でのアプローチ」

 

第6回岩手県北・八戸神経疾患研究会2月28日 八戸市

布村仁一:パーキンソン病治療のわき道

 

東日本リリカ スピーカーミィーティング3月1日、東京

馬場正之:基調講演「神経障害性疼痛: 我が国の現状」

 

パーキンソン病治療を考える会 3月17日 ANAクラウンプラザホテル 大阪市

冨山誠彦:基底核回路から診るパーキンソン病治療

 

西日本リリカ スピーカーミィーティング3月22日、東京

馬場正之:神経障害性疼痛: 我が国の現状

 

医師の勤務環境に関する勉強会3月14日 秋田ビューホテル.秋田市

冨山誠彦:医師の働きやすい環境づくり-私たちのチャレンジと躓き-.

 

病院勤務の医療従事者向け認知症対応力向上研修3月21日 青森県医師会館 青森市

新井陽:認知症

 

糖尿病神経障害AS3201 電気生理判定会4月19日、東京

馬場正之:糖尿病神経障害の神経伝導.

 

Meet the Expert in長久手4月21日、名古屋市

馬場正之:特別講演「糖尿病神経障害の電気診断と治療」

 

パーキンソン病治療懇話会6月6日 室蘭市

布村仁一:CDSを考えたドパミンアゴニスト治療の経験

 

糖尿病神経障害AS3201 研究会6月14日、東京

馬場正之:糖尿病神経障害の神経伝導.

 

山形糖尿病性神経障害懇話会6月19日、山形市

馬場正之:特別講演「糖尿病神経障害の診断と治療アップデート」

 

多職種連携クリニカルカンファレンスセミナー6月22日 アピアあおもり 青森市

新井陽:脳の病気としてとらえる『認知症』

 

かかりつけ医のための神経障害性疼痛7月7日 ホテル青森 青森市

村上千恵子:神経障害性疼痛のマネジメント

 

第21回青函神経疾患フォーラム7月11日 八戸市

上野達哉, 船水章央, 今智矢, 羽賀理恵, 西嶌春生, 新井陽, 村上千恵子, 布村仁一, 馬場正之, 冨山誠彦:当科におけるパーキンソン病患者の眠気の評価

 

第1回青森県難病医療ネットワーク研修会7月18日 青森市

布村仁一:コミュニケーションが勝負を分ける?

 

トレリーフライブ配信講演会7月23日

冨山誠彦:パーキンソン病治療を再考するーパーキンソン病を疑ったときの検査の流れー

 

ノウリアストm3配信講演2015年7月

冨山誠彦:ジスキネジアへの対処法と非ドパミン系薬剤の位置付け

 

糖尿病神経障害AS3201 研究会7月26日、東京

馬場正之:糖尿病神経障害の神経伝導。

 

第296回 八戸脳卒中研究会7月30日、八戸市

馬場正之:糖尿病と脳卒中

 

第49回弘前地区精神科医会7月31日、弘前市

馬場正之:神経疾患の診断と治療~パーキンソン病を中心に~

 

秋田ストローク研究会8月24日 秋田県立脳研センター 秋田市

冨山誠彦:パーキンソン病治療に伴うジスキネジアの発現機序

 

ノウリアスト学術講演会in八戸9月2日 八戸パークホテル 八戸市

冨山誠彦:ジスキネジアの最先端 これであなたもジスキネジアマニア

 

むつ下北薬剤師会講演会9月3日、むつ市

馬場正之:特別講演「パーキンソン病治療の実際」

 

1st Kyoto Neurology Forum 29月5日 新都ホテル 京都市

冨山誠彦:基底核回路を考えたパーキンソン病治療 ドパミンアゴニスト貼付剤のメリット

 

パーキンソン病友の会室蘭ブロック西胆振地区医療講演会9月5日 室蘭市

布村仁一:パーキンソン病の画像診断

 

ハッピーフェイスセミナー in 横浜9月25日 ロイヤルパークホテル横浜 横浜市

冨山誠彦:ジスキネジアの発症機序とパーキンソン病進行期の治療について

 

痛みとしびれのプライマリーケアセミナーイン新潟9月30日、新潟市

馬場正之:しびれる手、痛む足

 

鈴木千恵子:糖尿病治療研究会MITO10月2日 フェリヴェールサンシャイン 水戸市

最新の糖尿病性神経障害の知見

 

平内町認知症オレンジネットミーティング10月21日 平内中央病院 平内町

新井陽:地域で認知症をみるために

 

第3回パーキンソン病港カンファレンス11月16日 ホテルヴィラフォンテーヌ汐留

冨山誠彦:パーキンソン病進行期の問題点

 

青森ドパミン研究会11月18日 ホテルJALシティ青森.青森市.

西嶌春生,上野達哉,上野伸哉,冨山誠彦:パーキンソン病モデルラットにおけるレボドパ反復投与後の前頭前野神経細胞の樹状突起上スパインの形態変化.

 

五所川原保育所勉強会11月19日 五所川原市

布村仁一:子供にみられる神経系の疾患

 

上十三医師会七戸地区勉強会11月24日 公立七戸病院 七戸町 

新井陽:地域で認知症をみるために

 

南房総Parkinson’s Diseae up to date12月4日 亀田総合病院 

冨山誠彦:進行期パーキンソン病の治療管理

 

青森認知症オレンジミーティング12月2日 ホテルクラウンパレス青森 

新井陽:地域で認知症をみるために

 

青森市地域包括支援センター連絡会研修会12月22日 アピオあおもり 青森市

新井陽:認知症の理解

 

【公開講座】

第5回脳卒中けんみん公開講座4月19日,青森市民ホール 青森市

冨山誠彦:血管がつまらない話.

 

青森市難病医療相談事業7月31日 元気プラザ 青森市

冨山誠彦:パーキンソン病とともに

 

青森市難病医療講演会10月21日 元気プラザ 青森市

村上千恵子:多発性硬化症について

 

パーキンソン病健康教室in岡山8月1日 岡山衛生会館三木記念ホール 岡山市 

冨山誠彦:パーキンソン病との付き合い方

 

宮古島市市民公開講座11月22日 宮古島合同庁舎 宮古市

冨山誠彦:知って長生き脳卒中予防大作戦

 

【その他】

大塚製薬社内勉強会2月17日 大塚製薬青森営業所 青森市

冨山誠彦:ロチゴチンの利点と欠点,

 

協和発酵キリン社内勉強会4月6日,ホテル青森 青森市

冨山誠彦:パーキンソン病診療のポイント

 

協和発酵キリン社内勉強会4月23日 , 協和発酵キリン東京支社

冨山誠彦:パーキンソン病診療のポイント,

 

青森県健康福祉部病院局合同会議.2月12日,つくしが丘病院 青森市

冨山誠彦:青森県における認知症の状況について

 

ATVテレビ診察室3月7日

冨山誠彦:パーキンソン病とレビー小体型認知症

 

青森県健康福祉部病院局合同会議9月1日,青森県立中央病院 青森市

冨山誠彦:青森県における神経疾患診療の問題点.

 

平成27年度バイエル社内勉強会10月19日 青森市

今智矢:脳梗塞初期診療の実際

 

三共製薬社内勉強10月27日 青森市

馬場正之:中枢性疼痛の病態と治療ニーズ

 

MDS2015からみる今後のパーキンソン病領域の基礎・臨床の方向性記録集

大熊泰之、前田哲也、永井将弘、冨山誠彦、斎木英資.

 

おひさまクリニックさんさん会10月3日 浅虫観光温泉ホテル 

冨山誠彦:中らない人生を送るために

 

協和発酵キリン社内勉強会10月26日 協和発酵キリン東京支社

冨山誠彦:パーキンソン病における日中の眠気

 

青森県立中央病院研修医勉強会1月20日 青森市

今智矢:研修医のための脳梗塞診療in ER

 

第2回青森ICLS指導者養成ワークショップ1月25日 青森市

今智矢:講師

 

県病ICLSコース3月1日 青森市

今智矢:講師

 

第56回日本神経学会学術集会5月23日 新潟市

鈴木千恵子:神経伝導検査 ハンズオン 講師

 

第12回臨床神経生理学会電気診断技術セミナー7月18日~19日、東京

鈴木千恵子:ベーシックコース 神経伝導検査 誘発筋電図 ハンズオン 講師

 

第2回青森県立中央病院院内CPC7月22日 青森市

今智矢:末梢神経系シュワン細胞にαシヌクレインの沈着を認めた多系統萎縮症の一例、

 

第5回県病ISLS/PSLSコース9月27日

今智矢: 講師

 

第5回北東北道南神経筋電気診断セミナー.10月17日 青森市

馬場正之 講師

鈴木千恵子 講師

新井陽 講師

 

青森県立中央病院研修医勉強会11月17日 青森市

今智矢:研修医のための脳梗塞診療

 

【表彰】

青森県立中央病院平成26年度医誌優秀論文賞 ベスト論文賞

西嶌春生 他:青森県における筋萎縮性側索硬化症治療の実態」青森県立中央病院医誌.59巻 8-13, 2014

 

日本臨床神経生理学会 優秀ポスター賞

鈴木千恵子 他:糖尿病性神経障害における最小痛覚閾値測定法と、電気生理学的重症度分類(馬場分類)との関係

 

Author: Categories: 研究日記 Tags:

第10回パーキンソン病・運動疾患コングレス

11月 2nd, 2016

2016年10月6日―8日に京都で開催された、第10回パーキンソン病・運動疾患コングレスへ参加してきました。今回、パーキンソン病における大脳皮質の可塑性 動物モデルにおける知見というテーマでオープニングセミナーを冨山部長から任されていましたので(なかば強制的でしたが・・・)、以前から準備をして当日の発表にのぞみました。このテーマは私の大学院の研究テーマの延長でしたので、当日までは本当にストレスフルな日々で大変でしたが、なんとか無事に終えることができました。1

今回私自信、勉強になったと思うことは、発表した内容だけにかぎらず、パワーポイントの作り方です。パワーポイントでスライド作りについて日ごろから使いなれていましたが、今回発表にあたり再度スライドの作り方を勉強しようと思い、いくつかの書籍を購入して通読しました(以下3つです)。

 

  • 発表が楽しくなる! 研究者の劇的プレゼン術〜見てくれスライド論&よってらっしゃいポスター論と聴衆の心をつかむ講演技術 堀口 安彦
  • 驚くほど相手に伝わる 学会発表の技術―わかるデザイン60のテクニック 飯田英明
  • あなたのプレゼン誰も聞いてませんよ!―シンプルに伝える魔法のテクニック 渡部欣忍

 

いままでは我流あるいは、青森県立中央病院神経内科流になってしまっているなあと思いながら、読ませていただきました。感じたこととして、大事なポイントはいかにスライドの中身を「読んで」わかるようにするのではなく、見てわかるように作るのか、1スライド1メッセージということが大切だなと思いました。実際、時間制限のある学会発表では、大量の情報量が1枚のスライドに取り上げられていて、説明がとぼしいままに次のスライドへ流れていき、フォローできなくなり、最終的にsleep・・・・という事態をよく目にしますし、自分もsleepしてしまうこともよくあります。そうならないようにするため、相手に伝わりやすくする秘訣がいろいろと書かれていました。実際、何か物事を習得する過程で「型」があるということは非常に大切なことで、研修医の先生などに指導をするときにも感じることですが、これらの書籍は「型」作りにも使えますし、これまでできた「型」を自分流にアレンジを加えていくという段階でも使えると思います。是非みなさんもご興味がありましたらご一読ください。

 

最後にこの場をおかりして、これまでいろいろとご指導くださいました、青森県立中央病院神経内科、弘前大学医学部脳生理学講座の諸先生方に深謝いたします。

Author: Categories: 研究日記 Tags:

後期研修医募集中!

10月 26th, 2016

青森県立中央病院神経内科では、私たちと一緒に働いてくれる仲間を募集しています。当科では、脳卒中のような急性疾患から、パーキンソン病のような慢性疾患まで扱っており、私たちは、それぞれ得意分野の専門性を高めながら協力して診療にあたっています。希望があれば、社会人学生として、弘前大学で博士号を取得することも可能です。近い将来はじまることになっている、内科後期研修にも当院は対応しています。ご興味のある方は、一度ご連絡ください。

後期研修にかぎらず、青森県での就職を考えている方も歓迎です。お気軽にお問い合わせください。

Author: Categories: 診療日記 Tags:

Diabetic Neuropathy Study Group(DNSG)2016 Meetingでブカレストに

10月 20th, 2016

皆さま、ルーマニア、国名はご存知ですよね。ハンガリーの南側の旧共産圏。パリなどで観光客を取り巻くジプシーのオリジンとしても名を馳せていますし、あの悪名1高いチャウシェスク大統領の国。今年のDNSGはその首都ブカレルトで9月に開催されました。ブカレストは、あろうことか、欧州一治安が悪いという噂!「地球の歩き方」にも「路地に入ると野良犬が危険、偽警官が跋扈!」などとある!それで、村上千恵子Drは即座に参加拒否!小生は演題出しちゃったので、一人でこわごわ出かけてみましたところ、行ってみたらハンガリーやチェコとは全く違う、何とも明るい地中海系の国!確かに、Romaniaはローマの土地っていう意味ですね~。学会中の食事も色とりどりの南欧風野菜に溢れ、とっても口に合2いましたし、物価も安く大変暮らしやすいとは現地在住日本人の方の御言葉。それにつけても、「地球の歩き方ルーマニア」はまるで「地球の迷い方」でしたね。ルーマニアの北側はハンガリーと接するトランシルバニア地方、あのドラキュラの故郷です!もともと豊かな農業地帯をハンガリーと争った土地柄で、敵側に寝返った部下たちを次々に串刺し処刑した大貴族がドラキュラ伝説のもとになったのだとか。ドラキュラは愛国者だったのですね~。で、学会発表(写真1)終了後の一日は、ドラキュラ城などの瀟洒なお城や離宮や修道院(写真2)などを巡るトランシルバニア・ツアーへ。堅牢な造りの中にも繊細な美しさを秘めた建築群、本当に印象的でしたよ~!皆さまも機会があったら逃さすことなく是非出かけてください!ルーマニア報告でした。(馬場記)

 

Author: Categories: 研究日記 Tags:

神経免疫学会

10月 14th, 2016

9月29日、30日 長崎で開催され12た神経免疫学会に参加してきました。最新の神経免疫分野の治療、疾患概念の進歩を勉強するために、演題がないと参加しにくいので、なんとか演題をつくっての参加です。神経免疫疾患の治療は、一昔前と様変わりしており、治療の選択肢もふえてきて、最新の動向に注意をはらっていく必要があります。青森に引きこもっているとなかなかそのような情報に接する機会も少なくなってしまうので、遠路はるばる長崎まででてきました。神経免疫全般にわたるレクチャー、発表などがあり、2日間の開催でしたが、実りの多い学会となりました。2

会期中は、お天気があまりよくなく、楽しみにしていたグラバー園での懇親会は残念ながら、近隣のホテルの会場に変更になってしまいましたが、会場に長崎くんちの花形 龍踊が登場し大変もりあがりました。

学会終了後、時間的に青森まで帰ってこれなかったので、一泊し、夕方から、グラバー園、中華街にひとりでいってきました。学会中は冷房の効いた室内にいたのであまり感じませんでしたが、長崎のむし暑いことに驚きました。青森は朝晩やや寒いくらいになっているのに全然気候が違います。今度はもうすこしゆっくりと訪れてみたいです。1314

鈴木千恵子:ギランバレー症候群における表皮内神経線維密度

Author: Categories: 研究日記 Tags:

第2回MDSJビデオフォーラムを開催しました

10月 4th, 2016

9月19日当神経内科主催で、第2回MDSJビデオフォーラムが開催されました。不随意運動の診かたから、記録方法、症例検討まで、豪華講師陣によるレクチャーでみっちり勉強することができました。MDSJ会員は参加費無料という大変お得な会でした。準備にやや不安がありましたが、当日はとくに大きなトラブルもなく開催できてよかったです。参加者の皆様おつかれさまでした。111222

Author: Categories: 研究日記 Tags:

大阪の日本末梢神経学会に行ってきました

9月 19th, 2016

今年度の日本末梢神経学会が近畿大の楠進教授会長のもと8月26日27日の両日に大阪国際会議場で行われました。楠教授からはかねてよりPeripheral Nerve Societyのような懇親会コンサートの企画依頼がありましたので、フルート奏者としても名を馳せる慶應大神内の鈴木則宏教授にもお声掛けをしたところ、即座に御快諾。結果、鈴木先生とサンマルティーニの二重奏ソナタのフルート・デュエットが実現しました。さらに、福島医大神内の井口正寛先生のヴァイオリンと楠教授の同級生である東邦医大循環器東丸教授のお嬢様東丸真那さんのご協力を得て、テレマンの四重奏で終えるプログラムを準備しました。

さて、会員で満員となった懇親会場での本番、鈴木先生のフルートは堂々たる音色、しかも小生のアドリブにも即座に応答する鈴木先生のフルートはまさに“教授のフルート”、感服させられました。テレマンのクァルテットで小生はフルートをリコーダーに持ち替え、鈴木先生のフルート、井口先生のしなやかなヴァイオリン、若々しい東丸さんのピアノと、4種音色の絡み合いを狙いました。結果、快い確固たるリズムに乗って各楽器が心地よく呼応し、緊張感あふれるポリフォニーの魅1力が存分に発揮された演奏になりました。音楽の後は“近大マグロの解体ショウ”が続き度肝を抜かれましたが、舌鼓を打っているところに「学会とは無関係ですが、このコンサートに興味があったので会場に紛れ込ませていただいたものです…」と話しかけてこられた方がおられました。昔ウィーンに住んでおられ、本物の音楽に酔いしれ三昧の経験がおありだとか。眼光鋭く「先生の全身から音楽を感じた。細やかで覇気溢れる演奏にいたく感動した」と、穴に入りたくなるようなお褒めの言葉。まことに人前での演奏は油断がならないこと、再認識した次第でした。

Author: Categories: 研究日記 Tags:

第98回日本神経学会東北地方会

9月 11th, 2016

2016年9月10日、山形市で第98回日本神経学会東北地方会が行われました。山形はまだ真夏の暑さでした。今回は当科からの演題は1題で、研修医1年目の海老名徹先生に発表してもらいました。発表時の座長を務めたのは当科の村上千恵子先生です。海老名先生は9月1日に行われた第52回脊髄・末梢神経・筋疾患懇話会に引き続き2週連続での発表でしたが、まだ医師になって半年とは思えないような落ち着いた発表でした。

 

発表が終わった後は山形出身の海老名先生に案内してもらって山形名物「冷しらーめん」発祥の店、栄屋本店で昼食。といっても海老名先生も初めてだったそうですが。11時半開店なのに11時35分に店に入るとすでに満席に近い状態。しかしあまり待つこともなく無事「冷しラーメン」を堪能することができました。

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

 

村上先生、海老名先生お疲れ様でした。

 

 

海老名徹 ほか:ステロイド治療が奏功した亜急性進行性HTLV-1関連脊髄症の1例

 

(西嶌 記)

Author: Categories: 研究日記 Tags: